FC2ブログ

SL人吉~瀬戸石俯瞰の逆光は難しい!

SL人吉の続編です。

1.
この眺めを見たくて、途中リタイアを覚悟しつつ
国道沿いの沢の入口から梯子を登り始めます。
かなり急ではありましたが、足場が良いので
休み休み行けば何とか辿り着けそうだと思った
途端の中間地点で、なんと「階段がない!」。
斜面にプラスチックの板を填め込んだ階段は
いったいどこに・・・。(下りで見つけました(^_^;)
見上げてみると、先の方には階段の続きが
見えてます。そこまでのズルズルと滑りそうな
斜面を何とか登ったら、頼りなげな階段の続き。
ようやく見晴らしの利く場所まで辿り着いた時
にはもう完全にヘトヘト! 結局okamさんの
ところから20mくらい下に陣取って「もう動け
ないので、ここから撮りま~す」(^_^;
20200321_151135_00.jpg

2.
海路河畔の桜の横に86が現れました。逆光が
きつくてピントが合っているのかどうかさえよく
分かりませんが、「え~い、とにかく撮っちゃえ!」(^_^;
20200321_153843_00.jpg

3.
山桜はほぼ満開なんですよねぇ。河畔の桜さえ
咲いていてくれればねぇ。「これじゃあ昨年と同じ
じゃん」。ぼやいてばかりです(^_^;
20200321_153948_00.jpg

4.
20200321_154031_00.jpg

5.
でもでも、やっぱり良い眺めです。逆光時の
撮り方、もっと勉強しなくっちゃ!
20200321_154041_00.jpg

6.
もし来年も来られるようなら、今度はもう1週、
撮影日程を遅らせた方が良さそうですね。
20200321_154101_00.jpg

7.
列車が足下の樹々の向こうを走っている間に、
後追いが見えるここへ一目散。
20200321_154340_00.jpg

8.
以前に何度か足を運んでいた遙拝神社裏のみかん
山へ様子見に来ましたが、やはり桜はまだまだ。1本
だけ、もう散りかけていた桜を絡めて撮ろうと思って
いたところへ、おあつらえ向きにokamさんが「何か
列車が来るみたい」。どうせ電車だろうと高をくくって
待っていたら、なんと貨物列車。大慌てで構図修正
・・・の筈でしたが間に合わず(^_^;
20200321_171113_00.jpg

9.
この貨物列車、実は当日のお昼過ぎに指宿のブロ友
の都電15番さんが鹿児島で撮ってらっしゃいました。
ご縁が繋がりました。嬉しいですねぇ(^_^)v
20200321_171308_00.jpg


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

大忙し!

もう少し ゆとりが欲しかったですねぇ!
SLとの競争に、汗^^

これも 追っ掛け撮り鉄の楽しさでしょうねぇ^^

No title

ちょっと 思い出してきました(恥)
昨年 ・・・ 4月末頃にここ瀬戸石ダム俯瞰してました(笑)
逆光っていうのが???でして 僕はこんなとこに立っていないと勘違いしてしまいました
よく思い出すと 僕は人吉に向かう蒸気を順光撮ってたんですよね
桜のことですが 当然の如く 桜の黄緑の葉っぱがとってもフレッシュでした(笑)
熊本はイメージとしては桜の開花が早いというイメージが強いので期日設定を誤ってしまいます でもこの球磨川沿いの風景には山桜のほうがよく似合うと僕は感じます
なんでもピークよりもその前後の方が好きなことも関係してるかもです

Re: 大忙し!

里よしさん、こんにちは。

大忙し?いえいえ、何せ登ってしまったらその後の
移動が簡単じゃない俯瞰撮影地ばかりでしたから、
今回はかなりのんびり動いてました(^_^;

何せ、一度俯瞰撮影地に上がってしまったらまたもう
一度上り直そうなんて気が起きないくらいのしんどい
高低差でしたから、早めに登ったこともあってジタバタ
しようがなかったので、かなり時間的なゆとりはあった
と思います。

ただ、普段から追っかけばかりやってましたので、なか
なかその習慣から抜け出せず、登ってからもあたふた
してしまうのはもう体質?ですね(^_^;

Re: No title

タブレットさん、こんばんは。

昨年の1月に肥薩線の下見に連れて行って貰った時
には、まだここのことは話題に上りませんでしたね。
3月に海路俯瞰の撮影を終え、それを4月になって
記事にしてから暫く経った頃、木村さんの記事で
ここのことを知りました。
その時に「私でも上れそうかも」と書き込んだら、
師匠が「と言うことだそうですから・・・木村さん、
kamisanをここへ連れてってくださいね」と・・・(^_^;

因みに、木村さんもほぼ順光でSLを撮ってらっしゃ
いましたから、ここまできつい逆光は考えていません
でした。何れにしても、逆光への対処法を見つける
までは、次回は無さそうです。だって、海路の上りの
倍以上きついですから(^_^;

ところで肥薩線川線沿線の桜、2013年の3月23日
に師匠とたーくんと木村さんの4人で撮影した時の写真
を見てみたら、里の桜と山桜の開花が見事にマッチング
してて、どちらもほぼ満開でした。そうなると、どうし
ても山桜より里の桜の方が目立ってしまいますけどね。
と言うことで、そんな時もあるんですよねぇ。今度、その
時のことをネタに記事を書いてみようかな・・・(=^・^=)

No title

いやはや絶景でしたね。
一番の驚きはkamisanがここに登られたことです。
ここくらいに登ることができれば大概の俯瞰は大丈夫ですので次回の遠征も楽しみにしてます。
ただ帰りの運転が長かったので申し訳ありませんでした。
私は意識が遠のきましたが運転手はそういう訳にはいきませんから。本当にありがとうございました。

おはよう御座います

人吉まで行かれて、もうプロの写真ですね。
私は人吉の川下りの舟に乗るツアーで行きましたが
急流が多くて、ひやひやの連続でした。
こうして上から見ると、ゆったり流れているようですね。

人吉のSLと山口号を比べてどちらか大きいですか?

No title

山登りは頑張れば報われるですね。見たことのない良い景色。
南九州のさくらは場所によって時期がばらばらですね。
満開を狙うとなるとちょっと早めに様子を見に行って
開花時期をしっかり確認してでかけないと難しいですね。

遥拝神社は随分訪れてません。ふもとは通過してますけど。
次回は登ってみたいですね。お疲れさまでした。

Re: okamさんへ

okam571さん、おはようございます。

きつくしんどい思いをして上ってみて、景色を見た
途端「がっかり」なぁ~んてことはないだろうと
思いながらも、心の片隅にちょっとだけそんな思い
も無くはなかったような・・・(^_^;

でも一番バテていた時に、上の方からokamさん
が「絶景ですよ~!」って声を掛けていただいた
お陰で、随分やる気が戻ってきたような気がします。
もし一人で上っていたら、きっと階段の位置がよく
判らなくなったあの地点で諦めていたんじゃないか
と・・・(^_^;

運転の方は前のコメントに書きましたように、ちっ
とも苦にならないどころかむしろ楽しんでましたから、
遠回りはむしろ歓迎です。と言うことで、お気遣いは
不要ですので・・・(=^・^=)

Re: おはよう御座います

のこおばさん、おはようございます。

アハハハ・・・、遠征なんてご大層な言葉だけはプロ
並みかもしれませんが、腕の方は遠く足下にも及び
ません。それでも下手の横好きで、自分の撮りたい
画をものにしようと性懲りもなく出かけてます。
それに全くの見知らぬお方とブログでこんな風に
遣り取り出来るんですから、写真はその口実かも
しれませんね(^_^;

人吉の川下り、私はまだ経験してませんが、今回
撮影した場所は瀬戸石ダムでせき止められた、ほと
んど流れを感じない止水区間です。川下りに使わ
れる区間はやっぱり球磨川の急流を使わないと
スリルがないでしょうから、このもっと上流の方
ですね。ただ、そんな川下りの区間で川下りの舟を
撮ったのはたった一度だけ。残念ながら、なかなか
機会がありません。

ところで人吉の86は山口のD51やC57に比べ
ると小ぶりです。以前山口線で年末年始になると
走っていたC56を覚えてらっしゃるでしょうか。
かなり小ぶりの機関車でしたけど、そのC56と
C57の中間くらいの大きさだったと思います。

Re: 都電15番さんへ

都電15番さん、おはようございます。

山登り・・・まだ若かった頃に北部九州や山口の山に
ちょこちょこ登ってましたけど、登ってみて絶景と
言える景色に逢えるのは半々。今回は木村さんの
写真を拝見してましたのでほぼ間違いないとは思っ
てましたけど、やっぱり自分の目で見てみないと・・・
と言うのが正直な事前予想でした(^_^;

そう言えば、遙拝神社裏のみかん山も、都電さんの
写真を見て現地を訪れるまでは、ちょっと疑って
いたような・・・。お陰で今では遠征する度に、ほぼ
毎回ここを訪れてます(^_^;

桜は2013年の私自身の遠征時の記事を見てよく
分かりました。やっぱりその年の冬が厳しくないと、
里の桜の開花が遅れてしまうってことが・・・。
2013年はなかなか冬が厳しくて雪景色の写真が
多かったのですが、肥薩線川線の山桜はいつもより
少し遅れて咲いているところに里の桜の開花時期が
早まったことで23日の遠征時にはほぼ同時に見頃
を迎えてました。
やっぱり桜には、冬の厳しさって必要なんですね。

こんにちは

基本的にヘタレな私は俯瞰撮影には向いてないのですが、逆光に輝いているハチロクを拝見すると、行ってみたくなります😊
これが撮れれば疲れも吹き飛びますね😊😊

本日(30日)へいちく田川線崎山地区、赤地区の桜は一部をのぞいてほぼ満開です🌸🌸

Re: こんにちは

みんやんさん、こんにちは。

そう言えば俯瞰の写真って、みんやんさんのブログ
で滅多にお目に掛かったことがなかったような・・・。
まぁ私も登ったのはほとんどが車で行けるところ
ばかりで、自分の足で登ったところと言うと・・・
この海路と今回の瀬戸石、そして山口線の津和野
城趾と田代直線、最近は全く行ってませんけど美祢
線の俯瞰くらいでしょうか。

その中でも今回の瀬戸石の俯瞰が一番きつかった
ですが、足下の悪い場所が1カ所ありますので、
足のリハビリ中のみんやんさんには、先ずは足を
治していただいて、是非一度(=^・^=)

そう言えば以前、平筑の犀川界隈を森のクマさん
が馬ヶ岳から俯瞰で撮った画を拝見した覚えが
あります。菜の花の時期に一度登ってみたいと
思っていましたので、今度の休み辺りがチャンス
なんですが、筋肉痛と外出自粛要請。でも俯瞰で
桜並木も見てみたいし・・・。どうなることやら・・・
です(^_^;

No title

こんばんは。
瀬戸石俯瞰お疲れ様でした。
ここも絶景でしたね~!
強烈な逆光で厳しい条件だったにも関わらず、ナイスショットです!

肥薩線は雄大な風景の中を走る86を撮りたくて、俯瞰撮影したいとは思うのですが、何せ体力が・・・・・。
私には海路俯瞰で精一杯!
倍以上キツイ瀬戸石俯瞰は絶対ムリですね。(笑)

Re: blueskyさんへ

blueskyさん、こんにちは。

瀬戸石の俯瞰ポイント、登り初めて途中までは
「急な階段や梯子だけど、休み休み行けば何とか
なりそうだな」と思ったのですが、息が上がって
かなりしんどくなってきた頃にコンクリートの
階段が終わった途端、「階段が・・・無い!」。
落ち葉で隠れていただけだったんですが、そこで
どっと疲れが出てしまい、よっぽど止めようかと
思っていたら、上の方からお連れさんが「絶景で
すよ~」。
ひとりで登っていたら、たぶんここで止めていた
んじゃないかと・・・(^_^;

逆光は空からと、それを反射した下の水面からと
ダブルパンチでしたから、どうにも対策を思い
つかなくて・・・。結局、パソコンで真っ暗だった
画像をかなり明るくしてから彩度を思いっきり
上げる処理をしています。元々、逆光って好き
なんですが、事前の勉強が足りなかったようです。

ところで次回・・・たぶん秋に第一橋梁を見下ろす
俯瞰撮影に行こうと思ってます。距離は長いけど
林道を歩いていけるようですから、これほどは
しんどくないんじゃないかと・・・(^_^;

No title

まぁまぁ\(◎o◎)/!
山登りをされたようなものですね・・・
階段のない斜面も怖いですが、
この景色を見せて頂けると、
申し訳ありませんが、ありがとうございます(^^♪です。
煙の棚引くSLって、やっぱり良いですね~
お怪我などありませんでしたか?
撮影お疲れさまでした。


Re: シズネネさんへ

シズネネさん、こんばんは。

この崖、たぶん樹木が生えてなければとてもじゃ
ありませんが途中で足がすくんでしまうほどの
急勾配。へとへとになりながら一番心配していた
のは実は帰り道なんです。でも、視界があまり
利かないのが却って幸いしてか、下がよく見え
ないのでスイスイ降りちゃいました(^_^;

10数年前までは時々山にも登っていたのですが、
その頃でも同行者の中でいつもしんがりを登って
いるほどの鈍行鈍足山登り。でも登りきった時の
満足感と眺望がきつい思いを上回って、また暫く
すると登りたくなって・・・。

年に数回ですがそんなことをやってましたので、
今回もそんな思いを味わいたくて登ることが出来
たんだと思います・・・なぁ~んちゃって(^_^;
ご心配いただいてありがとうございます<(_ _)>
プロフィール

kamisan

Author:kamisan
MyPhotoブログへようこそ!
私(kamisan)とかみさんの
二人で鉄道風景をメインに
あれこれ写真を撮ってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR