FC2ブログ

年の初めは船平山の「レンゲツツジの丘」へ

年明け早々から記事の掲載が遅くなりましたが、
1月2日に山口線へSL津和野稲成号を撮影に
行ってきましたので、その乏しい成果を・・・(^_^;

1. AM7:30
1月2日早朝に広島を発つ予定でしたが、早起き
に自信がないので結局布団を積んで1日深夜に
徳佐で車中泊。それでも寝坊して、上り始発と
2番列車を撮り損ね、何とか下り始発だけ(^_^;
因みに、ようやく目覚めた時は辺りは霧に包まれ
夜明けの様子なんてさっぱり見えません。
20200102_073051_00.jpg

2. AM7:35
駄目で元々と船平山の俯瞰ポイントに上ってみる
と徳佐の盆地を覆う雲海に出会いました。しかも
足下の船平山駅近辺は霧が少し晴れてきている
ので「ひょっとしたら列車が見えるかも!」。
それにしても雲が多いなぁ・・・。天気が心配。
ところでここを「レンゲツツジの丘」と呼ぼうと
師匠と話していたのをすっかり忘れていました。
まぁ春はそれで良いかと思いますが、季節が
進んでユウスゲの咲く頃には「ユウスゲの丘」と
呼んでいるかも・・・(^_^;
20200102_073544_00.jpg

3. AM7:56
空にジワジワと青空が広がって来ました。それと
共に足下だけ霧が晴れてきました。列車が来る
まで後5分。これなら列車を撮れそう、と思った
のですが・・・。
20200102_075621_00.jpg

4. AM8:04
ところが列車が来る2,3分前になってまた霧が
出て来て、更に撮影地点付近まで霧が上ってきて
しまい、列車の通過音はすれども姿は見えず。
写真には何となくそれらしい姿が写っているよう
な感じもするのですが・・・(^_^;
20200102_080335_00.jpg

5. AM8:30
ようやく山の端からお日様が顔を出しました。
列車が見えるかどうかは別にして、雲海が見事
です。(パノラマ合成です)
20200102_083033_01p.jpg

6. AM9:20
霧がかなり晴れてきました。でもスーパーおきの
車体はうっかり見落としてしまいそう(^_^;
20200102_092040_00.jpg

7.
徳佐の霧がすっかり晴れてきたところで、あちら
こちらを覗きながら篠直逆向きへ。道中の人出は
意外にそれ程でもなかったので迷ったのですが・・・。
20200102_115134_00.jpg

8.
いつもの流し撮り地点に先客が駐車しているので
やむを得ずサミット近くまで移動しましたが、
大して代わり映えしませんね(^_^;
20200102_115209_00.jpg

9.
移動中に「今日は大した人出じゃないなぁ」と
思っていたら、篠目から追いかけ始めてそれが
間違いだったとやっと気が付きました。下手する
と前回の二の舞になりそうなので、船平山へ向け
てまっしぐら。
20200102_124506_00.jpg

10.
この日は数名の方が先着されていて「あらぁ~、
ここもついに認知されたのかな」(=^・^=)
この眺めを実際に見て撮ってどう感じられたので
しょうか。気になるなら聞けばよいものを・・・駄目
ですねぇ(^_^;
20200102_124710_00.jpg

今回の撮影で、バッテリー上がりという失敗を
二度もやらかして意気が上がらず、体調もイマ
イチでしたのでこれで引き揚げました。
そう言いながら、途中で「そうだ!木次線なら
雪があるかも・・・」と、広島北ジャンクションで
ハンドルを庄原方面へ・・・(^_^;
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
雲海が素敵ですからねー👍
鉄としてはアカンけどね。
ポチ☀

No title

こんにちは^^
船平山の俯瞰ポイントは、雲海のポイントでもあったのですね\(◎o◎)/!
見事な絶景ですね~ヽ(*゚∀゚)ノ
6枚目、拡大して見せて頂きました~列車、ちゃんと写っていますね~
そして、SLを撮られた後、広島に向かわれたのですね(@_@;)
また、木次線も楽しみにしています♪
お正月早々に長距離を移動されて、お疲れさまでした(_ _*)
でも、くれぐれもムリはされませんように。


Re: タコ助さんへ

タコ助さん、こんにちは。

雲海、なかなか良い感じでしょ?(=^・^=)
これまで早朝の徳佐と言えば、1のような霧の
中での写真しか撮ってなかったので雲海が広が
っているなんて想像もしていませんでしたけど、
昨秋からの俯瞰で「ひょっとしたら」と思い
至るようになって、今回初めて霧の中を俯瞰
ポイントまで上ってみました。

今度は何とか俯瞰で霧の中を走る列車を撮りた
いですね。SLは到底無理な時間帯ですが、朱い
キハなら何とかなりそうな・・・(=^・^=)

今年もよろしくお願いします。

徳佐の朝霧、素晴らしいですね。
霧の中から飛び出すキハ、やっぱり素敵です。
いつものことながら、精力的な撮影記、恐れ入ります…。
今年もよろしくお願いいたします。

Re: シズネネさんへ

シズネネさん、こんにちは。

毎度、早朝の徳佐に行く度に朝霧に出会ってまし
たので、隣の津和野で雲海を見ることが出来るの
なら、徳佐でも俯瞰できる場所があればきっと
雲海を見られるんじゃないかなぁ・・・と以前から
思ってはいました。

ただ、この船平山の俯瞰ポイントは標高的には
霧に包まれてしまいそうだなぁと思っていたら、
あに図らんや、いざ上ってみると雲霞見物には
まさにぴったんこ。時折撮影地点まで霧が立ち
上ってきますけど、それはそれでなかなか良い
感じでしたよ(^_^)v

6枚目のスーパーおき、実は写真を撮っている間は
ほぼ見失ってました。取り敢えず撮っておきさえ
すればどこかに写っているだろうと・・・(^_^;

この日はどうも朝から頭の回転が悪くて、いろいろ
手違いが続いたのでさっさと帰ることにしたのです
が、それなのにわざわざ出雲坂根まで奥出雲舞茸を
買いに向かってしまいました(^_^;

ご心配いただいて、ありがとうございます<(_ _)>

Re: 今年もよろしくお願いします。

鉄道日本一周さん、こんばんは。こちらこそ
今年もよろしくお願いいたします<(_ _)>

徳佐の朝霧はここでちょくちょく車中泊をやってます
からもう何度も出会っているのですが、それを雲海と
して見るのは車で行ける俯瞰場所がない限りは無理だ
と思ってました。この船平山の俯瞰ポイントも霧に
包まれてしまうんじゃないかなぁと思ってましたけど、
ギリギリセーフでしたね(=^・^=)

その霧の中をキハが走り抜けていくのを上から見る
には、霧がまだそれ程濃くない夜明けから間も無しの
時間帯ならヘッドライトの明かりが目立ってくれるん
じゃないかと考えてます。霧が出やすい秋から春に
かけて、またここに通うネタを見つけました(^_^;

No title

ユウスゲポイントからの俯瞰は徳佐平野が見渡せて良いですね。

雲海の中のスーパーおきも素敵です。
何時かは行って見たい場所ですね。

臨機応変の手綱さばき流石です!

No title

レンゲツツジの丘 ・・・ 雲海が臨めたとは年明けからついてますねぇ と 言っていいのかな?(笑)
3番の写真の瞬間(とき) これは誰が見ても“いまでしょ!”だったですね
霧や靄(もや)には僕もずいぶんヤキモキ ハラハラさせられた思い出があります
邪魔なものもがな~んにもない晴れの撮影の記憶はほとんど残っていませんから
こういう日のことの方がきっと貴重だと思います(なぐさめ です)

この日も 駅を過ぎると ・・・ こうなっちゃったんですね
トンネル寸前だから煙出さないのかなぁ
でも仁保~篠目ではトンネル前もトンネル中もトンネル後もモクモクだから理屈合わないなぁ

それにしても徳佐の定番地 相も変わらず 大盛況ですね(笑)

Re: 千兵衛さんへ

千兵衛さん、こんばんは。

徳佐の田園地帯を見渡すには最高の俯瞰ポイントです
が、何せ線路脇の電柱のお陰?で、鉄道の俯瞰撮影地
としてはどうしてもハンデがありますね。
だから雪景色や新緑、そして黄金色の田んぼを主役に
して列車は脇役で季節毎の風景を今年は撮り続けて
みようと思うようになりました。1年を通してみれば、
ここの良さももっと分かるでしょうから・・・(=^・^=)

因みに列車が主役になれるのは足下の船平山駅周辺です
から、それを一番生かせそうな雲海との絡みも積極的に
撮っていこうと思ってます。
問題は朝霧のある時間にここに辿り着けるかどうか・・・。
朝まるで弱いですからねえ(^_^;

ところで臨機応変?。実は4日に木次線に行こうと思って
いたのを、ちょっと面倒くさくなって、山口線の帰りに
済ませてしまおうと・・・(^_^;

霧の中って

ロマンチックな雰囲気がイイですねぇ!

8)のSL
長く伸びる車両の奥行が感じられて、素直に見られます。

Re: タブレットさんへ

タブレットさん、おはようございます。

レンゲツツジの丘・・・すっかりこの呼び名のことを
忘れていました(^_^;

雲海は秋から春にかけてもう何度も徳佐で朝霧に
出会ってますから、早朝に行くことさえ出来れば
雲海に出会うのは難しくないと思いますが、3の
ような都合の良い場面で列車通過時に出会えるか
どうかはまさに運次第ですね。何時かその運を
掴まえようと思っていますが・・・(=^・^=)

実はこの後、ジワジワと霧が撮影位置に這い上がっ
てくるのを眺めながら、列車に「早く来てくれ!」
って何度叫んだでしょうか。結局、ハラハラドキ
ドキはガッカリで終わってしまいましたけど・・・(^_^;

煙はやっぱり船平山駅通過と同時に萎んでしまい
ました。返しの上りでは黒煙を濛々と吐きながら
駅を通過する場面を何度も見てますから、今度は
上りを狙ってみようと思います。

徳佐S字の混雑は相変わらずでした。10時頃
にここを通過した時に車は3台だけでしたから
「今日は少ないかも」と思ったんですが・・・(^_^;

Re: 霧の中って

里よしさん、こんにちは。

霧はちょうどベールでいろんなものを委細構わず
全て覆ってしまうようなものですから、直接見る
よりちょっと神秘的な感じになって、ロマンチック
な雰囲気になるんでしょうね。都合の悪いというか、
見たくない、見せたくないものまで包み込んでくれ
ますし・・・(^_^;

8は広角レンズで列車からたぶん1mちょっとほど
離れたところから撮りました。ホーム以外では初の
超接近戦ですで。「ひょっとして列車を止めてしま
ったら・・・」なぁ~んて心配しながら撮ったのですが、
どうやら許容範囲内だったようです。

まぁ駅のホームで撮ることを考えたら、それよりは
もうちょっと離れていたとは思うのですが・・・(^_^;

No title

こんばんは

船平山からの俯瞰は予想外の風景が見らてよかったですね。
徳佐平野がすっぽりと霧に覆われて、一面の雲海が綺麗です。
こんな光景に出会えることはめったにないと思いますから
やはり、kamisanさんはもってますね。ナイス。
やはり、車中泊までして朝早く行かれたご褒美だったのでしょう。

Re: wingoodさんへ

wingoodさん、おはようございます。

これまでの11年間で徳佐での車中泊はたぶん
20回は超えていると思いますが、その半数以上
で目覚めに朝霧に出会っていると思います。
その度に思っていたのが「ひょっとしたらどこか
高い所から見下ろせれば、徳佐でも雲海が見られ
ないかなぁ」。津和野では野坂峠で何度か見てま
したから・・・。

でもよくよく考えてみれば、列車が見えることに
拘らなければもっと早く船平山に登ることを思い
ついていたかもしれないですね(^_^;

まぁ今回ははたまたま上手くいきましたけど、
毎回こんなに上手い具合にいくとは思えません
よね。でも機会あるごとに一応チャレンジして
みようかと。ご存知のように、ひとっところに
飽きるまで通い続けたくなる性質ですから・・・(^_^;

No title

こんにちは。
船平山で雲海とは!
何とかSLと絡めたいですね~。
試運転とかがチャンスかもですね。

Re: blueskyさんへ

blueskyさん、こんにちは。

徳佐の霧の朝はいつも霧の中ばかりでしたから、
いつかはどこかから雲海を、と思っていましたが、
まさかここに有ったなんて・・・と言うのが正直な
感想です。山登りが苦にならないなら「十種ケ峰
のてっぺんに登れば見られるんだろうけど」とは
思ってましたけど・・・(^_^;

そう言えば、雲海を見られる時間帯って大体早朝
から9時前後くらいまでですよね。普段の走行
時間帯ではまず無理だと思いますが、試運転の時
は早朝が多いですから、仰るようにそこが狙い目
ですね。
3月の運行開始前に試運転があるでしょうから、
もし日時が判れば是とも行ってみたいと思ってま
すが、その情報を掴むのが難しくて・・・(^_^;

おめでとう

徳佐で車中泊されて寒かったでしょうね。
その成果あり、船平山の素晴らしい雲海が見れて
よかったですね。
津和野行く途中で、願成寺温泉がありますよ、
体を温めて、お帰りください。今年もよろしく。

Re: おめでとう

のこおばさん、ありがとうございます<(_ _)>

正月はほぼ毎年のように徳佐近辺で車中泊をして
いますので、用意は万端。広島の実家で借りた
ふかふかの布団と毛布がありましたからちっとも
寒くありませんでした。それに今年は例年と比べ
ても朝の冷え込みはそれほどじゃありませんでし
たから・・・(=^・^=)

ただ、それでもやっぱり冬の朝ですね。布団から
なかなか抜け出せなくて、2番列車が来てから
ようやく車外に出るという不甲斐なさで・・・。
それでもやっぱり早朝に広島から駆けつけるより
はずっと楽でした。広島から行っていたら、この
雲海は見られなかったかもです(^_^;

ところで願成就温泉。ちょくちょくお邪魔させて
貰ってます。この日も途中で移動しなかったら、
願成就温泉か六日市温泉のゆららでひとっ風呂
浴びてから広島へ戻ろうと思ってました(=^・^=)
プロフィール

kamisan

Author:kamisan
MyPhotoブログへようこそ!
私(kamisan)とかみさんの
二人で鉄道風景をメインに
あれこれ写真を撮ってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR