FC2ブログ

阿東雪景色①~峠を越えて

27日の朝、ネットで阿東町界隈のライブカメラを
見ると軒並みの雪景色。しかし朝寝坊を楽しんでし
まった為に北九州を出たのは・・・AM10時(^_^;
それなら高速道路を走ってさっさと阿東町に向かえ
ばよいものを、道中の雪景色まで楽しもうと敢えて
一般道の峠越えに向かい、結局、篠目に到着したの
は・・・お昼過ぎ(^_^;
※ネタ切れに付き、このネタで暫く引っ張ります(^_^;

1.
最近、山口線入りによく使うのが、美東から明敷峠を
越え、更にもう一つ、この板堂峠を越えて木戸山隧道
に抜けるコースです。少し溶けかかってザラザラした
雪で車の底を擦りながら雪道を走り抜けます(=^・^=)


2.
当初、この列車を篠目奥の田代踏切で捉える予定でし
たが、渡川クロスの俯瞰に間に合いそうなので行く先
を変更。ここに立った途端に踏切が鳴り始め、すぐに
キハが姿を現しました。


3.


4.
キハのオレンジ色(タラコ色から格上げ?)(^_^;
遠目からもよく目立ちますねぇ。


5.
渡川で見送った後、篠目に向かう途中で長門峡駅に
停まっているキハに追いつき追い越す筈だったので
すが、さすがにSLと違って早い!。駅の横に着い
た途端、あっという間に置いて行かれ・・・(^_^;


6.
篠目駅に停まっている間にようやく追い越しました
が、ここでかみさんが大ドジ。バッテリーあがりに
より2枚撮ったところでお終い(^_^;
かく言う私も、踏切が鳴り出したので慌てて車を路傍
に寄せようとした時には時既に遅し(>_<)(^_^;
未練がましく後追いを撮りに行きましたが、もう影も
形もなく、仕方なく移動を開始した時に撮り鉄さんが
お一人登場。物好きな人がここにも一人・・・と会釈して
通り過ぎようとしてお互いに気がついてびっくり(^_^;
「あ~っ!森のクマさんだぁ」(=^・^=)
次の列車まであまり余裕がありませんので、挨拶も
そこそこに移動してしまいましたけど、久しぶりに
またゆっくりとご一緒したいですね<(_ _)>(*^_^*)


7.
次の列車を名草付近で撮ろうと移動中にハタと思い
出したのが、中学校跡地の山茶花の花。以前もここ
でこの山茶花を写し込んで撮っていたので、かみさん
と立ち位置を手分けしてあれこれ(*^_^*)


8.
今年の正月、数年前の木次線のラッセル車の活躍を
記事に書きましたが、そのラッセル車がラッセル
モーターカーに入れ替わったこともお伝えしました。
そのモーターカーというのが篠目駅の待避線に留まっ
ている車両でしょうか。
と言ってもこの車両、正式には車両とは言ってもらえ
ず機械扱いらしいのですが、山口線で活躍している
場面にまだ出くわしたことがありません。先日のこの
大雪の時には山口線のあちらこちらで竹が線路に倒れ
かかって撤去作業に手間取ったようですが、この車両
が活躍していたのかもしれませんね。その内、大雪の
日の深夜か早朝に出かけて、見てみたいですねぇ(=^・^=)


9.


10.
手前の雪の上に散らばった山茶花の花びら。何となく
かき氷の上に散らした砂糖菓子のように見え、思わず
「美味しそう」(^_^;


撮り終わったところでブロ友のwingoodさんと連絡。
名草におられるとのことなので、名草S字を目指して
移動です(=^・^=)

スポンサーサイト



早春の春うらら 2019・・・白野江植物公園

季節は真冬・・・ですが、久しぶりに明るく艶やかな色が
恋しくなって、19日の冬の晴れ日に門司の白野江植物
公園まで行ってきました。

1.
寒桜と白梅はチラホラ、水仙と紅梅は満開までもう少し
といった案配でしょうか。


2.
寒桜にメジロが時折やって来ます。まだまだ花も飛び回る
メジロも少ないのですが、開花した桜の蜜を求めて夢中で
飛び回ってます(=^・^=)


3.
翼を広げた様子を撮りたくて高速連写にしたのですが、
シャッタースピードが鳥の飛翔を捉えるにはちょいと
遅すぎたようで・・・(^_^;


4.
そこでシャッタースピードを上げると、今度は暗くなり
過ぎてしまって・・・かなり補正してます(^_^;


5.
紅梅の下で・・・。


6.
蝋梅の下に立って撮っていると芳しい香りがまるで
身体を包み込んでくれるようです。紅梅や福寿草は
まだ咲き始めたばかり。そして冬牡丹は雪蓑を被っ
て艶やかな装い。まるで春が訪れたような穏やかな
一日でした(*^_^*)


さて、なかなか雪が積もってくれないとぼやいて
いたら、ようやく本格的な寒波がやってきました。
雪国の方にはさぞ迷惑でしょうけど、これも日本
の四季なればこそ。さてさて、どこに雪景色を
撮りに参りましょうか(=^・^=)

春になったら肥薩線へ~冬枯れの日の下見

春3月、桜とSLを目当てに23、24日の両日、ブロ友
さんと肥薩線へ遠征することになり、俯瞰撮影のポイント
を師匠に教えていただこうと連絡を取っていたら「14日
なら行けるんだけど・・・」。てっきり地図を見ながらかと
思っていたら現地で直接教えて頂けるとのことで、またと
ない絶好の機会です。
かみさんも「久しぶりに行ってみたいわ」の一言で、3人
一緒に人吉までひとっ走りしてきました(=^・^=)

1.
早朝6時に我が家まで師匠に来ていただいて八幡を出発。
九州道をひた走り八代インターから球磨川沿いの道路に
入ると、川霧がまるで滝のように山の斜面を乗り越えて
流れ下ってきます。朝の冷え込みで川面に濃い霧が立ち
込め、この後しばらく土地勘が働かず・・・(^_^;


2.
球磨川第一橋梁橋梁まで来てようやく霧が晴れてきました。
まずはミニ俯瞰から。


3.
対岸に移動して、ここの背後からの俯瞰ポイントと対岸の
スーパープレミアム俯瞰への入り口と概略の位置を教えて
いただきました。


4.
今回のハイライトがここ「海路俯瞰」です。超々有名
撮影ポイントとあって以前から何度も写真は拝見して
いたのですが、生来の不精者とあってなかなか上って
みようという気にならないでいました。しかし今回は
「せっかく案内して頂いたのに登らないで帰ったんじゃ
何の為にここまで来たの」なぁ~んてことをかみさんに
言われになりそうなので一緒に師匠に付いて上ります。
そしてこの眺めを見た途端「わぁ~、凄い!もったい
ないことをしていたもんだ」(^_^;
因みに現在、瀬戸石ダムの水を落として川底を浚渫中。
国道は3カ所で交互通行規制中。工事は3月22日まで
の予定だそうですが、貯水が復活しているか、はたまた
道路工事は終わっているのか。さて、どうなりますか・・・。


5.
渡駅先の国道の跨線橋。ここの眺めを背後の城山から俯瞰
出来るのだそうです。名前からするとどうやら城跡のよう
です。地図を見ると標高差80m。春、上るか上らないか
・・・それが問題です。ブロ友さんはそんな心配の要らない
お方ばかりですが・・・(^_^;


6.
これまで肥薩線に来てもまだ人吉駅以外の駅に立ち寄った
ことがありません。そもそも駅発車を撮ろうとしません
から用はないと思っていたのですが、師匠の一言に白石駅
へ寄ってみるとこの雰囲気に引きつけられてしまいました。


7.


8.
かみさんの座っている背後に「100年の駅」という札が
掛かっていました。この木造駅舎の主要部分は100年と
いう時を経ているんですねぇ。かみさんが「私の座っている
ベンチ、その頃から替わってないみたいね」(*^_^*)


9.
この日のラストは坂本駅近くの俯瞰ポイント。逆光に輝く
煙が目に浮かびます。因みに本番のポイントはもっと上の
方だそうですから、私が上るかどうかはその日の気分・・・
いや、体調次第です(^_^;


10.
帰る前にもう1カ所(^_^; ここは都電15番さんに
教えていただいた俯瞰ポイントで球磨川の向こう岸の
山裾を肥薩線が走っています。お宮さんの境内の背後
とあって、桜の季節はとっても華やかな眺めです。
さぁ~て、北九州までもうひとっ走り(=^・^=)



木次線~雪景色

1月3日、お昼前に八本松を出て雪景色の木次線を目指し
ます。天気予報では残念ながら降雪の見込み無し。と言う
ことは、当然ラッセルモーターカーの出動も期待できませ
んが、大好きな雪景色と好物の奥出雲舞茸を目指して出発
です。

1.
出雲坂根駅に到着すると既に列車は発車待機中。1日3便、
昼間にたった1本しか走らない貴重な列車ですが、スイッチ
バックの後の大回りループ走行中の合間に舞茸を買いに走り
ます(^_^;


2.
買い物を終えて追いかけますが、一番撮りたかったポイント
を列車は既に通過。取り敢えず追いついた油木付近で道路脇
に車を停めて、先ずはかみさんが一枚。


3.
そして私はこの画を撮りたくて、除雪された雪がうず
たかく積まれた歩道の雪に膝まで沈み込みながら一枚。


4.
備後落合へ向かう列車を途中で追い越し、先回りして
ここでもう一枚。昨年はここで撮り損なっていたので
「何が何でも」と最優先。その割には何か今ひとつ・・・(^_^;


備後落合には、木次線で追いかけた列車と、芸備線を三次、
新見からそれぞれやってきた3両が一堂に会しているはず
なのですが、最初に折り返す木次線の列車の発車まで時間
がありません。木次線の列車に的を絞って、先ほど撮り損
なったポイントへ先回り。

5.
それにしても、除雪されて道路にはほとんど雪はありま
せんが、その除雪した雪を歩道や駐車帯脇にうずたかく
積んでいるので、車を駐めてからポイントまでの移動が
大変です。時々除雪された車道を歩きながら息を切らせ
てようやく辿り着いても列車がなかなか現れません。
ずっぽり雪に埋もれて待つこと7~8分。やっと現れま
した。「あんなに慌てることなかったなぁ(^_^;」
因みに、この下のカーブの右端が6の列車が現れる地点
のようで、このポイントは初めての撮影です。


6.
こちらは車を駐めたポイントですが、ここも除雪した雪が
押し込まれていて下手するとかみさんは膝上まで埋まって
しまいそう。私は長靴を履いているので、ポイントまでの
通り道と立ち位置は踏み固めたのですが、それが災い?して
かみさんの撮りたかった立ち位置とアングルじゃなくなって
しまったようです(^_^;


7.
振り返ってもう一枚(*^_^*)


8.
道後山スキー場近くの温泉に浸かった後、備後落合駅へ
夕刻にやってきた列車を撮りに立ち寄ります。
問題なのは、芸備線の列車を追いながら八本松へ帰るか、
それともこの木次線で初めて会った赤い列車を・・・と思っ
ていたのですが、かみさんの「早く帰りたい」の一言に
「ハイ、芸備線の列車です」(^_^;


9.
その代わり、と言っては何ですが、寒い中、走行中の車の
窓を開けてきっちり並走撮りをやってくれました(=^・^=)


10.


11.
備後西城駅へと走り去る列車と夕景を撮って「さぁて、
帰ろうか」


ところで、今回の木次線遠征に際してラッセル車の出動状況
を調べようとあれこれ探っていると、木次線のラッセル車が
昨シーズン、他所へ移動してしまってラッセルモーターカー
に置き換わっているようだと知りました。う~ん、残念です
ねぇ、ってまだモーターカーを見たことが無いので、いつか
その内・・・(^_^;
そう言えば以前、篠目駅で冬になると小振りのラッセル車の
ような車両を何度か見かけたことがありますが、ひょっとし
たらひょっとするかも・・・(^_^;

煙・終章(^_^;~年の初めの

元日の「津和野稲成号」第二弾です。元々は三章に
分けてお届けする予定だったのですが、正面撮りが
多かったせいで並べてみると似たような画ばかりが
ずらり。元日の画はこれでお仕舞にすることにしま
した(^_^;
※写真のNo.数字は前回記事と同一撮影地点です。

1.
ここは徳佐ではなく名草S字地点。就寝前の深夜の
星景写真に2番列車の画像を重ねています。
左側に雲が多くて、星があまり写ってないのが残念。


2b.
諏訪下郷と上郷駅の間にある線路の土手下から狙います。
当初は年末に撮ったこの背後にある踏切から、と思って
いたのですが、到着してみると既に撮り鉄さんが数名・・・。
因みにここ、ちょっと判りにくいですがかなりの煙が出て
ました。みなさん、よく知ってますね(^_^;


3b.
宮野駅を過ぎて緩い登りに掛かると、さらに盛大に
煙を噴き上げます。


3c.
こんなに煙を出して、後が続くのかしらん・・・と
思わず心配になりました(^_^;


4b.
田代サミットから篠直を逆向きに下り始めました。
ここでもやっぱり煙は出てます。取り敢えず煙が
出ていることを確認したところで正面撮りを中止。
一目散に背後の杉林へ駆け込みます。


4c.
しかし、久しぶりの杉林からの流し撮りはちょっと?
F値を上げ過ぎて真っ暗。かなり補正してます(^_^;


5b.
もう少しゆっくり走ってくれたら、煙が高く棚引いて
大好きな眺めになる筈なんですが・・・。


6b.
白煙ですが、やっぱり良い煙が出てますね。重油を
使わなくても、出る時は出るんですねぇ。


7b.
これほどの爆煙。たぶんここ、牧ヶ野では初体験です。
「D51、やるぅ~!」(=^・^=)


7c.
↑の画は三脚に載せてリモコン撮影、こちらは手持ちの
流し撮り。全部失敗したので、不出来ですが何とか見ら
れそうなこの一枚を・・・(^_^;


8b.
予想通りの爆煙ですが、撮ってる方は何の工夫も
出来てないですねぇ。でも何度も同じ場所で撮って
いれば、その内「これだ!」って画が・・・(^_^;



煙・序章~年の初めに

山口線の津和野稲成号、今年は元日早々から各所で爆煙を
披露しながら走り抜けたようです。私の目撃したその一端
をご紹介いたします。

1.
平成31年元旦 初日の出 ではありますが、時刻は
既に8時。かなり日が高くなってから山の端から現れ
ましたので、昼間と大して変わらない空の明るさに
なってしまいました。この頃までは天気、雲は多かっ
たけどまぁまぁ良かったんですけどねぇ。


2.
今年のSLやまぐち号撮り初めは、周防下郷と上郷駅の間の
土手下から先ず始めました。遠目から見るとかなりスピ-ド
を出しているようで、かなりの煙なのにすっかり後方に寝て
います。


3.
年末と同じく宮野の鉄橋にやってきました。前回は左岸に
陣取りましたが、今回は右岸に立ち、蒸気屋さんが撮って
いたようなアングルを真似して構えます。


4.
この日、ここ(篠直逆向き)に私一人だけ。下手の踏切先に
家族連れがおられて、私の姿が丸見えで邪魔そうですが、列車
が来ればその車体で私は隠れてしまいますので・・・(^_^;


5.
渡川クロスから抜け出してきた列車を後追いで狙います。
以前、ここをゆっくり煙を高く棚引かせて走ったことが
あったのでそれを期待したのですが、今日はちょっと
速い上に黒煙じゃないので煙が高く棚引きません。あ~、
残念!
それにしても、曇り空で空の色が冴えません。煙のこと
もあって、気分も冴えません(^_^;


6.
少しでも雪景色を取り込みたくて、鍋倉発車後間もなしを
川の対岸から狙います。


7.
牧ヶ野の谷に入ってくる時から爆煙ショーは始まっていま
した。桜のある土手を狙おうと待っていると、D51の姿
は見えないのに煙だけが樹々の上をずぅ~っと移動して
くる様子が見えます。


8.
またまたやってきました、田代踏切先。8521レとほぼ
同じ立ち位置から、今度は反対の踏切側を狙って待ちます。
こうやってみると、年末に撮った画となんちゃ代わり映え
しないのですが・・・(^_^;


全部でこの8箇所を駆け巡りました。天気が良くなくて
いまひとつ冴えませんでしたが、煙はどこもそれなりに
出ていて、数箇所ではこれまで見たことも無いような
爆煙。その顛末の始まりから先ずはお披露目?です(^_^;

※ 広島でのネット環境があまりよろしくありません
ので、取り敢えず記事を作ってアップしました(^_^;
しかも記事を書いている最中に3人目の孫誕生の知らせ。
これから山口市内へ対面に走りますので、コメ返が
遅れるのをご容赦ください<(_ _)>

あけましておめでとうございます~平成31年

あけましておめでとうございます。本年もよろしく
お願い申し上げます<(_ _)>



今度の正月の画は2015年の正月、大雪の中を「ひょっと
したら走るかも」と期待しつつも、運行されるかどうか判ら
ないラッセル車を狙って吹雪の中を木次線へ行った際のもの
です。「降らなければ走らないし降りすぎても走らない」と
聞いてましたので、かなりの賭だったのですが・・・(=^・^=)

2.
雪の重みで遮断機の棒が折れてしまうほどの豪雪。今年は
3日に行きたいと思ってるのですが、運休にならない程度
に降って欲しいですねぇ(^_^;


3.


4.


5.


6.


7.
雪の中の撮影、ご苦労様です(=^・^=)



※ 予約投稿です。今頃は布団を積んで広島から山口線へ
向けてひた走っている筈なのですが、この写真を整理して
いて「ひょっとすると木次線でラッセル車が走るかも・・・」。
途中で方向変換しているかもしれません(^_^;
尚、当時、ブログで使わなかった画を復活させて虫干し?
させていただきました<(_ _)>(^_^;
プロフィール

kamisan

Author:kamisan
MyPhotoブログへようこそ!
私(kamisan)とかみさんの
二人で鉄道風景をメインに
あれこれ写真を撮ってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR