FC2ブログ

桜と冬の忘れ物~SLやまぐち号

随分前になってしまいましたけど、4月7日に寒の戻りで
春雪の寒さに震えながら撮った写真の残り・・・kamisan編
をお送りします<(_ _)>(^_^;

1.篠目~長門峡


2.同上


3.名草~地福


4.同上


5.同上


6.鍋倉~徳佐
乗客のみなさんのバラバラな立ち位置の様子が・・・何となく
面白い(^_^;


7.津和野~船平山


8.同上


9.徳佐
牧が野で並走撮りした後、D51は追わずに徳佐S字の桜の下へ。
風が舞ってましたので「ひょっとしたら花吹雪が見られるかも
しれない」と思っていたら雪が舞ってました。
この画は私じゃなくてかみさんが撮ったものですが、まるで
吹雪のような様子がよく判ります。案外この中に桜の花びら
が混じっているのかも・・・(=^・^=)


スポンサーサイト



ちょっと?以前の宇田郷の夕日(^_^;

ちょっと前、と言うのがどれくらい前のことを指すのか
という疑問がお有りかと思いますが、3月下旬に山口線
へ行った帰りにやはり宇田郷へ行った時から3日後のこと
です。ちょっとじゃなくて「かなり以前の」と言うべき
でしょうか(^_^;

1.惣郷川橋梁
現地到着後、最初の列車が来るまで40分。それにしても
「う~ん、今日もまた・・・」微妙な西の空。前回、狙いの
列車が通過する直前に雲の中に夕日が隠れてしまいました
ので「今日こそは・・・」と、やって来たのに・・・。


2.
お寺さんの参道に早速お邪魔。逆光に輝いて良い感じ
なんですが、狙いはあくまで前回のスポット。


3.
山門脇の境内に咲くエドヒガンザクラは前回訪問時に
比べても更に花開いているようです。この桜、花期が
少し長いのでしょうか。樹々の隙間を縫うように差し
込む西日を浴びてとっても美しく輝いてました。


4.
逆光の中、まず最初の列車。


5.


6.
上の画をトリミングしてみました。


7.
このタイミングで来てくれたらねぇ・・・。これが列車通過
12分前。


8.
同上・・・こちらは3分前(^_^;


9.
そして3分遅れでやって来ました。あっ、列車は定時です。
夕日のタイミングが・・・(^_^;


10.
今回は何とか夕日がまだ見えている間に来てくれました
が、何れにしても住職さんが撮ったような画を撮るには
お彼岸に来るしかなさそうです。こうなったら、虫除け
持って秋にもう一度・・・(^_^;
因みに、この3分後に夕日は雲の中へ。ぎりぎりセーフ!


日豊本線~小波瀬夕景

先日の夕刻、仕事で行橋へ向かう途中に日豊本線沿線の
小波瀬附近でゆふいんの森92号とすれ違い。「この時刻
にこの辺を通るのかぁ・・・」と、その翌日の仕事帰りに
小波瀬へ直行です。夕刻と言っても4月に入って日が長く
なりましたからまだまだ昼間の明るさ。ちょっと後ろめ
たいのを振り切って・・・(^_^;

1.SS:1/15
ゆふいんの森が来るまでズーム流しの腕ならし。やって
来た列車を片っ端から流します。後追いも含めて6本中
3つがまぁまぁの出来(^_^;


2.SS:1/15


3.SS:1/30


4.SS:1/20
本命登場。晴れてましたが何となくスッキリしない青空で
ちょっと残念。


5.
それでも夕日を期待して今度は線路の東側に移動。畦に
レンゲを見つけて低位置から狙います。


6.
しかし、期待していたほどには空は赤く焼けません。
う~ん、がっかり!(◡ ◡)


7.


8.
「エ~イッ、こうなったらもうゆふいんの森94号まで
延長だぁ」(^_^;


9.
と言うことで、結局空はほとんど赤く焼けないまま・・・。
それにしても、この列車にやっぱり架線は似合いません。


10.
7月中旬に久大本線が復旧したら、日豊本線でゆふいんの森
を撮影する機会なんてもう無くなってしまうでしょうから、
今の内に中津~別府間のどこかで撮りたい・・・。架線は・・・まぁ
しょうがない!(^_^;


採銅所の春~桜は終わったけれど・・・

かなり時間が経ってしまいましたけど、4月3日と4日、
仕事帰りにちょっと?回り道をして日田彦山線の採銅所
駅付近の夕景を撮ってきました。

4/3
1.
採銅所駅の北方の斜面地に咲く桃の花が盛りでした。


2.
近くの畑で農作業をしていたおばさんの話では、麓の民家の
奥さんが長年手入れをされてこの眺めを作られたのだそうです。
可愛いですねぇ(*^_^*)


3.
採銅所駅の桜はかなり散っていましたがまだ何とか健在。
でもこの後、雨の予報。翌日はもう駄目かもしれません
ねぇ・・・と思いながらもまた翌日(^_^;


4.
ご近所さんでしょうか。孫ちゃんを連れての散策のようです。
羨ましい環境ですねぇ・・・(=^・^=)


5.
桜と菜の花の競演。宝珠山へも行ってみたかったけど・・・。


4/4
6.
市街地では雨はほとんど降らなかったので翌日も採銅所へ。
ところが桜はかなり散ってしまってました。地面の濡れ具合
からするとこちらはどうやらかなり雨が降ったようです。


7.
必殺!?回転流し・・・(^_^;


8.


9.


10.


DL & SLやまぐち号~白井爆走

(かみさん撮影)
前回記事の9と10の間の牧が野から白井の里へと走り
抜けたやまぐち号の姿です。

1.
牧が野のトンネルを抜けて、いつもこの辺りではかなり
ゆっくり並走するのですが、この日は違いました。凸が
グイグイ引っ張る感じで、デゴイチももうもうと白煙を
吐きながら普段の5割増?みたいなスピードで駆け上が
っていきます。


2.
白井の直線路もグイグイ上っていきます。デゴイチの白煙も
相変わらず。このまま駆け抜けていくのかと思ったら・・・。


3.
直線が終わってカーブに差し掛かった辺りから今度は
ドレンまでもうもうと吹き出し、さらに勢いを増した
白煙と合わさって列車全体を包み込み始めました。


4.
そしてこの辺りから今度は黒煙がジワジワと・・・(=^・^=)


5.
そう言えばここではありませんでしたが、以前にもC57の
不調の時に凸が牽いて、牽かれるC57が爆煙だったことが
ありました。今日もその予感が・・・(*^_^*)


6.
ここで一気に黒煙の噴出が加速!。同時にみぞれは完全に
吹雪へと変わり始め・・・。


7.
白井の里で毎度お馴染みの爆煙の宴、開始です。しかも
花吹雪ならぬ本物の吹雪のおまけ付き(^_^;
そう言えば並走のシミュレーションで走った際にはここに
大勢の撮り鉄さんがいたのですが。どうやら、いつ来る
とも判らない上に益々酷くなる霙を避けて移動されたよう
です。


8.
撮り鉄さん、どうやら大半のお方が東屋へ移動されていた
ようですが、降雪にめげず雪の中で撮っておられる方も・・・。
お立ち台にも数人おられたみたいですね。好きですねぇ。
他人のことは言えませんが・・・(^_^;



SLやまぐち号~春雪

(かみさん撮影分です)
4月7日、まだ辛うじて残っているであろう桜を求めて山口線に
行ってきました。そこで出会ったのは・・・花吹雪ならぬ本物の吹雪。
と言うにはちょっとオーバーですが、一時はかなりの降雪でした。

1.山口線 篠目~長門峡
到着時に少し見えていた青空から曇り空へ。そしてとうとう降り
出した春の氷雨に濡れながら、待つこと20分。そろそろD51
の汽笛が鳴るだろうと更に待つこと20分。仁保で撮ってから
上がってこられた撮り鉄さんはしびれを切らして「寒いからもう
引き揚げます」。ひょっとして仁保の山中で立ち往生かと諦め
かけた更に20分後、ようやく汽笛の音が聞こえてきました。


2.名草~地福
昨年もお世話になった地福のお宅へお邪魔して、庭先から
撮らせていただきました。「夕べの嵐ですっかり桜が散って
しまって残念だったねぇ」。口惜しいですねぇ(^_^;


3.鍋倉~徳佐
国道で見た気温は3度。みぞれ混じりの本当に冷たい
雨でしたが・・・。


4.徳佐~船平山
普段なら地福駅での停車時間を利用してゆっくり徳佐駅発車の
時間に間に合うのですが、遅れていたのですぐ出発したようで、
徳佐S字横に辿り着いた時にはもう発車の汽笛が聞こえてきます。
こんな時間に来てももう車を止めるところが無いので、かみさん
を桜の横で降ろして私は船平山を目指したのですが・・・途中で追い
越されてしまいました。凄いスピードで・・・。こんなの、初めて
です(^_^;
※因みに、人がいなくなってから撮った画と合成しています。


5.津和野~船平山
稲荷神社境内駐車場で津和野発車を待機。しかしまたしても
定時になっても発車の汽笛が聞こえません。10分後、船平山
方面から凸が下ってきて・・・「あ~、やっぱり駄目だったんだ」。
それから更に25分後、やっと出発の合図が聞こえてきました。
そして現れた姿は・・・「D51を先頭には出来んのかい!」(^_^;
それにしてもD51、今日一番の爆煙です。正面から見たら
まるで凸が煙を吐いているように見えるんでしょうね。


6.同上
並走開始、と思いきや、いつもよりずっとスピードが速くて
危うく置いてけぼりを喰らいそう。


7.同上
この桜の土手の周辺には大勢のカメラマンさんが待機中。
みなさん、冷たいみぞれの中でじっと待ってらしたんで
しょうね。ご苦労様です<(_ _)>


8.同上


9.同上
この辺りからみぞれが一気に雪に変わってきました。
それも横殴りのかなり激しい降りです。当たらなくて
よい時に限って天気予報って当たるんですよねぇ(^_^;


10.船平山~徳佐
猛スピードで突っ走っていったDL&SLやまぐち号。当然
追いつけるはずもなく、キハを狙って徳佐に戻ってきました。
生憎の天気でしたが、4月の雪なんて何十年ぶりでしょうか。
でも地元の方の話では、ここではそんなに珍しいことでは
ないそうです。やっぱりここは山口の中の雪国ですね(^_^;


三江線望景~列車がいる風景

三江線ラストランの最後は桜から離れての沿線の風景です。

1.三江線 沢谷~浜原
お昼前、浜原へ向かう列車を手を振って見送る地元の方たち。
1枚に収まりきれませんでしたので2枚をパノラマ作成ソフト
で繋いでいます。


2.竹~木路原
石見川本へ向かう列車を追って続々と追っ掛けの車が後を
追います。その先の右岸の山を見ると斜面のあちらこちら
に桜が咲いてます。追っかけばかりしてるとついつい見逃
してしまいますねぇ。


3.石見都賀~石見松原
前々回の記事でご紹介した峠道からの俯瞰。列車がトンネルに
入ったのを見て、次へ移動しようとしたらまたひょっこり姿を
現しました。線路、見落としてましたねぇ(^_^;


4.石見松原~石見都賀
5の俯瞰撮影地から遠くコンクリート橋のようなものが
見えます。どうやら正月に見上げるように撮影した橋梁
のようです。と言うことは通過時に見えるかも、とジッ
と目を凝らすこと約20分。予定時刻をかなりオーバー
してやって来ました。ふぅ~、目が疲れた(^_^;


5.石見都賀~宇都井
田之原の展望台へ上がる途中の道路から俯瞰。前回、積雪の
中を師匠と上ろうとして断念した場所です。絶景かな!(=^・^=)


6.同上


7.同上
足下通過中。


8.宇都井~石見都賀
宇都井、行きたかったけどあの狭い空間にどれほどの車が
集中しているんだろう、と思った瞬間に諦めました。
そして立ったのがあの少年の後ろ姿を撮ったここでした。


9.乙原~竹
月明かりの闇の中、乙原駅を発車して列車の灯りが動き出す
様子はまるで銀河鉄道。ここで江津行きの最終列車を追うの
は諦めて潮駅に向かったのですが、あまりの人の多さに・・・(^_^;


惜別、花の三江線

例年であればまだまだつぼみの筈だった三江線沿線の桜。
まるで三江線の終焉を惜しむかのように、ラストランの
日に合わせて満開になりました。

1.三江線 浜原~沢谷
前夜、一番列車を待つポイントを決めて近くで仮眠したの
ですが、夜明けに寝ぼけ眼で見てみると太い桜の枝が折れて
地面を這っています。慌てて移動したのと体がまだ目覚めて
無くて・・・何とか使えそうな中から1枚(^_^;


2.粕淵 浄土寺
朝7時半頃、お寺さんに声をお掛けしてみたのですが車もなく
ご不在の様子。勝手に境内に入るわけにもいかず、かと言って
列車の通過まであと数分。山門の脇からそっと?撮らせていた
だきました<(_ _)>(^_^;
それにしても見事なエドヒガンザクラです。そう言えば先日
お邪魔した宇田郷の桂昌寺さんの桜もエドヒガンザクラでした。
長生きで大きく育つ桜なんですねぇ。


3.同上
エドヒガンザクラの脇の枝垂れ桜との隙間から三江線が
見えます。無理矢理構図を作って・・・(^_^;


4.粕淵~明塚
前回記事の2の桜の脇から。


5.因原~鹿賀
同じく前回記事の今度は3の桜の隙間からピント位置を
ずらせながら。


6.同上


7.竹~木路原
同じく前回記事の、今度は4の桜の横に立つ桃の花です。
大方ここで約2時間半。静かに撮影できるはずだったの
ですが、背後でゴチャゴチャ・・・(^_^;
それにしてもここでジッと観察していると、列車が動く
前後に面白いほど車が右往左往。仕舞いにはサイレンを
鳴らしながらパトカーが爆走。気の利かない車がいて
「そこの車、脇に避けなさい」って言われてるのまで
聞こえてきます。なのにパトカーが向かってる方向から
別のパトカーが車列に紛れてのんびり走ってきてます。
いったいどうなってるんだか・・・(^_^;
そう言えばこの時、この桃の花はまだほとんどがつぼみ
でしたが、今頃はきっと満開なんでしょうね。


桜咲き、三江線散る

撮影に行ってからちょっと時間が経ってしまいましたが、
3月31日の三江線ラストランの様子をお届けします。
取り敢えずはいつものように撮影日1日の様子から。

1.三江線 粕淵~明塚
沢谷で寝起きの眠い目を擦りながら三次行きの一番列車
で撮影開始。しかしまだ脳が目覚めてなかったようで、
手振れ写真ばかり(^_^;
粕淵の護岸敷きへ移動して何とか江津行きの列車を撮影。


2.粕淵~明塚
江津からの列車が浜原で折り返すのに合わせて取り敢えず
追います。この日は車の混雑を予想して追っかけはしない
予定なので、追っかけの集団が通り過ぎた後にのんびり
出発です。


3.因原~鹿賀
途中、離合困難の個所がいくつもあって、追っかけの車両が
集中すると大変そうなのでここの桜並木を見て追うのは止め
ました。ところがここにはまだ撮影者がズラリと並んでます。
どうやらどこかで列車を追い越していたようです。
それにしても見事な咲きっぷり。まさに春爛漫。とても廃線
前日とは思えない華やかさに、却って切なさが募ります。


4.竹~木路原
気になっていた田津や鹿賀の短いトンネルが集中する区間を
見て回りましたが、みんな列車に付いていったので誰もいま
せん。でも列車が来ると狭い道路で大変な混雑になりそうな
気配に撮影を諦めて、のんびり撮影出来そうなここへ移動。
電線は覚悟の上でしたが、しかし・・・(^_^;


5.明塚~粕淵
三次行きの列車に合わせて移動開始。追っかけの集団をやり
過ごしてから追っても追いつけるんですから、撮り鉄には
申し分のない路線がこの日で消えてしまいます。
来春、廃線敷きを訪ねてみたいですねぇ。


6.石見都賀~石見松原
川縁の桜の傍から撮ろうとしたら背後の山中にガードレール
発見。取り敢えず行ってみるとこの景観。探せばまだまだ
写欲を誘われる景色がありそうなのですが・・・。


7.宇都井~石見都賀
江津へ直行する最終列車を見送られていたご近所の方と
一緒に見送り。最後まで列車の後ろ姿を見送っていた
少年の後ろ姿に惹かれて思わずパチリ(*^_^*)


8.乙原~竹
上の列車を追ってここで待機。これから先は狭い道路が断続
的に続くので追うのは諦めました。因みにこの江津への最終
列車、この後、途中でイノシシとぶつかってかなり遅れて
到着したそうです。


9.石見都賀~石見松原
最後の見送りは星空の下の潮駅の遠景と決めていたのです
が、月が明るすぎて星がほとんど見えません。空は雲ひとつ
無い晴天なのに・・・。しかもまだ続々と浜原方面へ車がやって
きて落ち着きません。結局誰もいない桜並木の傍へ移動して
最後の見送りです。ありがとう、三江線・・・。



プロフィール

kamisan

Author:kamisan
MyPhotoブログへようこそ!
私(kamisan)とかみさんの
二人で鉄道風景をメインに
あれこれ写真を撮ってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR