FC2ブログ

SLやまぐち号開幕~春の野に出でて2

kamisan編
続編をすぐ出す予定だったのですが、かみさんと一緒に
廻ってますから当然同じような画が並んでしまいぐずぐず
している内に遅くなってしまいました。新鮮さが失われて
しまいましたけどよろしかったらお付き合いください<(_ _)>

1.山口線 吉敷川鉄橋
今頃は満開なんでしょうねぇ・・・(^_^;


2.同上
水鏡を狙っていたのですが風が出てきて怪しい状況。
少しでも風の影響のない川面を狙おうと橋の欄干の
一番下の隙間から這いつくばるようにして撮ったの
ですが・・・(^_^;


3.篠目


4.同上


5.徳佐S字


6.同上


7.同上
なんだかまるで狙ったかのように「煙がない!」(^_^;


8.地福~名草


9.山陰本線 宇田郷
この頃はダルマ夕日に期待に胸がふくらんでいたのに・・・。


10.同上
夕日は靄の中へ。翌日、衛星画像を調べてみたらこの時間
帯に済州島付近に雲の固まり。ちょうど夕日が沈む方向で
した。それが原因かどうかは不明ですが・・・(^_^;


ところで私の「最後にもう一度、三江線へ!」の思いと、
かみさんの「広島のお母さんのところへ行きたい」が
偶然?重なって31日に広島へ行くことになりました。
桜、咲いてないですかねぇ・・・。
スポンサーサイト



SLやまぐち号開幕~春の野に出でて

かみさん撮影遍
2018年3月24日、今年のSLやまぐち号のシーズンが
始まり、早速かみさんと二人で、吉敷川土堤の桜開花の期待
を胸に出かけてきました。
結果は返り討ちでしたが「楽しめたから良いかぁ・・・」(^_^;
因みに今回の記事のコメントはかみさん風にアレンジして私
(kamisan)が思い出しながら書き込みました(^_^;

1.山口線 吉敷川鉄橋横
早朝5時に自宅を出て、寄り道したいのをぐっと我慢して吉敷
川の土手に直行したのですが・・・桜は1本の樹にまだ数輪程度
しか咲いていませんでした。蕾はもう今にも弾けそうだったん
ですけどねぇ。


2.同上
ご覧のようにまだ花開いてないけど膨らんだ蕾が白く見えて
ます。そう言えば、この頃はまだ無風で水鏡が綺麗に見えて
いたんですねぇ。


3.同上
やまぐち号が来る1時間くらい前から風が吹き始めて水鏡は
期待薄。結局ボケの花を絡めて鉄橋傍からの撮影に切り替え。


4.同 篠目
梅の花は盛りを過ぎていましたが、まだ辛うじて残っていて
くれました。「ありがとうね」(*^_^*)


5.同 鍋倉~徳佐
ここから初めて撮ってみました。「煙がもう少し欲しかったわぁ」


6.同 徳佐~船平山
お弁当を食べる場所を探している内にこの土手でたくさんの
ツクシ発見。ブロ友のIwaIwaさんの画を真似てしゃがみ込ん
で撮っていると、通りがかりのご近所の方から「ツクシが
そんなに珍しいかね」。言われてみると確かに我が家の近く
ではなかなか見る機会がありませんね。


7.同 船平山~徳佐
S字横の田んぼの土手でふきのとうを見かけて「ここが良いわ」。
もう少し線路に近ければ・・・(^_^;


8.同 地福~名草
昨年の桜開花時にお邪魔させて頂いたお宅の庭先に梅の花。
今回も声を掛けてお邪魔させて頂き、「桜が咲いたらまた
いらっしゃい」と仰って頂いて、思わずニッコリ(*^_^*)


9.山陰本線 宇田郷~須佐
宇田郷のお寺さん下の駐車場に到着すると、お師匠様、
そのまたお師匠様、たーくんさん、師匠のお連れ様の
4人が準備中。挨拶もそこそこに参道を息を切らして
上ったのですが・・・
しかし5時半頃の列車通過にほんの一瞬、間に合わず!(>_<)
でも6時半の列車がちょうどこの夕日が水平線に沈もうと
する瞬間にやってくるはず、だったのですが・・・。


10.同上
結果はご覧の通り。列車通過の6分前に水平線附近の靄の
中に消えていきました。この前日にここのお寺さんのご住職
が撮った写真を見せて頂くと・・・夕日がまさに水平線に触れて
ちょっとダルマ夕日風になった瞬間に列車が通過してました。
秋のお彼岸にもう一度!と誰かさんが叫んでます(^_^;


冬の夜汽車

今シーズンの冬も終わりました。これから桜、そして新緑の
季節ですね。今年の冬は本当に冬らしい冬でした。お陰?で
風邪を3回もひいてしまいましたけど・・・(^_^;
さて、今冬撮った夜汽車をまとめてお届けします。

1.2017/12/2 山口線 上郷~周防下郷
今年の冬もまた12月にSLを走らせるそうですから、また
こんな夜汽車を見られそうです。ネットの日の出日の入り
マップの時刻を調べてみると、冬至が一番日の入りが早いの
かと思っていたらなんと12月上旬が一番早いそうで、この
写真も12月2日の撮影。今から年末が楽しみです(*^_^*)


2.2017/12/3 鹿児島本線 遠賀~海老津
ゆふいんの森号


3.2012/12/17 山口線 渡川~長門峡


4.2017/12/27 山陰本線 黄波戸~長門


5.2018/1/3 三江線 粕淵~明塚


6.1/3 三江線 香淀~作木口


7.1/13 日田彦山線 採銅所


8.日田彦山線 呼野~採銅所 


9.2/12 芸備線 西三次~志和地


10.2/24 三江線 宇都井
まるで宙に浮いているように現れた列車。差し詰め銀河を走り
抜けてきた列車が天空のプラットホームに到着したみたいです。


夕日に向かって・・・

孫と合馬へタケノコ掘りに行った後の夕方、博多へ帰って
行く次男一家を見送りがてら、久しぶりに遠賀の田んぼへ
夕暮れの鉄道風景を撮りに行ってきました。

3/17
全て、鹿児島本線 遠賀川~海老津
1.
まだ少し陽が高く、夕日の雰囲気じゃありませんでしたが、
カーブを曲がる列車の位置確認をしたくて撮影開始。上り
も下りも両方都合の良いポイントなんて・・・ありません!(^_^;
空は青空でしたが、逆光で白飛び(◡ ◡)


2.
久しぶりの783系。


3.
この時点で「あっ、夕暮れにゆふいんの森が大分から戻って
くるんだった」とやっと気がついてどれどれを見てみると・・・
小倉駅に到着してます。でもここを通過する時間がハッキリ
判らないので、どれどれをずぅ~っと睨めっこ(^_^;


4.
待つこと約20分。上りのソニックを撮っていたら下り
列車が鉄橋を渡る気配。前後して走っていた普通列車が
2本いたのでまさかと思ってたら・・・そのまさかでした(^_^;


5.
列車の車体がカーブの頂点で架線柱と被らないよう立ち
位置を随分考えていたはずだったのに・・・ものの見事に
外れ!(^_^;
でもまぁこの夕陽が目的でしたから「まぁ良いかぁ」(=^・^=)


6.
かみさんが撮った位置も、大して代わり映えしないや(^_^;


7.
学習してやっと見つけた「下りの後追い撮影最適位置」。
でももう遅い!(^_^;


8.
引き揚げる前に、旧室木線の廃線跡に架かった跨線橋から
の眺めを撮りに向かいます。


9.
せっかくの晴天。ついでにこのまま星空の下の鉄道風景を
・・・と思ったのですが、退屈してる連れ(かみさん)を見て
断念!(^_^;


さて、いよいよ24日にSLやまぐち号のシーズン開幕
ですね。昨年は4月1日時点で山口市街地さえ桜はまだ
開花していませんでしたが、今年は少し早くなりそうな
開花予想。徳佐は無理でも山口市街地なら・・・(=^・^=)

銀釜とゼロロク27~春はあけぼの

このところ中国地方山間の冬枯れの景色ばかり続いて
いましたので、たまには色つきの画が・・・と梅の花と
絡められる撮影地を探している内にブロ友さんの写真
で銀釜発見。それに触発されて貨物チャンネルを見る
と、どうやら10日早朝に鹿児島から北九州へ戻って
くる模様。ついでにEF66の情報を見ると・・・あらぁ~
やはり10日早朝に幡生へゼロロク27が下ってくる
模様です(^_^)v
でも10日午前10時は仕事の打ち合わせ。どちらも
撮りに行って果たして間に合うか・・・(^_^;

1.鹿児島本線 八幡~スペースワールド
目覚ましを朝5時に設定していたのですが、3時半には
目が覚めてしまいウトウトしている間に二度寝してしま
い、目覚ましが鳴っても頭がボォ~っとしてなかなか
シャキッとしません。最後は大慌てで家を出て3分で
現地到着。通過5分前に・・・(^_^;


2.
この後、ここから小月まで高速道路をひた走り。


3.山陽本線 厚狭~埴生
通過予想時刻の15分前に福田の里へ到着。途中には既に
スタンバイ中の方がちらほら。石山の俯瞰ポイントまで
上るかどうか迷った挙げ句に「エ~イ、行っちゃえ」。
これまでこんなことをして、何度目の前で撮り逃がした
ことか・・・(^_^;
俯瞰ポイントには誰もいません。やっぱりもう通り過ぎた?
と思っていたらその3分後、遠くから踏切の警報音が聞こ
えてきて・・・ご覧のとおり何とか間に合ってました(=^・^=)


4.
それにしても最近、ここで他の撮影者に会ったことがあり
ません。年に数回しか来ていないので定かではありません
が、人気低下?(^_^;


5.
とうとう撮れず仕舞いに終わった九州ブルトレを思い
浮かべながら・・・。


6.


7.
帰り際にちょっと色つきの景色を・・・(*^_^*)


8.


打ち合わせ先には無事?10分前に到着です(^_^;

陽光と梅の香りに誘われて・・・香春から崎山へ

このところの穏やかな天気に誘われて、日田彦山線
沿線の香春の梅林と、平成筑豊鉄道沿線の崎山の
田んぼへ出かけてきました。

3/7
1.日田彦山線 香春~採銅所


2.


3/11
3.日田彦山線 香春~採銅所


4.


5.


6.平成筑豊鉄道 源じいの森~崎山


7.同 崎山~犀川


8.


三江線惜別~夕暮れと天空の駅

早春の三江線シリーズ、やっと最終回です(^_^; 
ところで3月17日のダイヤ改正で、これまで三次方面
からなら口羽駅、江津方面からなら浜原で折り返していた
列車がそのまま江津、三次まで直通で走るようになるよう
です。わずか2週間だけのダイヤですが・・・。
尚、ぶらり三江線web(←クリック)に分かりやすい時刻表
が出てました。

1.場所不明(たぶん?江平~口羽)<(_ _)>(^_^;
粕淵で師匠と別れた後、三次から折り返してくる臨時列車
を撮ろうと口羽方面へ。ところがこの列車、その一つ前の
口羽で折り返す普通列車だったのを臨時列車と勘違いして
口羽と伊賀和志の間にある鉄橋横で延々と待つこと40分!

2.石見都賀~石見松原
とうとう鉄橋には現れなかった臨時列車。てっきり私が
鉄橋横に到着する前に通り過ぎてしまったものだと思い
込んで移動。石見都賀と石見松原の間を江津方面から
来るはずの次の列車の撮影の為にウロウロしていると、
遠くで列車の走行音。なんと江津方面へ走ってます。
と言うことはこの時間帯には臨時列車しかいません。
そこでこの後、時刻表をじっくり見直してがっくり。
時刻表、きちんと見ておかないといけませんねぇ(^_^;


3.石見松原~石見都賀
夕日が山の向こうに沈んだ頃合いにやってきました。


4.石見都賀~宇都井
列車を追う途中、川に映った残照を見て車を停めます。
でもいざ撮ろうとしたら列車の位置がよく判りません。
それに気をとられて肝心の川面に映る残照はほとんど
写ってません。あ~、ガッカリ・・・(◡ ◡)


5.伊賀和志~口羽
臨時列車を撮り損なった鉄橋横へ戻ってきました。先ほど
ここで狙っていた川面のギラギラした輝きはすっかり影を
潜めてしまい「ア~アッ」。


6.宇都井~石見都賀
またここへ舞い戻ってきました。この日、4回目!(^_^;
これで撮影を終了して帰るはずだったのですが・・・帰り道、
空にはお月さんが出ていましたがそれに負けじと星が瞬い
ています。「ひょっとして銀河鉄道が撮れるかも!」。
いつの間にか?宇都井駅方向へハンドルをきってました。


7.宇都井
ここに到着して駅の真下に車を停めたら作業小屋から地元の
方らしき人が出てこられて「大勢写真を撮っておられるので
車を向こうへ移動して頂けませんか」。なるほど、田んぼの
畦にずらりとカメラの放列。車を移動してからその列の端っ
こへ加わります。ただ、段々と薄雲が広がってきて星が・・・。


8.同上
月は薄雲なんてお構いなしに明るく輝いてますが、その
明かりで余計に星が見えづらくなって先ほどの列車が
通り過ぎた後、一人二人と去って行かれ・・・とうとう私
ひとりだけ。まぁもっとも、この最終列車が来るまで
寒空の下で1時間待ちですから・・・。

9.同上
駄目元で長時間露光をしてみたら・・・肉眼では見えな
かった星が何とか写ってました。しかも冬の星座を
代表?するオリオン座です。その上、どうやら月の
暈まで。粘った甲斐がありました(=^・^=)


最終列車が通り過ぎた後、先ほどの方たちがライトアップ
機材の後片付けを始められました。どうやら私一人残って
いたので後片付けを始めるのを待って頂いていたようです。
その内のお一人に「待って頂いて大変ありがとうございま
した」。申し訳ない気持ち以上にありがたさが身に沁みて、
帰りの運転は心がポカポカでとっても心地よいものになり
ました(*^_^*)

三江線惜別~潮駅、霧の邂逅・・・2017春

このところ冬枯れの色ばかり見ていて少し飽きてきました
ので、昨春に潮駅周辺で撮っていた画を引っ張り出してき
ました。一応、昨年アップした写真は使っていませんが、
大同小異と言ったところでしょうか(^_^;

1.潮駅 2017/4/8
思いもよらぬ霧の風景との出会い。初めての三江線は
思い出深いものになりました。そしてそこへ下り一番
列車が到着。


2.
ホームから後追いで。


3.
潮駅対岸に回り込んで下見。


4.
上り一番列車。


5.
春の色ですねぇ。冬枯れの色ばかり見てると、やっぱり
春が恋しくなるはずです(=^・^=)


6.
写真では潮駅のホームが見えてますが、肉眼ではほとんど
判りませんでした。先ほどの列車もエンジン音は聞こえる
のにいったいどこにいるのか、霧でさっぱり見えません。
その内、エンジン音が移動し始めたようです。どうやら
発車してしまったようですねぇ(^_^;


7.
列車、こんなところにいました。因みにこれも、走行音を
頼りに当てずっぽうに撮っただけ、だったような・・・(^_^;


三江線惜別~早春賦

西暦の暦の上では2月24日はまだ冬。でも立春はもう
とうに過ぎてますしもうじき啓蟄。とは言っても三江線
沿線には残雪が至る所に残り、早春の歌詞に出てくる
「春は名のみの・・・」、そのまんまの眺めでした。

1.所木
都賀で師匠と別れた後、三次から折り返してくる列車を
撮るべく、三次方面へ走ります。しかし道路工事による
交互通行区間があるのでその手前の吊り橋横で待機。


2.香淀~作木口
鉄橋渡る列車を横から撮るか、後ろ正面から撮るか・・・。
迷った挙げ句に真正面に移動。


3.同上
道路が高い位置にあるので、楽ちんミニ俯瞰(^_^;


4.同上
そのままカメラを振って後追い撮影。


5.江平~口羽
都賀からの移動中に見つけていたここで待機。まさに
早春賦の雰囲気です。


6.宇都井~石見都賀
結局またここへ舞い戻ってきました(^_^;


7.潮駅付近
桜の季節、川霧の向こうに・・・と妄想。3月末に咲いて
くれないかなぁ・・・。


8.粕淵~明塚
師匠と再合流後、師匠がここを見つけましたが民家の庭先。
家の方に立ち入りの許可を頂いて臨時列車を待ち受けます。
少し坂になった線路のピークの向こうから列車の頭が見え
てきて・・・それまで陽が射していたのに途端に雲に陽射しが
遮られてしまいました。う~ん、悔しい!
そんな訳でこの次の画共々、陽射しのある時に撮っておいた
直前直後の画と合成しています<(_ _)>(^_^;


9.同上
水面がキラキラ、陽光も手伝ってか春の息吹を感じ
ます。陽気につられて上着を脱いだ途端、風が吹き
抜けて「お~寒!」。やっぱりまだまだです(*^_^*)


プロフィール

kamisan

Author:kamisan
MyPhotoブログへようこそ!
私(kamisan)とかみさんの
二人で鉄道風景をメインに
あれこれ写真を撮ってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR