FC2ブログ

刻々と変わっていく秋の夕暮れ~宇佐と名島

ネタ切れに付き、仕事帰りに撮った夕焼けを二題(^_^;

9/13
1.宇佐
別府からの仕事帰り。途中で温泉に浸かっている間に
空は雲に覆われて「今日は夕日は見られそうにないなぁ」
とかみさんと話しながら宇佐まで戻ってくると・・・夕日
は見えないのですが空が赤く色付き始めているのを見て
「やっぱり夕焼けを撮る!」と線路際へ一目散(^_^;


2.
次の列車を待っていると、空が段々と黄金色に・・・。


3.


4.
粘った甲斐がありました(*^_^*)


5.
そして最後は黄金色から茜色へ。こんなに変化に富んで
いることを、写真を撮ることで改めて再認識です(*^_^*)



10/20
6.
博多での仕事が終わったのが午後4時過ぎ。天気は晴れ。
これは名島の多々良川河口に行くっきゃない!(^_^;


7.
もう少し赤く燃えてくれるかと思ったのに・・・大して
赤くならないなぁ。と帰り支度。


8.
駐車場所へ戻る途中に振り返るともう黄昏色。「さぁ~て
やっぱり帰ろうかねぇ」


9.
ところがどっこい。遊歩道を上流に向かって歩いて
いると急に辺りが明るくなったのでもう一度振り返る
と、まるで時計の針を逆回したような・・・(=^・^=)
ところでここには西鉄電車と883系と旅客機が一堂
に写ってました。青いソニック、一応いるのですが
お判りになりますかねぇ(^_^;


10.
以前にもあったのですが、このもう一度明るく焼ける
のって何が影響しているのでしょうか。そのまま暗く
なっていくこともありますし・・・。
やっぱり自然は不思議で面白いですねぇ(*^_^*)


スポンサーサイト



秋、斜光線が気になります・・・芸備線

山口線で徳佐までやまぐち号を追った後、真っ直ぐ
東広島へ帰る予定だったのですが、あまりの秋晴れ
に向原の茅葺き屋敷へ行きたくなって・・・(^_^;

1.芸備線 向原
お屋敷に伺うとちょうどご主人が広島から手入れに
来られてました。ご挨拶して最初の列車を待ちます。


2.


3.


4.
周囲に絵になりそうな目立つ花がありません。ちょっと
小さいのですがミゾソバの群落がありましたのでこれを
何とか絡めようとしたのですが・・・白飛びさせてしまい
ました(^_^;


5.
「今日はもう引き揚げます。」とご主人が仰った頃から
傾いてきた陽射しに赤味が増してきました。


6.


7.
当初は「夕日を撮ったら帰る」とかみさんに伝えて
いたのですが、雲のほとんど無いこの夕空を見た途端
「徳佐で見られなかった流星を見られるかも!」(^_^;


8.
と言うことでSS20秒刻みで計約1時間連写?した
星空の内、3箇所にそれらしいのが写っていましたので
4枚を合成してみました。
その内の左の目立つものは連続3枚を合成しているの
ですが、その2枚前までうっすらと光跡が写っていま
したのでどうやら人工衛星のような気がします。でも
この通過地点だけ異様に輝きましたので、ひょっとし
たら太陽の光が機体に反射したのかもしれませんね。


9.
たまには「見あげてごらん、夜の星を」なんですが、立った
まんまじゃ首が疲れます。今回は椅子を用意していたのです
が、カメラが夜露に濡れたり夏の服装で寒かったりで車の中
と往ったり来たりで落ち着きませんでした(^_^;


10.
さぁ~て、星空を眺めながら帰ろう、と言っても車は
すぐ近くに駐めていますけど・・・(^_^;


秋、斜光線が気になります・・・山口線②

10月9日、前夜から車中泊で早朝の夜明けを狙った
のですが・・・。

1.篠目
霧の濃い徳佐を避けて上り始発列車を追ったのですが、
名草まで濃霧で全敗。でもその道中に見たピンク色に
染まった朝焼けの霧の空を撮りたくて篠目に先回り。
しかし残念ながらここは霧がほとんど消えてました。


2.名草
名草S字まで戻ってきました。霧は少し残っている
ものの、空はもうすっかり明けてしまって・・・。
そんなところへやって来たのは白いキハ。確かサイク
リング県云々・・・のラッピング列車ですね。白い霧の中
へ消えて行きました。


3.徳佐
山口市街地へ向かう前に、徳佐で最後の抵抗?(^_^;
もう何年も通っているのに、霧の風景はやっぱり
難しい・・・。


4.吉敷川
吉敷川に戻ってきました。朝日にキラキラ輝く色づき
始めた桜の紅葉がきれいです。でも陽射しの向きと
撮影したい方向が合いません。考えた末に桜の樹の下
に潜り込んだのですが・・・ヤブ蚊の猛襲!(^_^;


5.


6.田代
篠直の逆向き。今日はやっぱり煙無し・・・いや、薄い煙は
ありました(^_^;


7.


8.地福
今年の春、庭先の枝垂れ桜を撮らせて頂いたお宅に
またお邪魔させて頂きました。が、あまりにギリギリ
に到着した為に構図を考える余裕無し。パッと見ての
撮って出し(^_^;
「旦那さん、ありがとうございました <(_ _)>」(=^・^=)


9.徳佐
後方の先客の邪魔になりそうなので脚立から降りると、
否応なしに次の主役はススキです。それにしても今日
は良い煙が出てますね(=^・^=)


10.


秋、斜光線が気になります・・・山口線①

10月7日~10日に北九州~広島~山口~広島と撮り鉄
巡り旅の1回目です。
 
※ 最近、写真を撮ってから記事にするまでの時間が随分
かかるようになってしまい、毎度鮮度落ちの写真ばかりで
申し訳ありません<(_ _)>

10/7
1.
広島へ向かう途中、寄り道して夕日を背景にやまぐち号を
シルエットで撮れる場所を探してみました。が・・・ようやく
見つけた土手上の線路際に藪が・・・(^_^;


2.
許可を貰って草刈りしたい!(^_^;


3.
SLがやって来たのは日が沈んで15分ほど経ってから。
真ん丸な夕日バックはもう少し早い季節じゃないと駄目
のようですね。


10/8
4.
翌日、夕日を受けてキラキラ輝く桜の紅葉を見ながら
「こっちの方が良かったかなぁ」


5.
さて、リンゴ狩りに行ってお疲れの次男家族を引っ張り
出して、吉敷川橋梁で撮影会?(^_^;
4歳になった孫娘、最初はニコニコしていたのですが
SLが近づくにつれて・・・。


6.
すぐ近くに近づいてきた途端、母親にしがみついて
しまいました。やっぱり小さな子供にとってSLは
猛獣?なんですかねぇ(^_^;
この後が前記事の2枚目で、もうケロッとして客車
に向かって手を振っています(*^_^*)
蛇足ですが、2歳の孫息子がウロチョロして土手を
転がり落ちそうなので父親のお腹に括り付けてしまい
ました。二人で走り回るところを撮りたかったので
ちょっと残念(^_^;


7.


8.
この夜のねぐら、徳佐S字にやってきました。まだ
僅かに西の空に残る残照を見ながら、コンビニで
買ってきた弁当で腹ごしらえ。


9.
前回記事の3枚目の写真の次のコマに流星が写って
いました。お判りになりますかねぇ・・・と言うことで、
ちょっとトリミングしています(^_^;


10.
徳佐は早々と霧に包まれ始めましたので、ねぐらを
離れて渡川までやって来ましたが・・・ここも既に霧(◡ ◡)


山口~広島・撮り鉄とんぼ返り (^_^;

10月7~10日にかみさんのおふくろさんの様子見と
病院の検診の送り迎えのついでに、山口線と芸備線に
行ってきました。北九州~山口線~東広島~山口線~
芸備線をウロウロ(^_^;
取り敢えずその旅程表代わりの写真を並べてみました。

10/7
1.山口線 周防下郷~上郷
仕事を終えて北九州から東広島へ向かう途中に途中下車?(^_^;


10/8
2.吉敷川橋梁
広島から山口へ向かう途中、次男一家がお嫁さんの実家に
里帰りしていることが判って付き合って貰いました(^_^;


3.
この夜はりゅう座流星群が見られるかもしれないとのこと
で街灯りの少ない徳佐へ移動して来ました。満天の星空、
だったのですがこの後、阿東名物?が・・・(◡ ◡)


10/9
4.鍋倉
夜明けを撮ろうと車中泊で早朝5時起き。しかし徳佐は
霧の中。移動してみても・・・やっぱり駄目かぁ(>_<)


5.徳佐 宇津根踏切
ほぼ霧の晴れたS字先のススキの群落へ本番前の下見。
本番でもこんな風に撮る予定だったのですが・・・(^_^;


6.吉敷川
また吉敷川橋梁へ舞い戻ってきました。孫達と前日ここで
遊んだ時に桜の葉が少し色づいていることに気付きました
ので・・・(*^_^*)


7.田代 篠直逆向き
サミットを上りきったC57がひょっこり顔を出した瞬間、
薄煙の予感(^_^;


8.徳佐 宇津根踏切
息せき切って戻ってくると後方に先客。脚立の上に立た
ないとススキ越しに撮れませんが、立てば後方の先客の
邪魔になりそう・・・。やむを得ず、後方からこの辺りは
まだ見えてないだろうと計算して、取り敢えずここまで
撮らせて頂いてから大慌てで脚立を降りました(^_^;


9.芸備線 向原
抜けるような青空に茅葺き民家の変わらぬ佇まい。この日も
家主さんが手入れに見えておられましたのでご挨拶して撮ら
せて頂きました。


10.
空は晴れているはずなのに、何となく空が白っぽく見えて
星があまり見えません。写真ではそこそこの数が写ってい
ますが、肉眼ではほんの数個だけです。まさかここでも霧
の悪戯か?(^_^;


取り敢えずは撮り鉄旅の全容ご案内でしたので、コメント
欄は閉じさせて頂きました<(_ _)>

秋です~ちょっぴり煙は薄いですが・・・(^_^; Vol.2

遅くなりましたが9月30日山口線遠征の続編です。
と言っても同じような写真ばかり並んでますが・・・。
2回に分けるのは無理がありました<(_ _)>(^_^;

1.
渡川と三谷の中間付近でSLを待っていると予想外の
早さでやって来たのに慌てて 、取り敢えず追いますが
追っかけの後続車両が続々追いついてきました。路肩
に避けて「お先にどうぞ・・・」(^_^;


2.
最後尾の車両と並走になった時、客室に座っていた
女の子が写真を撮っているおばさんに手を振ってくれ、
三谷を過ぎた辺りで今度はデッキに出てきて手を振っ
てくれました。その後、お母さんらしき女性も一緒に
なって手を振ってもらい楽しい交歓が出来たようです(=^・^=)
私はハンドルを握っていたので見損ないましたけど・・・。


3.
地福発車。


4.


5.
徳佐発車。それにしても煙が薄いですねぇ。


6.


7.


8.
ここのススキのことをすっかり忘れてました。
次回こそ・・・(^_^;


9.
午後から転進した黄波戸でのキス釣り。入れ食い
だったのですが・・・オールピンギス&ピン?鯛(^_^;
ばかり。おまけに○○のはなしまで見逃して・・・(>_<)


10.
帰途、粟野川橋梁付近の夜空には満天の星。今、銀河
鉄道の夜を読み返していますが・・・何とか筑前岩屋に
また列車を通してほしいですねぇ。


秋です~ちょっぴり煙は薄いですが・・・の動画番外編

前回記事の6~8枚目に登場する田代サミットから田代踏切へ
向かって篠直を逆向きに駆け下ってくるSLやまぐち号の動画編
です。この日、カメラを忘れてタブレットを使用してかみさん
が撮っており設定が不案内の為、白飛びして不出来な動画です
が、後半の後追い部分で客車の側面がまるで鏡面のように周り
の景色を写している様子をご覧頂きたくてアップしました。
ここに何か楽しそうなものを映し込んでみたいですねぇ(=^・^=)



秋です~ちょっぴり煙は薄いですが・・・(^_^; Vol.1

ようやく秋らしくなってきました。まだ体調、仕事ともに
余裕がありませんので久しぶりの・・・と言ってもたかだか
1ヶ月ですが・・・山口線はすっかり秋の気配でした(=^・^=)
※9月30日撮影

1.
吉敷川の土手に咲いていた曼珠沙華。既に少しくたびれ
かけていたのですがせっかくですから最後の一花を・・・と
かみさんが構えて撮ってくれました。


2.
吉敷川の土手と待機中のかみさん、こんな感じです(*^_^*)


3.
晩秋にここまで上り列車を追ってきて夕日を撮ったことは
ありましたが、下りでは初めて踏切の向こう側から撮って
みました。


4.


5.
列車がやって来る1分前まできれいな水鏡だったのに・・・と
かみさんに聞いて、私の悔やむことと言ったら・・・(^_^;


6.
またまたやって来ました、篠直逆向き。煙が出る出ないは
時の運!次第(^_^;
そんな時にふわぁ~っと飛んできたトンボが標識のてっぺん
へ。よっぽどここで待とうかと思ったのですが・・・。


7.
ちょっと白っぽい煙でしたが量はまぁまぁ(^_^;


8.
流し撮りをしようとフィルターを探しているところへ
汽笛が「ポッ!」。このままだと撮り損ないそうなので
流し撮りは諦めたはずだったのに、カメラの設定を戻し
忘れてしまい・・・(^_^;


実はこの日、午前中はキス釣りに行ってから山口線に
廻る予定でしたが、空いっぱいに広がる青空を見て
思わず山口線へ。この後、徳佐まで追ってから黄波戸
へ投げ釣りに向かいました(^_^;
プロフィール

kamisan

Author:kamisan
MyPhotoブログへようこそ!
私(kamisan)とかみさんの
二人で鉄道風景をメインに
あれこれ写真を撮ってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR