FC2ブログ

芸備線沿いの茅葺き民家へ再び

おふくろさんの入院に伴って今月三度目の広島行き。
そんな時に「いったい何しに広島へ行ったの?」と
言われそうな芸備線への撮影行・・・(^_^;

1.
24日の夜、中国自動車道を東へ。途中、六日市IC
先の深谷PAで深夜のタイヤチェック。作業員員さん、
ご苦労様です。そしてその先にある吉和SAはまだ雪
がいっぱいでした。


2.
病院で担当医師から検査結果を聞いて夕方には帰る
つもりだったのですが、結局それが夕方になってし
まい、翌朝帰宅することになって脳裡に浮かんだの
は・・・「早朝に茅葺き屋根を撮ってこよう」(^_^;
しかし、前夜に高感度で撮っていた設定を元に戻す
のを忘れてしまい、ざらざらな画になってしまいま
した(>_<)


3.
前回撮れなかった角度から・・・と思ったのですが、これが
障害物ばかりでなかなか手強い(^_^;


4.


5.


6.


7.
不慣れ?な早起きをしてまでここへやって来たのは、
早朝の朝焼けを撮りたかったからなのですが、八本松
では快晴だった空模様が芸備線に近づくにつれてどん
どん霧が濃くなってしまい、何もかも白い靄の中(>_<)
この上空はきっと晴れているんでしょうねぇ・・・


8.


9.
実は最近、親指AFを始めました。まだそのことが
体に染みついてないものですから・・・しょっちゅう
親指を押すのを忘れてしまいます。と、ピンぼけ写真
の言い訳です(^_^;


10.
中国自動車道はまだ白銀の世界。私は山陽自動車道を
走るとついついスピードが上がってしまい、かみさん
に言わせると「人が変わってしまう」ので、広島への
往き帰りは遠回りだけど車が少なくてのんびり走れる
中国自動車道専門です(=^・^=)


11.


スポンサーサイト



小春日和な・・・福田の里で

小春日和と言う季語は旧暦の10月頃、今の暦なら
11月から12月にかけての小春と呼ばれた時期の
晴れて穏やかな日和のことだそうですが・・・「な」を
付けて無理矢理な使い方をさせて頂きました(^_^;

1.
山陽小野田市での仕事の見積依頼があり、その瞬間、
脳裏に浮かんだのが「現場調査の後に福田の里に寄っ
て、帰りにいの湯でひとっ風呂」(^_^;
出来ればほころび始めた梅や水仙を写し込みたくて
予定していた梅の木に行ってみるとまだ花がついて
おらず、水仙は沿線に見当たりません。結局、石山
の俯瞰ポイントへ。


2.
この画像の左端に蝋梅が咲いていますが、さすがに
ここからでは判りませんでした(^_^;


3.
貨物列車は上り便が想定外の一便を含めて3便。でも
ここはやっぱり下り便のポイントですね。予定していた
下り便が・・・来ません!


4.
新幹線が・・・3列車!


5.
やっと来ました。が・・・沿線が日陰になってしまいました。


6.
この姿、長い車列ならではですねぇ(=^・^=)


7.
温泉に向かおうと山を下りてきた時に沿線に黄色い
花を見つけました。ん?蝋梅!。陽射しが山の陰に
なってしまったのは残念でしたが、蝋梅の香りに
包まれながら30分の延長戦(*^_^*)


8.
EF66が単機で下っていきます。貨物が付いて無くて
良かったぁ(^_^;


鉄道雪景色・・・瀬野八も真っ白

15日、八本松でも雪はまだ降ったり止んだりです。
午後から訪れた瀬野八もまだ真っ白でした。
この日は昼から入院しているお袋さんのところへ行く
カミさんを病院に送った後、番堂原第四踏切へ向かうと
地元の撮り鉄さんがお一人。夕方までお付き合い頂いて
しまいました<(_ _)>(=^・^=)

1.
この日は青空が見えたかと思えば一転にわかにかき曇り、
雪が舞うと言う目まぐるしい天気。


2.
定番踏切で流し撮り。ネタもの列車ではなかなか
こんなことは、いや、ここに立つことすら難しい
のですが・・・(^_^;


3.
年々運用の機会が減っているEF67。現在稼働中は
101,102,105号機のようですが、後押し
桃太郎の運用が増えてきてなかなか会えなくなってい
ます。でも今回、先ずは105号機に遭遇(^_^)v


4.
国道2号を跨ぐ鉄橋に機関車が到達した時、トンネル
先のカーブに最後尾の後補機が見えてきました。この
便は・・・やったぁ!朱い機関車です。
それにしても、機関車の後ろにコンテナが・・・皆無(>_<)


5.
う~ん、どうやら102号機のようです(=^・^=)


6.
お付き合い頂いた地元の撮り鉄Sさんを八本松駅まで
お送りしようと、国道2号線を走っていると後方から
追ってくる列車のヘッドライトがドアミラーに映り込
みました。どうやら電気機関車のようです。
慌てて道路左側の路側帯に車を停めてパチリ。EF66
ですねぇ(^_^;


7.
ご了解いただいて結局西条駅の先まで追ってしまい
ました。すんでのところで下り貨物と被ってしまい
ましたが・・・。この後、撮り鉄さんを駅までお送り
してお別れしました。ブログ上からですが、最後まで
お付き合い頂いてありがとうございました<(_ _)>


8.
カミさんと晩飯を食べた後、シンシンと冷える冬晴れの
夜空の下へ。
尚、列車の光を流したくなかったので、SS1/10と
1/80で撮ったものを合成しています。


9.
てっきり後押しをして西条駅から広島貨物ターミナルへ
戻っていく後補機かと思ったら・・・トワイライトEXP仕様
のEF81?のような・・・。いったいどこへ向かっていた
のでしょうか。


10.
冬の星座、オリオン座がよく見えます。そして冬の
大三角もよく見えてますねぇ(=^・^=)


毎日更新予定だった「鉄道雪景色」遍でしたが、最後の
回だけ遅れてしまいました。最後までご覧頂いてありが
とうございました<(_ _)>(^_^;

鉄道雪景色・・・芸備線、向原町の茅葺き屋敷への誘い

雪の深さに白樺林での撮影を諦め、カミさんの待つ
八本松へ。その道中の庄原までは芸備線沿いを走り
ますので列車の時刻を調べると・・・1時間半近くも
列車は来ません。しかも庄原から東広島方面へ直接
抜ける沿道には鉄道がありません。
そこで頭に浮かんだのが、三次を通り抜けて再び
芸備線沿いに戻り彼の茅葺き屋根のお屋敷経由。
ちょっと?遅くなりそうだけど、何とか夕飯には
間に合いそう・・・(^_^;

1.
県道から茅葺き屋根が見えてきました。周りの樹々は
まるで花が咲いたようです。道路脇に車を停めて列車
の時刻を調べると・・・雪で運行時刻が狂ってなければ
あと15分ほどで下り列車が来るようです。
まずは一発目の撮影ポイント探しへ移動開始(=^・^=)


2.
北側に架かる跨線橋のネット越し。


3.
結局やはり前回の撮影ポイントへ。


4.
ほぼ予想した時刻にやってきました。それに近くに
踏切があると判りやすくて良いですねぇ(^_^)v


5.
さぁ、次は30分後の上り列車ですが・・・


6.


7.
この頃まで青空が覗いていたのですが・・・


8.
列車通過予想時刻の10分ほど前になって三次方面から
灰色の雲と吹雪が迫ってきました。う~ん、残念!


9.
出来ればもう一便撮りたかったのですが、おふくろさんと
カミさんが待っているので・・・。もちろん夕飯も(^_^;


再訪したいのですが、広島は遠い・・・(^_^;
でも屋敷の周りには桜が結構ありそうですから
今度は春ですねぇ(*^_^*)

鉄道雪景色・・・木次線にはラッセル車がよく似合う

前回ラッセル車を追った時、ラッセル車は始発列車が
出る前の極早朝に木次駅を出発して、6時過ぎには
備後落合から折り返してきました。今回は始発列車の
後ですから、この後余程の降雪がない限り雪を蹴散ら
す場面はほとんど期待出来ません。ちょいと意気消沈?
しながら、出雲坂根で列車交換するだろうと向かった
のですが・・・。

1.
出雲坂根での交換はありませんでした。どうやら出雲
横田で交換のようですから急いで出雲横田へ。その
道中、始発列車を追いかけていた時にはほとんど見かけ
なかった撮り鉄さんがあちらこちらで待機中。今日も
また、人のいないポイントを探さなくっちゃ・・・(^_^;
と言うことで、1発目は道路脇に車を駐めて・・・<(_ _)>


2.
定番ポイントですが、逆向きの時は・・・ガラガラ(*^_^*)


3.
駐車帯?の新雪に車を乗り入れて待機。前回は僅か
ながらでも雪を跳ね飛ばしていたのですが・・・(◡ ◡)


4.
少し青空が顔を覗かせて「良い感じの雪景色になるかも」
との淡い期待は、この後ものの見事に裏切られて・・・(^_^;


5.
出雲坂根のスイッチバックに向けてラッセル車が
駅から動き始めました。右手の木立の向こうを
登ってくる様子を撮ろうと待ち構えたのですが・・・
ここでドジ1発目(^_^;


6.
三井野原の分水嶺を越えた途端に吹雪が待ってました。
立ち位置を迷っている間に・・・もうやって来た!(>_<)
この後、8の油木の民家前に駆けつけ、ぎりぎり間に
合ったと思ってシャッターを押したら・・・無反応。
え~っ、修理したばっかりなのに・・・と思って液晶画面
を見ると「バッテリー切れ」の警告表示。この日、雪を
蹴散らすのを唯一見られた場所だったのにぃ~・・・ドジ
2発目(>_<)(^_^;


7.
一応備後落合まで追いましたが、途中収穫無し。失敗
した民家前に戻って雪を跳ね飛ばさないラッセル車を
待ちます(^_^;


8.
往きはここで結構豪快に雪を跳ね飛ばしていたん
ですが・・・。
でもまぁ元々はこの民家と雪を被った柿を撮るのが
目的でしたから・・・(=^・^=)


9.


実はここの民家前に陣取る際、目の前の川に架かる
橋の積雪が膝附近。そして民家前まで来ると更に
ズボっと填って膝上10cm。この近くにあるとブロ
友さんから教えて頂いた白樺林、諦めました。どう
やらこの季節、カンジキの用意が必要のようです。
出来れば残雪の季節にリベンジしたいですねぇ。

鉄道雪景色・・・白銀の木次線

「警報音で目が覚めますように」と踏切の近くの
路肩に車を駐めて仮眠していたのですが、7時過ぎ
に目覚めた時に真っ先に思ったのが「もしかして
気付かなかったのかも・・・」。
早朝はそれ程雪が降ってなかったようで、窓には
うっすらと雪が積んでいる程度。線路を見に行くと、
列車通過の形跡無し。JRの運行情報には運行遅れ
や運休の恐れ有りとしか出ていません。始発列車が
来るかどうか確かめに出雲横田方面に走っていると
列車に遭遇。慌ててUターンして追いかけます(^_^;

1.
出雲坂根駅手前でようやく追いついて、駐車帯に
車を停めて土手の上を走る列車をパチリ。


2.
出雲坂根駅で停車中の運転士さんから「ラッセル車を
撮りに来たんですか?」と声を掛けて頂いたので「今日
は走りますかねぇ?」「この後、走りますよ」。思わず
「やったぁ!」。でも運行時刻を聞くのを忘れて・・・(^_^;


3.
それにしても、この程度の積雪ではラッセル車を
走らせなくてもキハは走るんですね。それなら
ラッセル車は走らなくても良いようなもんだと
思いますが・・・。
撮り鉄としては勿論走って欲しいですが・・・(^_^;


4.
備後落合駅まで追ってきて、前回記事に書いたように
もう一度「すみません、ラッセル車は何時頃走るので
しょうか」とお尋ねしてようやく分かったのですが・・・。
因みに乗客はお一人だけ。お尋ねすると地元の方で、
「乗車記をツイッターで発信して、乗ってみたいと
思って貰えば・・・」と仰ってました。私もたまには
乗り鉄で貢献しないといけないのですが・・・。
あっ、言い忘れてましたが、吹雪の中を向こうへ
走って行くのは芸備線を三次に向かう列車です。


5.
前回記事2の右手。道路トンネルの先から見た光景。
なるほど、こちら側に人が集まるはずです。でもこの
時はまだそのことに気付いていませんでした(^_^;


6.
横が良いか、縦が良いか・・・(^_^;


7.
油木と三井野原の間にある定番ポイント。どうやら
皆さん、ラッセル車を迎えに行ったようで誰もいま
せん。楽ちん楽ちん(=^・^=)


8.
7の反対側です。どっちも良い眺めですねぇ(*^_^*)


鉄道風景雪景色・・・木次線~芸備線~山陽本線 Index

13日の夜から、入院した広島のおふくろさんの付き
添いに行っていたかみさんを迎えに行ったついで?に
木次線まで足を延ばしてきました。中国山地には大雪
の情報が飛び交っていましたが、一昨年の大晦日に
経験していましたので心の準備だけは万全?(^_^;

1.
雪で交通規制の中国自動車道を走り、木次線出雲坂根駅
に到着したのは午前2時。ひょっとしたらラッセル車が
早朝に走るかもしれない、と午前4時まで八川付近で
頑張ったのですが・・・睡魔に勝てず、あえなく撃沈(^_^;
目が覚めたのは7時。やって来た普通列車を備後落合駅
まで追い、運転士さんにお聞きすると「この列車の後に
木次駅を出たはず」。教えて頂いてありがとうございま
した。それにしても・・・こんなに離れてしまったのは痛い!
だけど嬉しい(^_^;


2.
折り返していく普通列車を追って出雲横田駅まで行く
と、既にラッセル車が待機中。あちらこちらで大勢の
追っかけさんが現れ始めたので、人のいないポイント
を求めて移動開始。ここは・・・道路沿いなのに誰もいま
せんでした。その理由は直後に分かるのですが・・・。


3.
ラッセル車を追って出雲横田へ折り返すか、かみさんを
迎えに行くか・・・。ここはやはり迎えに行くことを優先
しないと、と油木から東広島へ向かったのですが・・・途中
で芸備線沿いの茅葺き屋根の家を撮りたくなって回り道
しての寄り道(^_^;


4.
15日、瀬野八も真っ白に雪化粧。八本松へは40年
以上通ってますが、これほどの積雪に会うのはたぶん
まだ二度目です。いつものポイントへ向かうと地元の
撮り鉄さんと遭遇。最後は西条までお付き合いいただ
きました(=^・^=)


5.
雪の舞う夜汽車を撮るつもりだったのですが・・・晴れて
しまいました。


ご覧のようにあちらこちらでたくさん撮ってきましたので、
これからボチボチと掲載していこうと思います。

瀬野八からスマホで投稿

[image:1]


年越し・・・落とし物

ネタ切れに付き、年末年始に記事から落としたネタを
拾ってきました。落とし物ならぬ、お年玉なら良かっ
たのですが・・・(^_^;

2016/12/18
1.


2.


3.
夕暮れになってカラスの大群が集まってきました。
その数、数百羽。電線にズラリと留まってます。


2016/12/23
4.
虹が架かりました。もう少し前だったらもっとクッキリ
見えていたのですが、その代わり青空はありませんでし
たから、こっちの方が良かったかも・・・(=^・^=)


5.
左端の男の子、なにやら大きな口を開けて歌っている
ようです。お母さんでしょうか、上から覗き込むよう
にしてニコニコ顔です。かみさんが助手席にいると
こんな画が撮れますから・・・(*^_^*)


6.
お気に入りです。電柱やケーブルが目障りだけど、
それでも・・・(=^・^=)


7.


8.
船平山駅傍の踏切通過直前にみぞれが降ってきました。
踏切の明かりに照らされてみぞれが舞ってます(*^_^*)


9.
かみさんも長門峡で撮ってました。この前後の画は
手振れが酷くてからっきしでしたが、これだけは
ドンピシャ。私のよりずっと写りは良かったんだけ
ど・・・支柱に被られてしまいました(^_^;


2017/1/1
10.


11.


12.
この青空が朝から出ていてくれたら・・・(^_^;


これからカミさんを迎えに広島へ出発です。雪に逢える
かも・・・(=^・^=)

※何度も同じような画ばかりでごめんなさい。と言うこと
でコメント欄は閉じさせていただきました<(_ _)>

津和野稲成号2017~9522レ

元日撮影分後編、もう完全に賞味期限切れですが・・・(^_^;
そう言えば、今年はいよいよD51が登場するはずです
が、そうなるとC56は本当に山口線での見納めになる
かもしれません。毎年の年末年始や重連、そしてC57
が不調の際には随分頼もしい存在でした。まだ見納めに
なるのかどうかよく判りませんが・・・『C56160、
長い間ご苦労様でした。本当にありがとう』(*^_^*)

1.
白井トンネルの船平山側出口で9522レ前走のキハを
待機。約1kmあるトンネルの向こう側にSLが現れる
のを待つか・・・。しかしこの画を見て諦めました。レンズ
が・・・役不足!(^_^;


2.
午前中とは打って変わって空は雲一つ無い・・・いや、遠く
にちょっとだけ(^_^;・・・青空が広がりました。迷った末
に返しの1ヶ所目は徳佐S字へ。逆向きを狙いましたが・・・
お一人立っているのを見逃してしまいました。気がついて
いたら、いつものように立っていない時の画を合成用に
撮っておいたのですが・・・(^_^;


3.


4.


5.
お次は名草~三谷間の直線路。夕陽が当たって良い
感じです。


6.
なのに・・・途中で流し撮りに切り替えて「しまった!
HMギラリを撮ればよかった」。


7.
午前中と同じ、田代踏切から篠直へ向かう地点で
お一人居た先客さんの後ろに構えます。
そう言えばここに立っていると、ひっきりなしに
田代サミットへ向かう車が通過。篠直はきっと
大賑わいだったでしょうね。


8.


9.
惜別の思いで見送りますm(_ _)m
JRからは正式の発表が無いようなので、ひょっとしたら
戻ってくるかも・・・。もしそうなら三重連とか・・・(^_^;
それにしても私たちの前を通り過ぎてから蒸気を大噴射。
もうちょっと手前でドレンを切ってくれていたら、あの
中に立てたかも・・・(^_^;


10.
山口市街地へ向かう車の列を見て、追っかけは諦め
前回のナイトフェスティバル号を撮った三谷駅先の
直線で夕暮れを狙います。やっぱり望遠レンズが
役不足ですねぇ(^_^;


11.
先ほどの列車を追って篠目に舞い戻ってしまいました。
駅で交換してきたスーパーおきを撮って「さぁ、広島へ
戻ろう」。


プロフィール

kamisan

Author:kamisan
MyPhotoブログへようこそ!
私(kamisan)とかみさんの
二人で鉄道風景をメインに
あれこれ写真を撮ってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR