FC2ブログ

雪景色~山陰本線から美祢線へ②

山陰本線~美祢線を雪景色を求めて巡った
撮り鉄第2編です。

1.
この日、最初に出会った列車。この谷で本日
初めて吹雪に遭いました。しかも狐さんまで
ご登場・・・(=^・^=)



2.
列車を追って長門二見の海岸へ。いつも国道の
ガードレールをまたいで撮るのですが、本日は
路面が一部凍っていたのと強風で回避(^_^;



3.
宇賀本郷駅からの直線路。



4.
かみさんの撮ったみすゞ潮彩号。雪が舞って
いつも以上に視界不良(^_^;



5.
渋木から追ってきた列車が於福駅で長門行きと
交換。当初はこのまま厚狭まで追っていこうと
思っていたのですが、雪景色に溶け込んでしま
う列車より目立つラッピング列車を選んでしま
いました。
そのまま山陽本線まで追って、石山の雪景色を
俯瞰に行けば良かったと今頃になって後悔です(^_^;



6.
とは言いながら、吹雪の中ではやっぱりこっち
の方が撮り易いですね(*^_^*)



7.



8.
山陰本線まで戻ってくると、もうかなり暗く
なっていました。試してみたかったまだ少し
明るい時間帯でのフラッシュを焚きながらの
流し撮り。ちょっと面白いかも(^_^;



9.
これだけ近いと前方からフラッシュを焚くのは
厳禁ですが、後ろからなら・・・(*^_^*)


スポンサーサイト



白銀の世界~採銅所駅

25日夕、日田彦山線の小倉~田川後藤寺
間が運行されているのを知って仕事帰りに
行ってきました。そこはまさに白一色の銀
世界でした。

1.
ダイヤがかなり乱れているようで、この
トンネル上に立っていると「小倉行きは
??分遅れです」というアナウンスが
聞こえてきます。



2.
右手前の木は桜です。まるで雪の花が
咲いたようでした(*^_^*)



3.
長靴を用意してないかみさんはホーム横の
駐車場で怪しげな雪だるま?を作って遊ん
でました。出来れば目と口くらいは付けて
欲しかったなぁ(^_^;



4.
田川方面行きが30分以上遅れてやって
来ました。物好きな?撮り鉄さんが3~
4人。好きですねぇ・・・って、他人のこと
は言えませんが(^_^;



5.



6.
地元でのこんな雪景色、今度いつ見られるで
しょうか。雪で被害に遭われた方もおられる
ので喜んでばかりはいられませんが、良い
記念になりました(=^・^=)



7.
雪が降りしきっている雰囲気が元の画角では
分かりにくいかなぁ?と思い、思い切って
かなりトリミングしています。



8.



9.
出来れば夕暮れまで居たかったのですが、
「夕飯の支度が遅れるわよ」と鶴の一声で
後ろ髪を引かれながら帰り支度(^_^;


雪景色~山陰本線から美祢線へ①

前記事で師匠と一緒に日田彦山線へ行く予定を
お知らせしていましたが、なんと雪が降り過ぎ
て全線運転見合わせ・・・。急遽山陰本線へ向かう
ことにしたのですが、土日の緊急時連絡担当の
師匠は海峡を渡れず断念。結局、かみさんと二人
で行ってきました。

1.
山陰本線にやってきましたが雪がありません。
あちらこちらを転々としてやっと滝部で雪景色
に会えました。駅まで行って駅員さんに話を
伺うと、小串と長門二見間の強風で一時運行
見合わせがあったのが直前に徐行運転に切り
替わったとのことでしたから、お礼を言って
大急ぎで線路際に直行(=^・^=)



2.
滝部から出た列車を追って犬鳴海岸まで戻って
きました。雪はありませんが、荒れる冬の山陰
の海をカシャ!



3.
湯玉で列車交換したみすゞ潮彩号を追って長門
二見で追いつきました。徐行運転のお陰です。
が、滝部への途中からスピードアップ。この後、
あっという間に置いていかれました(^_^;



4.
日置地区を見下ろす千畳敷近くの道路から俯瞰
するために移動してきましたが、時折激しく
舞う雪のため全く下界が見えない時があるかと
思えば、雪が止んで視界が良くなる、の繰り返し。
そして長門で折り返してきたみすゞ潮彩は・・・
いったいどこにいるんだぁ!(^_^;



5.
次の列車が当てになりそうな美祢線に移動しま
した。何せ運行情報では「美祢線は正常運行」
と出ていましたから(*^_^*)
ところが通過予定時間を10分過ぎてもやって
きません。しびれを切らして移動しようとした
途端、やっと現れました。ただ、この車体色は
背景に溶け込んでしまって・・・(^_^;



6.
↑の列車を追っていると、途中の踏切で停車
しています。1時間も列車が来ないと線路に
かなりの雪が積んでいるようです。その後、
今度は於福駅で交換した列車を追っていると
渋木手前で徐行している列車を発見。



7.
山陰本線に戻ってきました。先ずは黄波戸の
カーブで一発!



8.
そして長門古市先の直線。



9.
最後は久しぶりに宇賀本郷駅近くの踏切で
舞い落ちる雪のフラッシュ撮影



10.
本日(25日)の夕方、日田彦山線の小倉~
田川後藤寺間は遅延や一部運休はあるものの
運行されているとの情報を得て、仕事帰りに
大回り道して採銅所駅に行ってきました(^_^;
その模様はまた次回お届けしますが、取り
敢えず現地の模様を1枚だけ。そこはまさに
銀世界でした。近隣でこんな雪景色は本当に
久しぶりです。北九州市街地は1cmくらい
しか積もってないのに・・・(^_^;
トンネル上では長靴がすっぽり雪に埋まりま
したので、たぶん40cmくらい。駅のホーム
周辺でも20cmは積もっていたでしょうか。


回顧?懐古?・・・牧が野Z2009

ネタ切れの穴埋め記事です<(_ _)>(^_^;

本格的に撮り鉄を始めた2009年、押し
かけ弟子として初めて師匠(タブレットさん)
に連れて行っていただいた俯瞰撮影地がこの
山口線の通称「牧が野Z」。その後、一度も
行ってないのですが、師匠が昨秋の牧が野Z
の写真をアップしておられたのを見て、或る
事情で伏せていた写真と当時ファン限定で
アップしていた写真を併せて再掲することに
しました。

1.
2009年10月18日、美祢線で石灰石を
運んでいた貨物列車が廃止されることになり、
初めて廃止される列車を撮りに行きました。
そこで落ち合った師匠から「ちょっときつい
けど行ってみる?」と誘われたのが牧が野Z
でした。



2.
師匠に連れられて麓のお宅に山にお邪魔する
挨拶に伺った後、ひょいひょいと身軽に登っ
ていく師匠の後を我が身に付いた余分な肉と
脂肪を恨めしく思いつつヒィヒィ言いながら
付いていきます(^_^;
おぼろげな記憶ですが、途中で「後ろを振り
返らないで」と言われたような・・・。ここまで
登ってきて、振り返った時にこの眺めを見て
その言葉の意味がよ~く解りました(=^・^=)



3.
写真の出来は全くの不出来ですが、当時喜々
として写真をアップしたら「無闇に牧が野の
俯瞰写真をアップするな」と書き込みがあり
ましたので写真を一部削除した上でちょっと
した論争をしたのですが、相手の方が匿名で
の書き込みで、しかも途中で書き込みをいき
なり全削除して梯子を外されたような宙ぶら
りんな結末に・・・。
それで今回「え~い、全部出しちゃえ」と
なりました(^_^;



4.



5.



6.



7.



8.



9.
今はSL茶屋を運営されているSL応援団の方で
俯瞰撮影地の入山許可証を発行されているとのこと
ですから、許可証を貰って虫や蛇の少ない時季に
もう一度行きたいと思ってますが、体重を減らさ
ないと・・・(^_^;



明日は大雪の予報が大々的に出てますね。この数年、
北九州でも積雪の予報が出ては外れています。雪は
期待半分ですが、電話番の師匠を無理矢理誘って、
いつでも帰宅可能な日田彦山線に行くことになりま
した。
雪は欲しいけどどうか大雪で列車が運休になりませ
んように・・・m(_ _)m<(_ _)>(^_^;

と申し上げていたら、何と「日田彦山線は全線運転
見合わせ」との運行情報。師匠からも朝一番に「日田
彦山線なら緊急時に急いで帰れると思ったんだけど・・・」
と運転見合わせでご自分の撮影も見合わせにするとの
ご連絡。そこで運行確率の高そうな山陰本線へ転進し
てきました(^_^;

冬の夜汽車~採銅所駅へ

19日の朝起きて一番に見たのは窓の外。
でも・・・がっかり。ちっとも積もっていま
せん。裏の皿倉山の山頂も拍子抜けする
ほど・・・。もちろん雪のことです(^_^;
「なぁんだ、テレビの天気予報はオーバー
だなぁ」。ボヤキながら取り敢えずネット
の交通情報のライブカメラを覗いてみると
・・・徳佐は吹雪の中。行きたぁ~い!。
だけど仕事で行けません(^_^;
もやもやしながら寒風吹きすさぶ中での
現場作業を終えて夕飯を食べ終わった後
にブロ友さんの写真を拝見すると、日田
彦山線や瑠璃光寺の雪景色が・・・。途端に
むずむずしてきて、目眩を心配するかみ
さんを後に「ちょっと採銅所まで・・・」と
カメラを持って飛び出していました(^_^;

1.
何とか雪が残っていてくれ、と念じながら
走っていると金辺峠辺りで道路上に積雪。
スタッドレスタイヤを履いているお陰で
採銅所駅への登り坂も難なくクリア。
ホームには上りの列車が下り列車の到着を
待っていました。



2.
下り列車がなかなか来ません。「そうだ、
トンネルの上に行ってみよう」。行って
みると綺麗に踏み跡が出来ています。
どなたか、ここから撮っていたようです(=^・^=)



3.



4.



5.
結局、撮影中に雪が降らなかった腹いせ?に
足下の雪を握り空に向けてパァ~っと撒いて
フラッシュを焚いてパチリ!(^_^;



6.



7.



8.
10時12分の上り列車がなかなか来ません。
かなり遅れているようです。諦めて帰る途中で
雪がちらちら。こんな誘惑にはからっきし弱い
私としては、石原駅近くの田んぼで結局11時
近くまで待ってやっとゲット。でも雪はさらに
ちらほら・・・。と言うことで念のために申し上げ
ておきますと、ちらほら見える白いものは星では
ありません。フラッシュで光った小さな小さな
雪の粒です(^_^;



※念のために申し上げておきますと、フラッシュ
を焚く時は運転士さんが眩しく感じないようライト
は斜め上に向けています。内蔵フラッシュの時は
手をフラッシュの下に差し入れて水平方向が隠れ
るようにしています。
まぁ最後の写真くらい離れていればさほど気に
しなくても良いと思いますが、その代わり手前
のものだけがやけに明るく写って遠くは真っ暗
という不自然な写真になることを防ぐ狙いもあり
ますから・・・。今回も7枚目の写真を撮った後に
普通にフラッシュを焚いてみたら、手前の田んぼ
だけがやけに真っ白で線路付近は真っ暗な何とも
へんてこりんな写真になってしまいました(^_^;

9.
2010年、春の採銅所駅
遠来のブロ友さんと春爛漫の、そして桜満開の
採銅所駅でご一緒した時の写真です。私の短い
写真歴の中でも最高の春景色のひとつです(=^・^=)


お正月の残り物

新しいネタを仕入れられないままになって
いますので、正月の残り物です<(_ _)>(^_^;

1.
その昔?瀬野八の後補機が八本松駅手前で
走行解放をしていた辺りです。かみさんが
買い物をしている間に店舗屋上駐車場から
撮ってみましたが、壁が高くて撮り難い(^_^;



2.
先月末に撮った時にまだ枝に鈴なりだった
残り柿。番堂原第4踏切に寄った際に気に
なって覗いてみると・・・まだ鈴なりのまんま。



3.
元旦の早朝、山口線の1番列車は撮り逃がし
ましたが何とか2番列車を・・・(^_^;



4.
霧が濃いですね。去っていく2番列車の
テールランプが赤く滲んでます。



5.
本来なら初日の出の時間なのですが・・・。



6.
雲が徐々に晴れてきて山並みが見え始めた
一瞬、朝日がモヤッ?と顔も出しました。
しかしシャッターを押す直前にまた雲隠れ(>_<




7.
篠目までキハを追ってきましたが、ここも
靄が広がっていました。でもだいぶ地表から
上がってきました。



8.
滴に映る列車を期待して試してみましたが・・・
やっぱりマクロレンズじゃないと像が小さい
ですね。しかも足下不安定で手振れが・・・(^_^;



9.
この景色に雪が欲しかった・・・。



10.
汽車はゆっくり走ってるんですが、動感を
出したくてカメラをブン!と振り回し(^_^;
ところでここは8枚目を撮ったところとは
線路を挟んで向かい側です。出来ればこんな
姿を滴に映してみたいのですが・・・(=^・^=)


初春に・・・

先週の後半に持病の目眩が出て寝込んだので
連休は禁足令?の筈でしたが、土曜日に少し
良くなったので「熊本の青ガエルが2月14日
にお終いなんだって・・・。それに日曜日しか
走らないんだって」と言った途端にかみさん
から「交通費が嵩んでるんだから・・・」。
と言うことで、近く?の白野江植物公園に
行ってきました(^_^;

1.
望遠レンズを修理したはずなのに何故か
モヤッとした写り。原因はレンズではなく
カメラか、それとも腕か・・・(^_^;
それはそれとして、冬空に冬ザクラ(*^_^*)



2.
暗い雑木林を背景にロウバイが光っていま
した。まだ蕾も多くてまだこれからですね。
木の下に行くと花の香りがほのかに漂って
きました(=^・^=)



3.



4.
早咲きの寒桜もちらほら。その僅かに咲いて
いる花にも時折メジロがやってきます。



5.



6.



7.



8.
あら!見てたのね(^_^;



9.
スイセンもここではまだまだ。それに梅は
まだ1,2輪。ところが例年ならまだ綺麗な
サザンカはもう終わりがけ。やはり例年とは
ちょっと様子が違うようです。



10.



今し方、道路交通情報のライブカメラを見ると
徳佐は雪景色でした。この雪、日曜日まで残って
くれないかなぁ・・・(^_^;

SL津和野稲成号2016’~走れC56

山口線での走りはこれで最後と噂されるC56。
D51復活はとっても嬉しいのですが、それに
伴って去るとなると、ちょっと複雑な気分です。
これが山口線でのラストランになるのかなぁ・・・。

1.
篠目駅発車の際の噴煙が藪の上からも見えるほど。
でも踏切付近には年末にも劣らないほどのカメラ
の列が出来ていました。それを避けてこんな隙間
からちょっとお邪魔(^_^;



2.



3.
返しは徳佐の田んぼから。



4.



5.



6.



7.


SL津和野稲成号2016’~C56駆け抜ける

元日の朝、9521レの初っ端をどこで撮ろう
か、と迷った挙げ句、木戸山峠を下るのを止め
て結局いつもの篠直の逆向きへ(^_^;

1.
前々回の記事でご紹介した、逆篠からエンヤラ
コンヤラ駆け上ってきたC56頭上の煙、どうも
しぼんでしまいそう・・・(T_T)



2.
と思ったらまた煙を上げ始めました。



3.
スピードが上がってきて煙が後方へ流れます。
こうなるとやけに白煙ばかりが目立ってしまい
ますね。



4.
この逆光を嫌われるのと、下り坂で煙が出ない
と思ってらっしゃるのでしょうね。毎度ここは
私にとってはのんびり実験的撮影ができる絶好
のポイントです。如何に逆光を生かす工夫が
出来るか、それが問題ですが・・・(^_^;



5.



篠目を出てから追いかけましたが、中途半端な
撮影ばかり。地福で稲成号が停まったところで
心機一転?、一気に船平山を目指します。

6.
先ほどの篠直は直線距離で約500m、この
徳佐~船平山の間の直線距離は約1.5km。
気温が上がったせいもあり、霞と陽炎でピント
が合わず・・・(>_<

ただし、ここから見ていても煙は相当出ている
ようです。最後まで保ってくれるか・・・。



7.
酷い写りですねぇ。腕の未熟と目の悪さを痛感
する羽目に・・・(^_^;
ところで煙は・・・段々としぼんできました。



8.
全くのスカ!。普段「煙は気にしない」と言って
ますが・・・(^_^;
それにしても、こんなに薄いのも珍しい・・・。



9.
滴が・・・



10.


新年のご挨拶のお礼m(_ _)m

新年のご挨拶をたくさん頂きまして真に
ありがとうございますm(_ _)m
大変遅くなりましたがご返礼を差し上げて
いたところ、用事で中断してまた遅くなり
そうですので、お断りのご挨拶です。
真に申し訳ありません。
用事を済ませてからご挨拶にお伺いさせて
戴きますので、よろしくお願いいたします。



プロフィール

kamisan

Author:kamisan
MyPhotoブログへようこそ!
私(kamisan)とかみさんの
二人で鉄道風景をメインに
あれこれ写真を撮ってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR