FC2ブログ

迎春~あけましておめでとうございますm(_ _)m

新年、あけましておめでとうございます。

いつも当ブログをご訪問頂いてありがとう
ございます<(_ _)>
この記事をアップした頃には山口線に向か
っていますので、運がよければ初日の出を
お届けできるはずなのですが・・・(^_^;

1.
2011年1月1日、大雪の元旦でした。
これまでで一番のC56との想い出です。
モノクロの世界に真っ赤な賀正のHM。
そしてその時のお題は「鉄道員」(ぽっぽや)



2.
2010年1月1日
まだ正式発表はないようですが、C56に
とっては山口線最後のシーズンと言われて
ますね。C56の写真を今年の年賀状に
使おうと決めてから集めた写真を並べて
みました。「ありがとう、C56」(=^・^=)



3.
2011年1月1日



4.
2013年12月21日



5.
2013年12月21日


スポンサーサイト



SLナイトフェスティバル地福号~釜の火

以前から、機会があればと狙っていた並走中
の投炭の様子、ちょっとだけそれらしい画が
撮れていましたのでお届けします。

1.
地福を出発後、国道沿いに出てきました。



2.
珍しく列車の前後に車はいないし、国道沿線に
撮影者も見当たりません。横付けのチャンス!
ですが、釜に石炭をくべてくれないことには
どうにもなりません(^_^;



3.
正面を向いている私の目の端に赤い炎のような
ものが映りました。思わずかみさんに「たぶん
投炭してるはずだから連写して!」



4.
釜の蓋の穴から漏れる火?



5.
これは何度見ても何なのかよく分かりません。



6.
投炭の瞬間?



7.
たぶん釜の蓋のチェーンを掴んで、蓋を持ち
上げようとしているところ?



8.
たぶんスコップの柄じゃないかなぁ、と思って
るんですが・・・(^_^;



9.
スコップを奥の方にググッと突っ込んでる?



10.
こうしてみるとやっぱり石炭をくべたからと
言ってそうそう煙は出てくれないようですね。
引退間近と言われるC56、山口線でのラスト
ランかもしれない2016年の正月は何処で
最後の姿を見送りましょうか・・・。



11.
そして何事もなかったかのように鍋倉へと・・・


SLナイトフェスティバル地福号~メリークリスマス*^_^*

クリスマスナイトフェスティバルの夜汽車に
今年も挑戦して敢えなく完敗・・・(>_<

失敗ばかりでしたが、ご用とお急ぎでない方
はよろしかったらちょっとだけ・・・<(_ _)>(^_^;

1.
転車台に載って90度回転。待避場所に移動
している間にご贔屓の源氏巻きを買いに向か
います(=^・^=)



2.
完全に日が暮れてみなさん、バルブ撮影を
されておられるようですが、どうも・・・苦手
です。高感度に切り替えて1/20で済ま
せます(^_^;



3.
こっちは1/4。



4.
かみさんと弟家族を地福のフェスティバル
会場に送り届けてから徳佐駅にUターン。
試し撮りをしようと思っていた普通列車に
間一髪間に合わず(>_<




5.
AEロックは何とか上手くいったのですが・・・
結局、AFがヘッドライトに幻惑されて暴走(>_<




6.
徳佐駅構内の様子です。ほのぼのですねぇ(*^_^*)



7.
ナイトフェスティバルのツインクリスマスツリー。



8.
会場のバザーも8時で終了。かみさんがカレーと
うどんを頼んでおいてくれてぎりぎりセーフ(^_^;
これがまた美味しくて、弟の家族からも「来年も
ここに連れてきて」。活動費の寄付とカレンダー
の購入をしてから「さぁ~て、集合写真を撮って
出発しようか」。と、そこへ空から雪が・・・と言う
のは嘘です(^_^;
フラッシュの光がなるべく下半分に届かないよう
にレンズとフラッシュの間に手をかざして、上空
だけに光が当たるようにして雨を輝かせました。
これ、中井精也流(*^_^*)



9.
SS1/20で撮る予定だったのに、先の集合
写真でSS1/125にしていたことを忘れて
画像は真っ暗け。また1年、後悔し続けること
になってしまいました・・・(^_^;



10.
幼児がいるので篠目駅のバルブは諦めて帰途に
つきます。と言いながら木戸山峠を下ってきて
時計を見ると「あっ、列車より早い」。結局、
宮野~山口間で最後にもう一発。酷い出来です
が、記念の一枚(^_^;


SLナイトフェスティバル地福号~暗くなるまで

2015年の第22回クリスマスナイトフェス
ティバルに協賛して今年も夜汽車が走りました。
今年こそは、と手ぐすね引いていたのですが・・・
ものの見事に返り討ち(^_^;
取り敢えず昼間編からお届けです。

1.
雨模様の天気に「子供たちを立たせての撮影は
無理かなぁ」と現地に到着してみると、先日ほど
ではありませんでしたが結構な人出。予定は変更
です・・・(>_<

でも煙は相変わらず。同行した弟の家族は大満足(*^_^*)



2.
かみさんには「後追いは撮らなくて良いから子供
たちと一緒に手を振って」と頼んでいたはずでし
たが、結局この直前までカメラを構えたまま・・・。
ちゃんと伝わってなかった・・・(^_^;



3.
地福でナイトフェスティバルに参加するお客さん
を降ろしたあと、SLは津和野へ。



4.
珍しく国道を並走する車がいません。機関車横を
独り占めして釜の火を狙います。その模様はまた
後日(^_^;



5.



6.
十種ケ峰は・・・雲の中(>_<




7.
転車台へ向かう前、スイッチバック? ドレンに
包まれて「バックオーライ」(^_^;



8.
う~ん、横を通る時、主役より目立ってる(^_^;



9.
「さぁ~て、ぼちぼち転車台に向かおうか」と
子供たちに声をかけるとスヤスヤzzzz・・・(^_^;


SLクリスマス号~煙たなびいて・・・

※23日のクリスマスフェスティバルのSL
の発着時刻が判りましたのでお知らせします。

新山口 14:38発
大歳  14:47着 14:51発
山口  14:59着 15:00発
仁保  15:15着 15:20発
篠目  15:41着 15:43発
地福  16:02着 16:05発
津和野 16:28着 19:08発
地福  19:37着 20:16発
篠目  20:37着 20:41発
山口  21:04着 22:00発
新山口 22:16着

昨年は津和野から地福への回送途中に徳佐で
普通列車との交換停車がありましたが、今年
は地福での交換になってしまいました。でも
元々走っている夜汽車の撮影が目的ですから、
今年もどうやら徳佐駅で撮影することになり
そうですねぇ(*^_^*)
もう1カ所は道の駅長門峡の前の街灯が頼り
になりそうです(=^・^=)

☆本編記事に戻ります。
津和野からの返し、今度はたなびく煙を求め
ての追っかけです。

1.
返しの初発は鳴滝から。ここに来たのは初めて
なので線路際にも行ってみたかったのですが、
続々とやってくる撮り鉄さんたちを見て「まぁ
いいかぁ・・・」(^_^;



2.



3.
十種ケ峰を仰ぎ見るマイ定番ポイント。私は
撮り損ないましたが、かみさんがきっちり確保(^_^;



4.



5.
追っている途中、国道工事で片側交互通行。
がっくりしている横をやまぐち号が通過。
その時の煙をかみさんが運転席越しにパチリ!
画は酷いですが、煙が面白い?(^_^;



6.
阿武川第二橋梁をSLが渡ってきました。



7.
初冬の残照がSLの顔に当たります。かみ
さん、何故か釜の顔が全部写っている方より
こっちを選びました。う~ん、何となく分か
らなくもないような・・・(^_^;



8.



9.



10.



ニコンからレンズの修理が出来たとの連絡が
あり、これで望遠レンズが使えるようになっ
たのですが、天気が・・・(-_-)

SLクリスマス号~煙の贈り物

普段なかなか煙を求めて撮っていませんので、
どんな風に撮れば、それに何処に立てば格好
良い煙を撮れるのかよく分かっていませんが、
取り敢えずいつもの自己流で・・・<(_ _)>(^_^;

1.
早朝の雨も上がり、青空が広がってきました。
篠目駅傍の踏切付近にはカメラの砲列。昨年
撮った場所からでは皆さん写ってしまいます。
さて何処から撮りましょうか・・・。



2.
何とか人が隠れる位置を見つけて待機。現れた
C56は煙を濛々と高く吹き上げてます。
ずらり並んだ撮り鉄さんたち、きっとニッコリ
でしょうね(=^・^=)



3.
スピードが上がるに従って煙が後ろになびいて
きます。青空に黒と赤の車体と煙が映えます(=^・^=)



4.
先ほどまでより煙が薄くなりましたが、それ
でも最近のこことしては破格の煙です。機関士
さんもあれだけの人をガッカリさせるのは忍び
なかったのでしょうけど、ここにいたのはかみ
さん一人だけ。逆光が嫌われたのでしょうけど、
お陰での~んびり煙を独り占め(=^・^=)



5.



6.
撮り鉄さんで溢れかえる徳佐S字を通り過ぎ、
目指すは船平山駅近くの水戸踏切。
約1.5km先のS字から現れるSLをのんびり
待ちます。徳佐駅発車の汽笛が聞こえて立ち
位置に向かうと追っかけさん登場。かみさんの
立ち位置が邪魔にならないか尋ねてから全員
SLの登場を待ちます。そして現れたSLは
濛々と噴き上げる煙を従えてまさに煙まみれ(=^・^=)
因みに、1.5kmも先なのに気温が低くて
曇りでほとんど陽炎が見られません。やっぱり
望遠が欲しい!(^_^;



7.
かみさんは「ちょっと怖いから」と踏切の脇
から撮影。一番長い300mmズームを修理
に出しているので古い200mmを使ったの
ですが・・・何故か72mmで撮ってました。
「夢中で撮っていて気がつかなかったわぁ」(^_^;



8.
私は追っかけさんと正面から。でも70mm
じゃやっぱり役不足ですね。煙の迫力が伝わ
りません(>_<

望遠の修理「年内いっぱいには・・・」と言って
たけど、明日までに出来ないかなぁ・・・(^_^;



9.
これだけ近いとさすがに迫力があります。
ましてや見上げる位置ですから・・・(=^・^=)



この煙を撮ってからの感想は「徳佐のたんぼ
の真ん中から煙をたなびかせて走る姿を見た
かったなぁ・・・」と二人とも同じ感想(^_^;
次回は二手に分かれることにしたのですが、
さてどっちが田んぼの真ん中に行けるのか・・・
じゃんけんでもしますか(^_^;

SLクリスマス号~山口線 ダイジェスト

12月19日、山口線をSLクリスマス号が
走りました。その追っかけの模様を取り敢えず
ダイジェストでお届けします。

1.
19日早朝に徳佐の朝霧を撮ろうと前夜から
寝袋を積んで出かけます。早朝に起きられれ
ば、高速道路を使って2時間で行けるのです
が・・・。歳を重ねて若い頃よりは若干早起きに
なりましたが、それでも世間一般より早くは
ありません(^_^;
道中に夜汽車を一本。10時近くでしたが、
宇部に向かう電車はかなりの乗車率でした。



2.
宇津根踏切の警報音で目が覚めましたが、早朝
の1番列車は真っ暗でしかも濃い霧。諦めて
2番列車を待っている内に二度寝(^_^;
結局、徳佐では撮り損なったので追いかけて
三谷付近で撮りましたが、どうも天気模様が
怪しい気配。日の出近くなのに青空が見えま
せん。霧と言うよりどうも雨雲の中にいる感じ
で、小雨が降ってきました。



3.
一旦篠目まで行きましたが、今度は津和野に
向かう下り列車のお尻を追って徳佐のSL撮影
予定地へ引き返します。ここは船平山駅近くの
直線路終点の踏切横。スーパーおきを相手に
SL撮影のシミュレーションです。
それにしてもようやく青空が広がってくれま
したが、やけに雲が多くてしょっちゅう陽射し
が途切れます。こんな時って・・・(^_^;



4.
SL撮影起点の篠目に戻ってみると・・・凄い人出
になっていました。しかも続々とまだ集結中。
前回記事でご紹介した踏切横にはズラリと人と
車が並んでいて、とても合成で消すなんて出来
そうにありません(^_^;
ただ、この人出のお陰なのかどうか、最近では
あまり見かけなくなっていた篠目駅下り発車時
の爆煙が一気に復活です(*^_^*)



5.
3のポイントへ向かう途中、徳佐S字横を通る
とこれまた凄い人出。心配しながら3のポイント
に到着すると誰もいません。それから約20分、
のんびり待っていると遠くに徳佐駅発車の汽笛
が聞こえてきて・・・突如追っかけさん登場(^_^;



6.
午後の返しは最近気になっていた鳴滝へ。踏切
やお墓傍にはたくさん陣取っていますが、横から
撮りたい私たちは下の道路で待機。再三、雲が
動いて陽射しに一喜一憂しながら待っていると
・・・どっちつかずの中途半端な陽射し(^_^;



7.
いつもの十種ケ峰を仰ぎ見る徳佐の田んぼに
向かうと、ちょうど汽車が船平山駅方向から
現れました。車を駐めてカメラを掴んで・・・
あっ、フットブレーキを踏んでなかった!
慌ててギアをパーキングに入れて、ブレーキ
を、あっ、ウィンドーも・・・とモタモタして
いる間に汽車は走り去ってしまい、結局撮影
出来たのはかみさんだけ。この後、追いつい
たのはこの阿武川第2橋梁。今にも山の端に
沈もうとする夕日がかろうじて鉄橋を渡るC
56のヘッドに当たってくれました。



8.
山口市街地まで追いかけるかどうか迷った
挙げ句に「今日はのんびり引き揚げよう」と
なって篠目駅で最後の見送り。の筈でした
が・・・(^_^;



9.
木戸山峠を下りてきて信号待ちしていると
ボォ~っと汽笛の音。ひょっとしたら大歳駅
の発車に間に合うかも、とその気になって
しまいましたが、湯田付近で相変わらずの
大渋滞。再度諦めて走っていると今度は大歳
駅発車の汽笛。罪作り?な汽笛・・・と勝手な
独り言(^_^;
結局、朝田の交差点で信号待ちの間に横を
走り抜けていきました。そして未練がましく
新山口駅車両基地横へ。夜の操車場?って
わくわくします(=^・^=)


SLナイトフェスティバル地福号・・・もう一度<(_ _)>

新ネタがありませんので、昨年のSLナイト
フェスティバル地福号の写真を種に重箱の隅
をほじくってネタを作りました<(_ _)>
と言っても旧ネタをもう一度リサイクルした
だけなのですが・・・(^_^;

※フェスティバルの詳しい情報はこちら↓


クリスマスナイトフェスティバル実行委員会公式ブログ
http://blog.goo.ne.jp/bigtree1994

JRお出かけネット
http://guide.jr-odekake.net/event/29723

1.
昨年頂いたコメントに「撮り鉄さんと車は要ら
ないなぁ・・・」という批評がありましたので、
1年ぶりに消してみました(^_^;



2.
↑の画のオリジナルです。
尚、今年は弟の家族が同行してくれることになり
ましたので、晴れていれば今年もここで狙おうと
思ってます。ただ・・・自前のモデルが出来たのは
良いのですが、人数が多すぎるかも(^_^;



3.
昨年、2の写真とどちらを使おうか散々迷った
画です。ついでにアップしてみました。
因みに4.5.6.の写真を使って合成&レタッチ
しています。



4.



5.



6.



7.
ここは田代踏切です。踏切の照明以外、辺りには
何もないまさに漆黒の闇。晴れていて冬の夜空が
あまりに美しかったので手持ちで撮影してみまし
たが、シャッタースピードはこれが限界で折角の
満点の星空はほとんど写っていませんでした。
三脚使いに慣れないといけないのですが・・・(^_^;



8.
踏切の僅かな明かりを頼りに、かみさんと二人で
踏切を挟んで夜汽車にトライしてみましたが・・・。
因みにこっちがかみさんです(^_^;



9.
こんなしょうもない駄作を最後までご覧頂いて、
真にありがとうございます<(_ _)>(^_^;



ところで19日、20日にSLクリスマス号も
走りますね。23日の天気予報は気温が上がる
上に雨模様・・・。でも18日は雪の気配・・・の筈
でしたが、ライブカメラを見ると朝方うっすら
積もっていた雪は夕方にはすっかり消えてしま
い・・・(>_<

と言うことで最後の望みは十種ケ峰山頂の雪。
19日は晴れの予報ですから、山頂に雪が残っ
ていれば青空に映えるのですが・・・。

秋の終わりに・・・福田の里

随分と旬を外してしまいましたが、12月6日に
初冬の福田の里で秋の名残を惜しんできました。

1.
広島色キハが3両・・・。まだまだ頑張って欲しい
ですねぇ。



2.
なにわ牽引に向かっているようですね。



3.
下関に向かっているなにわのお迎えか、それ
とも・・・。



4.
EF66が来ないかなぁ、と思っていたら
紛らわしい色のEF200が・・・(^_^;



5.
トワイライトEXPがやって来ました。お化粧を
直したEF65が牽いてますね。そう言えば
EF81って山陽本線を走られない?(^_^;



6.
本日の主役はこのイチョウの木ですね。もう
少し早く来ていれば・・・と思うと残念ですね(^_^;



7.



8.


若宮盆地で新幹線

11月28日の仕事帰りと12月5日のひと
仕事前に、秋の気配がちょっぴり残る宮若市
の若宮盆地で新幹線を撮ってきました。

11月28日
1.
定番の犬鳴トンネル入り口横には先客。トン
ネル上の竹林から隙間を狙って・・・(^_^;



2.
かみさんは縦構図で・・・。



3.
車に引き揚げる途中、イチョウの黄葉に惹かれ
て県道からカシャ。でも電線やケーブルの多い
こと・・・(^_^;



4.
この時間帯に確か500系が・・・と清水寺横の
俯瞰撮影ポイントへ。夕方5時を廻ったばかり
でしたが、曇り空でかなりの暗さ。ところが
上手い具合に交換相手のヘッドライトでギラリ!(^_^)v



12月5日
5.
せっかく早起きして雲海を見ようとやって
来ましたが・・・曇り空で気温も高く、全く気配
無し。あ~あっ(-_-)
ならば秋は、と・・・時折雲間から射し込む光に
色付いたイチョウが輝いてちょっとだけ(^_^;



6.



7.
早朝の上り500系EVAには間に合いません
でしたが、9時過ぎの下り500系がやって
来ました。うん、やっぱり500系は画になり
ます(*^_^*)



8.
二番煎じですが、500系がよく見えるように
トリミングしてみました(^_^;



9.
500系がチラッ、秋の光景もチラッと・・・(^_^;


プロフィール

kamisan

Author:kamisan
MyPhotoブログへようこそ!
私(kamisan)とかみさんの
二人で鉄道風景をメインに
あれこれ写真を撮ってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR