FC2ブログ

春爛漫~ぐるっと筑豊路

3月28日午前中の仕事を終えて、遠賀川土手で
寄り道した後、田川経由で崎山へ。菜の花は満開、
桜もチラホラと咲き始めていて蕾は今にもはちきれ
そうです。今日にも5分咲き・・・とまではいきま
せんでしたが、木によってはもう6分咲きくらい
の桜もあって春の景色が一気に華やいできました。

1.筑豊電鉄 楠橋~木屋瀬



2.



3.平成筑豊鉄道 あかぢ~直方御殿口



4.



5.



6.同 中泉~市場



7.同 崎山~犀川



8.



9.



さて、時間が出来ましたので485系をちょこっと
だけと、たっぷりの時間待ちの間に流し撮りの練習
をしてきました。そのご報告はまた後日<(_ _)>
スポンサーサイト



春暖・・・瀬野八~山口~宇部Vol.2

春の瀬野八・・・考えてみるとこの時期に広島
へ撮り鉄に行ったことって無かったですね。
道理で初めて見た光景だったわけです(^_^;

1.
この赤い後補機EF67の通過頻度がかなり
下がっているようですね。元気に走っている
間に何とか列車全長を瀬野八で捉えたいもの
ですが・・・。



2.
カメラを構え直す間が無いので、そのまま手に
提げて立ったまま地面に近づけてカシャ!(^_^;



3.



4.
後補機なんだか牽引機なんだか・・・(^_^;



5.



6.



7.



8.



9.


春暖・・・瀬野八~山口~宇部Vol.1

「水ぬるむ春」「三寒四温」「春暖の候」等々
春がいよいよ本格的になって来ました。

昨年末から掛かりっきりの仕事にやっと目鼻
がついて、これでしばらくはゆっくり・・・と
なるはずでしたが、結局その間にまたもや
仕事が溜まってしまい・・・(+_+)(^_^;

ただ、先日の週末に広島のおふくろさんを
送って広島まで行く用が出来ましたので、
翌朝は瀬野八で撮り鉄。帰りはせっかく?
の通り道ですから山口線と宇部線に寄り道
してきました。

1.瀬野八
夜明け前に到着するはずでしたが30分遅刻。
それでも日の出まではもう少し時間あり(^_^;
そして線路際に立った途端、番堂原第4踏切
から聞こえてきた警報音にカメラを構えて
待っていると現れたのはゼロロク。かみさん
は昨年撮影していますが、私はその時移動中
で逢えませんでしたので瀬野八で5年ぶりの
遭遇です(=^・^=)



2.
この付近の線路傍の藪がきれいに伐採されて
いました。お蔭で梅の木や線路ががすっきり
見えます。撮るなら今の内?(*^_^*)



3.
背後の崖上から見下ろしてみました。こんな
光景、あったんですね。雑草が伸びてくる前
で本当に良いタイミングでした(*^_^*)



4.
カミさんにここに立ってもらいました。初の
撮影です。気温が上がっていた割にはそれほど
陽炎が立つこともなく良い眺めだったようです。
ただ、何時もならもう少し煙があるはずだった
んですが・・・(^_^;



5.
名草S字下の梅の木の周りにはカメラマンが
ズラリ。そこを避けて横方向から。



6.



7.
小郡インター横。途中の渋滞で間に合わないか
と思っていたら5分前に到着。ただし、C57
は目の前をこれまで見たことのないような猛
スピードで駆け抜けていきました。
勝手に推定するところでは80㎞/hくらい?。
普段がのんびり走っている姿しか見ていません
ので余計に早く感じたんでしょうね(^_^;



8.
小野田線の夕暮れ列車に間に合うようにと小郡
から直行しましたが・・・5分遅刻。しかも干潮
で一面の干潟。慌てて宇部線に移動して何とか
1枚!(^_^;


冬の忘れ物~白い想い出2

冬、雪が降るとそわそわ。撮り鉄を始める前は
「豊田湖にワカサギ釣りに行かなくっちゃ」だった
のですが、最近はさっぱり行かなくなってしまい
ました。
冷凍のワカサギと違い、釣って間もなしのワカサギ
の美味しさは格別です。久しぶりに行きたいけど・・・
シーズン、終了してしまいました(^_^;

1.
青空はありませんでしたが、白く綿帽子を被った
十種ヶ峰と白い絨毯を敷き詰めた徳佐の雪景色の
中を走るSLを見るのは・・・ひょっとしたら初めて
かも!(=^・^=)



2.
踏切横の農道にカメラマンがズラリ。なるべくその
人たちが目立たないようにと思って構えていたら
後方から目線を感じます。「しまった!誰か坂の上
から名草S字の俯瞰を狙っているかも・・・」。慌てて
移動している間にもうSLがやってきてしまいました(^_^;



3.
う~ん、面白いような面白くないような・・・。狙って
いた画ではありませんが、何となく・・・(^_^;



4.
徳佐S字で闇夜の夜汽車を狙おうと走っていると、
徳佐駅を発車するキハに遭遇。雪が舞っていたら
上空に向けてフラッシュを焚いてみたいところで
したが・・・残念!



5.
2月1日、忙しいさなかに山口線沿線の降雪情報!。
そわそわして落ち着かないまま中途半端に仕事を
しても・・・と勝手な理由を付けて山口線に午前中の
とんぼ返り。仕事は停滞してしまいましたが気分
はすっきり(^_^;



6.
2月にお届けした時の画と似たり寄ったりですが、
こちらの方が広角レンズを使った分、広く雪景色
を切り取れました。特に右側の立木のほぼ全体が
収まったのが私のお気に入りになりました。
以来、うちのパソコンの壁紙です(=^・^=)



7.
もう一台のカメラで流し撮り。不出来ですがこんな
明るい雰囲気に撮れたのは久しぶりです(*^_^*)



8.
こちらも以前掲載した画よりやや広角であることと
列車の位置が違う程度です。昨年はこのポイントに
拘って随分通いましたが・・・今年もまた通いそう(^_^;


冬の忘れ物~白い想い出1

もう季節外れになってしまいましたが、この冬の
名残りにもう一度雪景色をお届けします。
と言ってもほとんどが以前記事にした写真のコマ
違いや忘れていた画ばかり。御用とお急ぎでない
お方に、ちょっと覗いて頂ければと・・・(^_^;

1.
線路に近づこうとする私を尻目に「ここで降ろして」
とカミさん。こんな画を狙っていたんだぁ・・・と
やっと気が付きました(^_^;
尚、大変分かりにくいですが、一応スーパーおきが
走っています(^_^;



2.
以前アップした時に好評を頂いた写真の数コマ後の
画です。
その際、「車やカメラマンが写ってない方が・・・」と
ご指摘頂いていたので、ちょいと消してみました(^_^;



3.
前回掲載の画はこの1秒後でした。その画は左の
樹間に2両の機関車がすっぽり収まっていました
が、今回は凸を切り離したかのように見えないか
と凸の右側の杉を利用して切り離してみました。
しかし結局不自然な感じになって元の画のまま・・・(^_^;



4.
蒸気機関車を逆光で撮るときにはやっぱり煙は
外せません。とカミさんが申しておりましたが、
いやぁその通りでした。私もここで撮れば良か
った・・・。恐れ入りました<(_ _)>(^_^;



5.
広島色が次々と消えて、今や風前の灯。ただ初期の
タラコ色に比べてこの朱が濃くなった車両は遠目
にも景色に映えます。でもたまには広島色にも出会
いたいですねぇ・・・。



6.
このポイントでの画はもう3度目の登場。でもこの
時間帯が一番雰囲気がありましたので・・・(^_^;



7.
ここも何度も登場してますが、案内板がワンポイント
のアクセントに・・・なりませんかねぇ(^_^;



8.
スイッチバックを下って出雲坂根駅に進入してきた
ラッセル車。こんなに間近で動いているところを
見られるなんて思いもしませんでした。もう少し
雪があったら・・・と思っていたら、引き揚げた後に
吹雪になって午後の列車は運休です(>_<




9.
まるで白い雪の花が咲いたような桜並木の脇を
かなりの雪煙を上げながら走り抜けていきます。
午後から吹雪いた時にここを覗いてみたら、他
の場所に比べてかなりの積雪があり線路が完全
に隠れてしまっていました。吹き溜まりのような
感じの場所かもしれません。来シーズン、狙い目
かも・・・と一人悦に入ってニヤニヤ(^_^;
そう言えば、桜の季節に「花吹雪」という手も
ありますね(=^・^=)



10.
たわわに実る柿の実。実は撮っていた時は列車に
間に合うよう駐車場所から走ってきましたので、
ろくすっぽ柿の木を見ないまま。この後、足元の
跨線橋をくぐって行った列車を後追いで撮影し、
しかもその後、また車まで走ってさらに追っかけ。
この柿の実に気が付いたのはパソコンの画像を
見てからでした(^_^;


春はあけぼの~陽光の下で

「あけぼの」・・・夜明け前の空が白々と明るく
なる頃のことですからここからの画とは全く
相反するのですが、春が一年の季節の始まり
と考えると・・・と、こじつけてます(^_^;

1.
石山から降りてきて福田バス停横のエドヒガン
ザクラに「今年もどうぞよろしく」(*^_^*)



2.
山陰本線の福江に移動してきました。なにわが
来るまであれこれ試行錯誤して待っていたのに
本番までも試行錯誤?(^_^;



3.



4.



5.
数少ない菜の花のあるポイント。↑の撮影地点
付近でも探したのですが、なかなか見当たりま
せんでした。



6.
線路端に咲いていた梅の木に心惑い、ついふら
ふらとカメラを持って近寄りましたが、見通し
が悪すぎました。
ここで寄り道しなければ黄波戸に間に合って
いたかも・・・(^_^;



7.
千畳敷から少し下った地点から俯瞰撮影。
2017年からトワイライトEXPの後継列車が
山陰を走るようですが、ここや惣郷川橋梁も
走るのでしょうか。ただあの列車のデザイン
が山陰の景色に馴染むのかどうか・・・(^_^;



8.



9.
こちらは2007年の春に五ヶ瀬で撮った
アケボノツツジ。こじつけ話2です(^_^;
この写真を見ていたら久しぶりに行ってみたく
なりました。宗太郎峠と併せて行ってみたい
ですねぇ・・・(*^_^*)


春はあけぼの・・・石山俯瞰

春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少し
明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。

ご存知、枕草子の冒頭ですが、情けないことに
そのことをすっかり忘れていて「この言葉が出て
くるの、何だったけ?」(^_^;
それはともかく、石山からそんな光景を見たく
なってここへやってきました。

1.
到着時刻は日の出15分前。前述の「ようよう
白くなりゆく山際」の時間には少々遅刻してし
まいましたが、毎度遅刻常習犯としてはまぁまぁ
の成績でしょうか(^_^;
ただし、朝2番の電車が福田の里からここに
向かう途中に走り抜けていきましたから当分
やってきません。でも遅れた貨物がやって
きたりして・・・なぁ~んて虚しい妄想(^_^;



2.
到着して15分後。まずは電車がやってきました。
日の出の時間の筈ですがどうやら山際に雲がたな
びいているように見えます。そう言えばその雲、
何となく紫色がかっているような・・・(^_^;
それから写真をアップしてから気が付きましたが、
中央付近の山の端にチラッとお天道様のかけら?
が見えていました。この後、雲の中に一旦隠れて
しまったようです。



3.
↑の写真と同時刻に別のカメラで撮った画です。
現地で自分の目で見たものより明るく写ってます
のでちょっと雰囲気が違って感じますが、靄の
お陰で随分と幻想的になりました。



4.
前回の記事に掲載した写真から約15秒後。この
福田のカーブを回り込んでやって来た長い車列が
かつての九州行きブルトレの光景を彷彿とさせて・・・
とまではいかないでしょうけど、何となく胸に
ジ~ンときました。ヤブ蚊がいるとそんな感傷
どころではありませんので、今の内(^_^;



5.
朝の斜光線と靄のお陰で山襞がクッキリ。しかも
光のシャワーまで・・・。三文の得どころか、百文
くらい得した気分(=^・^=)



6.
陽が高くなるにつれて日向と日陰の陰影がきつく
なってきました。こうなってくると逆光好きの
私もお手上げです。攻略法、探さなくっちゃ(^_^;



7.
中井晴也風、葉っぱイルミネーション。ちょっと
中途半端ですが・・・(^_^;



8.
久しぶりにこの白い車体にのラインの117系?
電車に逢いました。まだ辛子色に塗られないで
生き残っていたんですね。頑張って!(*^_^*)



9.
だいぶ陽が高くなってきましたのでぼちぼち山を
下りようかと思ってぼんやり遠くを眺めていたら、
細長く白く光るものが高速で移動しています。
なんじゃろ?と思って撮ってみてもカゲロウと
手振れで小さな液晶画面ではよく判りません。
しかし30秒ほど経った頃、近くの山間からゴォー
という新幹線の通過音が響きます。「ヘェ~、ここ
から新幹線が見えるんだぁ・・・」。今まで気が付か
なかった(^_^;



10.
石山の駐車場でUターンした際に海峡側を覗いて
みました。ちょうど電車通過中。広島色が一両
混じってくれているお蔭で何処を走っているか
よ~く判りました(*^_^*)


春はあけぼの・・・INDEX

日曜日の仕事が延期になりました。さっそく
翌日の撮影場所を決めるため昨年の記事を
読んでみると、小月で早朝の撮影をした後
「今度は石山から夜明けの撮影をしてみたい」
と書いていました。結局昨年は行くことが
出来ませんでしたから、1年遅れの有言実行?
です(^_^;
カミさんも誘いましたが、税務署への申告が
やっと終わって完全にグロッキー。一人で遊び
に行って申し訳ないような・・・と言いながら
ついで?にサロンカーなにわも追っかけ(^_^;

1.山陽本線 厚狭~埴生
長距離夜行寝台列車の廃止の話が出る度に
私の中で沸々と湧き上がる後悔の念。それは
ここ、石山から九州に向かうブルトレの姿を
撮りに行く機会があったのに行けなかった・・・
いや、行かなかったことです。
まだ薄暗くしばれる早春の夜明け。今にも靄の
中からブルトレが現れそうな雰囲気の中、貨物
列車が代役を務めて現れてくれました。残念
ながらここで富士ブサを牽いていたゼロロク
ではありませんでしたがやっぱりこの眺め、
良いですねぇ(*^_^*)



2.同上
昨年の3月15日、やはりこの福田バス停横で
このエドヒガンザクラを撮っていますが、その
時は花びらがちらほら。今年はまだ一輪も咲い
ていませんでしたが、蕾はもうすっかり赤く
膨らんでいました。
今年もまた楽しませて貰えそうです(*^_^*)



3.山陰本線 福江~安岡
冬場、北西の風が吹き付ける北浦の海岸の梅も
もうすっかり春満開です。なにわがやって来る
までの時間、梅を絡めて如何に撮るか。ああ
でも無いこうでも無いと呟きながら待ちます。
こんな時が一番楽しい時間ですね(*^_^*)



4.同 宇賀本郷
昨秋になにわをやはりここで撮りましたが、
その時と違うのは私一人だけの撮影。駆け込み
で陣取った割には良い菜の花に巡り会えました(*^_^*)



5.同 湯玉~小串
結局なにわの撮影はこの後悉く失敗!(^_^;
最後の失敗地点すぐ近くの黄波戸温泉でひと風呂
浴びた帰り道に夕陽を追います。が夕刻から
急に広がった雲の中にお日さまは沈んでしまい
ちょっと寂しい夕景にやけくそ?の流し撮り・・・(^_^;


春遠からじ・・・平成筑豊鉄道田川線

仕事の往き返りの道中に平筑田川線のあちら
こちらで束の間の撮り鉄。写真がかなり貯ま
ってきましたので記事にしてみました。

1.油須原~赤(2月3日)
ブロ友さんの蒸気現役時代の風景を求めて
あちらこちらを巡ってみました。仕事帰り
とて駆け足でしたのでハッキリとは判りま
せんでしたが・・・。
因みに1枚目と2枚目はほぼ同じ場所から
振り返って撮ってます。



2.赤~内田(2月3日)
田川線勾金駅以東でもっとも沿線の地形が
変わっているのがこの赤駅周辺でしょうか。
1974年と2009年の空中写真を見比
べてみると、ここに赤村役場と赤駅を作った
時にかなり変わってしまったようですね。



3.油須原~源じいの森(2月5日)
行橋方面の仕事先からの帰り、みぞれが降って
きました。大任町の道の駅に向かっていました
ので油須原駅横を抜けようとした時、みぞれが
雪に変わり一気に辺りが白くなって思わず「汽車
を待とう」。雪の中で咲いている菜の花が何とも
けなげな感じです(*^_^*)
因みに、私は未だに汽車と口走ります。若い人
はディーゼル車でも「電車」。世代の違いか・・・(^_^;



4.同上(2月5日)
もう一本撮りたくて次の汽車を待っている間に
あれよあれよ雪が解けていきます。雪もみぞれ
に戻ってしまいました。ちょっと残念。



5.源じいの森~崎山(2月9日)
崎山にある酒蔵の煙突が何とも印象的な今川の
眺め。毎度同じ画角ばかりですが・・・(^_^;



6.内田~赤(2月11日)
休日でしたが午後から直方方面で仕事。仕事を
終えてから弟の家族と一緒に平筑沿線をドライブ
して最後にここにやってきました。
このすぐ左には結局開通できなかった油須原線
の廃線跡があります。



7.同上
↑の写真を弟やその孫たちと撮った時にカミさん
が田んぼの縁から撮っていました。炭都物語号の
すぐ右脇の小高い土手の上にいるんですが・・・(^_^;



8.源じいの森~崎山(2月13日)
「第二今川橋梁」。蒸気現役時代の超有名撮影地
だそうです。若い頃、仕事や釣りの往き帰りに
何度もここを通っているんですが全く汽車の記憶
無し。何とも勿体ないことをしました(^_^;



9.犀川~崎山(2月13日)
今川の土手の菜の花は3分咲きぐらい。右上に
見える桜の枝に花が咲く頃、菜の花もまた満開
になっています。
そう言えば昨日(3月3日)ここを通った時、
菜の花はもう八分咲きくらいだったでしょうか。
見事に咲き揃っていました。これから暫く楽し
ませて貰えそうですね(=^・^=)



10.油須原駅(3月3日)
夕暮れの木造駅舎。10分近く前に来たはずの
列車から降りてきたと思われる学生さんがポツン
と一人。写真を撮っている間に迎えの車がやって
きました。



11.
1974年版・国土地理院提供の空中写真



12.
2009年版・国土地理院提供の空中写真



ご訪問頂き、真にありがとうございます<(_ _)>
写真のコメントと空中写真は後から付け足して
います。
プロフィール

kamisan

Author:kamisan
MyPhotoブログへようこそ!
私(kamisan)とかみさんの
二人で鉄道風景をメインに
あれこれ写真を撮ってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR