FC2ブログ

夏空の下、南阿蘇南郷谷のトロッコ列車

珍しく仕事が前倒しで片付いた金曜の夜、カミさん
に「明日、山口線に行こうか」。ところが翌土曜日
は早朝なのにちっとも涼しくありません。「朝から
これじゃあ撮影中にバテてしまうかも・・・」。
いったんは中止にしようと思ったのですが、ブロ友
ちゃもちゃもさんの記事を見て「そうだ!高原なら
涼しいはず。阿蘇か九重に行ってみようか」。

結局、これまたブロ友たーくんの時刻表表紙の写真
を思い出して、次男の家族と弟の家族を巻き込んで
南阿蘇鉄道のトロッコ列車を目指すことにしました。
乗れるかどうかは運次第?(^_^;

1.南阿蘇鉄道 立野~長陽
トロッコ列車発車の10分前に到着。途中で高森駅
に電話をした時に「現地で車掌さんに聞いて下さい」
と言われていたので直ぐに聞きに行くと「6人まで
なら・・・」。
全10人の内、よちよち歩きの幼児が2人。ひとり
は抱っこ、あぶれた3人+幼児ひとりは車で追っかけ。
ただ、乗ることは出来ましたが、座った席が最悪?。
ガラス窓に囲まれ、風は通らないし陽射しは当たる!
夏休み中の土日は事前の予約が最善です(^_^;



2.同 中松~阿蘇白川
途中停まった駅からカミさんが何処にいるか連絡を
くれましたが、車内アナウンスがうるさくて?(^_^; 
いったいどこに停まっているのか聞き取れません。
どうやら二つ目の駅と言っているようなので中松駅
の先の田んぼで待ってみることにしました。
もし通り過ぎた後だったら・・・って、せっかくスマホ
に替えたんだから時刻表を調べればよいものを・・・と
思いますが、まだまだ活用出来てません(^_^;



3.同上
夏空、緑濃い田んぼ、背後の山並み・・・み~んな夏色
です(✿◡‿◡ฺ)



4.同上
トロッコ車両の最後尾に座った我が御一行様。風は
通らないし背後からは直射日光。しかも追っかけ組
がここにいることを知りませんでしたので、手を
振っても振り返してくれたのは他の乗客のみなさん(^_^;
当人たちは暑さでしんどかったようですが、良い
夏休みの想い出にはなってくれたようです(*^_^*)
あっ、因みに最後尾の白い帽子がカミさんです。



5.同 南阿蘇白川水源~見晴台
もう追いつくことはないだろうとのんびり旧道を
走っていたら、後方からガラガラという走行音。
まさか、と思っていたら並走状態。思わず傍に
あったカメラでパチリ!(*^_^*)


スポンサーサイト



快速列車「やまぐち」号

故障したC57に替わって当面の間は凸が
快速列車「やまぐち」号を牽いて走るそう
です。それならHMは外さなくても良かっ
たのでは、と思うのですが・・・。

まぁその辺の事情はともかく、期間限定では
ありますが凸が牽く定期の客車列車ですから
貴重な存在であることは間違いありません。

私も凸がSLと組んで走る姿は正直好きでは
ありませんでしたが、この姿なら納得です。
C57の代わりでは無く、期間限定のDL牽引
列車だと思えば・・・(*^_^*)
普段なら撮ろうとしなかったポイントを探して
みようかと思っています。

1.
逆篠直?。要するに篠直を逆方向から撮って
いるだけですが、下りのC57の時は煙が期待
出来ないので滅多に撮り鉄さんに会いません。
でもこの日は3人も来られました(*^_^*)



2.
折り返しの運転を待つ間、これまで撮ったこと
のないポイントを求めて地福~篠直間を行った
り来たり。先ずは此処、阿武川第二橋梁へ。



3.
久しぶりに名草のS字を見通す道路際に立ちま
した。ここも返しのSLは煙のないポイントです
が大好きな眺めです。ここでやっと夏らしい雲
に出会えました。



4.
並走中に広角レンズで適当にパチリ。かなり
トリミングしています(^_^;



5.
渡川の踏切まで追った後、走り去るやまぐち号を
見送ります。田んぼに傾きかけた夏の陽射しが
当たってキラキラ光ってました。大好物の眺め
です(^_^;



6.
1を撮ったところから少し田代踏切寄りの鉄橋横。
鉄橋を渡り終えた機関車の煙突から煙が出てい
ます。この辺りから篠直に掛けてなら・・・。



7.(この写真のみ7月5日)
6の写真を見て改めて前回ここで撮った写真を
見てみると、C57の煙に紛れてハッキリとは
見えませんが、凸も結構薄煙を出しているよう
です。返しの篠直や往きの宮野~仁保界隈なら
正面撮りで煙突から出る熱気の揺らめきを捉え
られるかもしれません。北海道のブロ友さんが
撮っていたあの陽炎が・・・。SLが付いていたら
その煙で絶対見られない光景ですから、何とか
今の内に挑戦してみたいと思っていますが・・・。
寒い時期なら熱気で陽炎が立つのがよく判ると
思いますが、この暑い時期に果たして見ること
が出来るのでしょうか・・・(^_^;



8.
前回記事の2のお庭は渡川の方向ですが、こちら
は反対向きの三谷側。この感じがどうしても気に
なって、やまぐち号撮影後に田代から引き返して
きてパチリ!(^_^;


暑中お見舞い、申し上げます 2014

暑中お見舞い、申し上げます。と、昨年と同じ
出だしですね(^_^;
北部九州の梅雨も明けた20日、山口線に快速
列車を撮影に行ってきました。その詳細はまた
お届けしたいと思いますが、第一の目的は暑中
見舞用の画像を獲得すること。残念ながら思っ
たような画は撮れませんでした・・・と昨年も同じ
ことを書いていますね(^_^;
先週のC57を使った画と併せて涼しさを感じ
ていただけましたら幸いです。
さぁ~て、これからがいよいよ夏本番ですね。
皆さんもどうぞ熱中症にお気を付けてお過ごし
下さい<(_ _)>

1.山口線 宮野~仁保
毎度お馴染み、椹野川に架かる宮野の鉄橋です。
正式名は・・・???です。時間に余裕が有れば
サンダルに履き替えて流れに立つつもりでした
が、持ってきたはずのサンダルが見当たらず
探している内に時間が遅くなって素足を水に
浸けられませんでした。残念!(^_^;



2.同 渡川~三谷
線路沿線の道路を利用されている方ならよく
ご存知だと思いますが、四季折々に花を咲かせ
ているお宅のお花を借景させていただきました。
ちょうど庭の手入れをされているようでしたの
で声をお掛けして、道路からパチリ(*^_^*)



3.同上
ちょっと?ブレで線が二重になったりしています
が、ブレの滲んだ感じに何となく惹かれまして・・・
と言うか、他に適当なSLの画が無かったのが
本当のところです(^_^;


梅雨の晴れ間の夕暮れ時~日豊本線

14日の午後に小倉で仕事。その帰り、雲が
みるみる内に晴れて陽射しが・・・。同行の
カミさんに「ちょっと?回り道ね」(^_^;
目指したのは苅田町小波瀬に先頃開通した
バイパスの跨線橋。初めて立ってみたら、
横から見ると背景がすっきりしていること
が判りました。

1.日豊本線 小波瀬西工大前~行橋
(以下、全て同じです)
こちらは夕日を背に順光側に立ちました。
良い夕陽が当たってますね。これなら雲が
紅く染まってくれそうな予感(*^_^*)



2.
カミさん、列車よりトンボを夢中で追い
かけてます(^_^;



3.
私は線路を夾んで反対側の逆光になる
位置に移動。その移動中に田んぼで
キラキラ光る光景を見つけました。
よく見ると稲の葉先に小さな露の玉が
付いています。これ「稲の葉露」と言う
のだそうです。葉先から余分な水分を
出しているのだそうですが、初めて
見ました。これまでに何度も見ている
筈ですが、そのつもりで見ていないと
気が付かないもんですね。



4.
少しずつ雲が紅く染まってきました。



5.
もっと紅くなれ、もっと紅くなれ!(*^_^*)



6.
久しぶりに梅雨ならではのこんな夕焼け空
を見ました。秋の夕焼け空とはまた趣の
違う美しさです。秋は茜色で朱色を強く
感じますが、この色はまるでピンクです。
夕食の支度が遅くなると言ってたカミさん
も、ウットリ見上げて「素敵ねぇ・・・」(✿◡‿◡ฺ)
シメシメ、もう少し粘れそう(^_^;(^_^)v



7.
紅く染まった夕焼け雲もわずか10分ほど
で輝きを失ってしまいました。最後に夕暮れ
の空をバックに線路に近付いて流し撮り。



8.
空をバックに撮れる場所、やっと見つけま
した。これから行く機会が増えそうです(*^_^*)



9.
この後追いの画は前の2枚との連写です。
夕暮れ時の電車は走ってくる時の姿より
何故か走り去る後ろ姿の方に惹かれます。
不思議ですねぇ・・・。



10.
車に乗り込んだところで踏切の信号が点滅
を始めました。やけに灯りが暗い列車を
見て、思わず夕刻にやって来なかった貨物
列車かと車を飛び出してカメラを構えました
が・・・残念!783系でした(^_^;
でも大分以北で出会ったのは久しぶりで、
思わずニンマリ・・・(^_^;


梅雨の晴れ間に日田彦~久大線 Vol.3

まだ梅雨の季節です。秋の台風なら台風一過、
涼しくなりましたねぇ、と申し上げるところ
ですが・・・台風一過、随分蒸し暑くなりました(^_^;

さて随分と時間が経ってしまいちょっと色褪せ
てしまいましたが、日田彦山線~久大本線の
続々編です。相変わらず中身はほとんど変わ
っていませんが、アップする画を探している
内に見落としていた好きな画を見つけました
ので・・・<(_ _)>(^_^;

1,日田彦山線 大行司~筑前岩屋
栗木野橋梁のアーチ内の景色。何だか飾り窓
の中に描かれたフレスコ画のような・・・(^_^;



2.久大本線 豊後中川駅
迷った挙げ句に、次の3と併せて二枚とも掲載
しました(^_^;
因みにこちらは花ピン、汽車ボケ(^_^;



3.同上
こちらは花ボケ、汽車ピン、の筈でしたが・・・(^_^;



4.同 天ヶ瀬~杉河内
目立ち屋?の赤い特急ゆふを木流しで捉えよう
と敢えて見通しの悪い鉄橋を選びましたが・・・
そんな甘いもんやおまへんでした(^_^;
でも何時かきっと・・・(^_^)v



5.同 恵良~豊後森
セブンスター・・・と言うよりDF200をいつか
空バックに撮ろうと思っていましたが、ここで
偶然に撮れてしまいました。ただ障害物が・・・(^_^;



6.同 豊後森~北山田
ななつ星を撮った地点から少し北山田寄りの土手
上からゆふいんの森号を狙います。セブンスター
に比べていい光具合です。いつかセブンスターも
どんな陽射しが良いのか、見つけたいですね。



7.日田彦山線 宝珠山~大鶴
夕陽が田んぼを照らして良い感じに光っています。
これは狙うっきゃない!(*^_^*)



8.同上
ボツ写真だった中からカミさん推奨で甦った画
です。私は「見る眼がない!」?(^_^;



9.同 採銅所~呼野
採銅所を発車して呼野へ向かいます。相変わらず
ピントが合ってないまま撮ってしまいましたが
やはり画を縮小してアップしてみました。出来
より好みで選びました(^_^;<(_ _)>


DLやまぐち号です。

C57が牽引してきたSLやまぐち号は地福駅で
折り返す時にDLやまぐち号と名前が変わります。
地福に転車台がないのでディーゼル機関車が蒸気
機関車を後ろ向きに牽いて新山口に帰るその姿に
少なからず違和感を持っていましたが、正面方向
から撮ればそれほど違和感が無いことに前回の
撮影でやっと気付きました(^_^;

1.山口線 地福~名草
実は彼、敬礼をしています。しかも大真面目です。
最初茶化そうかと思ってましたが、止めました。
真剣なんです。反省・・・(◡ ◡ฺ)



2.同上
DLやまぐち号牽引のために凸がやって来ました。
そう言えば単機で走っている姿、随分久しぶりに
見たような気がします。



3.同上
いよいよ凸がDLやまぐち号としてC57や客車
を牽いて地福駅を出発しました。C57がこんな
風にバックで本線走行をする姿って見たことが
ありません。昔の状況を知らない私にとっては
結構貴重な画になりそうです。



4.同 渡川~長門峡
国道と線路が並行している追い越し可能な区間で
ピタッとSL横に張り付いていた車を追い越して
ちょいと先行。後続を塞がないようにとスピード
を上げると「小さな子供が乗ってるのに!」と
カミさんに叱られました。またまた反省!(^_^;



5.同 長門峡~篠目
今度は大人しく付いていきます。4歳児が車の中
から敬礼していたんです。それにここは追い越し
禁止区間ですし・・・(^_^;



6.同 篠目~仁保
ズーム流しをしようと陣取った先でカミさんや
姪と子供たちが陣取ります。列車がもっと近付け
ばみんなの姿は画角から外れますのでそのまま
撮りましたが、これはこれで良い記念写真になり
ました(*^_^*)



7.同上
上の写真とほぼ同じタイミングでカミさんが
撮っていた画です。
こうしてみると凸(DD511043)もそれ
なりに煙を出していたんですね(^_^;



8.同 阿武川第四橋梁


阿武川第四橋梁の復旧工事の現場です。たぶん
ガーダー橋の設置だと思いますが、右岸から
見るとどうやらデッキがU字型のようです。
これだと横から見た時に車両の下半分が隠れて
しまいます。撮る方にとっては一番厄介な形状
です。美祢線の復旧した橋梁はトラス橋だった
のでそれも有りかと思っていたのですが・・・。

ただの勘違いであってくれますように・・・(^_^;

お帰りなさい、C571

姪と子供たちを連れて、山口線に帰ってきた
C57の牽くSLやまぐち号を撮ってきました。
子供たちへのサプライズに山口駅に寄って空席
を確かめたうえで、カミさんが引率?して一緒
に乗車。私は途中で写真を撮るべく駅で別れて
撮影ポイントに向け出発。

1.山口線 宮野~仁保
この鉄橋付近、やっぱり良い煙が出てました。
今回は進行方向右側に子供たちが座っている
筈なので、彼らを撮るため鉄橋の下流側にいた
関係で思ったような画は撮れませんでしたが、
またここにチャレンジしようと思います。
因みに、三脚と手持ちのカメラを違うアングル
で撮ろうとして見事?に手持ちの方を大失敗。
デッキにいた子供たちを撮り損なってしまい
ました(^_^;
それから、画像左端上空に写っていた電線を
レタッチで消したことを書き添えるのを忘れ
ていました。失礼しました<(_ _)>



2.同 仁保~篠目
毎度お馴染みの逆篠直。この地点まではそれ
なりに煙はあったのですが・・・(^_^;



3.同上
2↑の直後からどんどん煙が薄くなって、ここ
まで来た時にはご覧の通りの薄煙・・・(◡ ◡ฺ)
過去(一昨年のクリスマストレイン)の栄光の
煙はいったいどこに・・・そう言えばあれはC56
でした(^_^;



4.同上



5.同上
宮野の鉄橋で失敗した後追い撮影。この田代踏切で
挽回しようと、デッキ左端にいる姿を何とか撮ること
が出来ました。ただ、カミさんはもう一人の面倒を
見ていて、真ん中付近でボォ~っとしか写ってません(^_^;



6.同 地福駅
念願の汽車に乗って大喜びかと思いきや、緊張しっ
ぱなしで笑顔がなかなか出ません。でも今朝は楽し
かった想い出を姪や父親にたくさん話しているそう
です。あ~、良かった良かった。ホッ(*^_^*)


梅雨の晴れ間に日田彦~久大線 Vol.2

日田彦山線~久大本線の続編・・・と言うより別
バージョンと言いましょうか・・・中身はほとんど
変わってません(^_^;

1,日田彦山線 大行司~筑前岩屋
栗木野橋梁で撮った後、宝珠山橋梁の下に移動
してきました。本来なら反対側の反対、と言う
師匠の俯瞰撮影ポイントにお邪魔したかったの
ですが、この時期林道にゴロゴロ落石が落ちて
いることが多いのでセレナでは辿り着けません。
デリカが恋しい・・・(◡ ◡ฺ)



2.久大本線 豊後中川駅
この前の列車ではピンクの紫陽花をモチーフに
しましたが、この青い紫陽花がほとんど判りま
せんでしたのでちょっと移動。
でも正面撮りに失敗して後追いで何とか撮影(^_^;



3.同 北山田~豊後森
今回の撮影目的は先ずはめがね橋、ゆふいんの森号、
そして伐株山からの俯瞰で毎度気になっていたこの
茅葺き屋根のお宅です。電話線らしき電柱が何とも
目に付きますますが、よそんちのお宅ですから・・・(^_^;
そう言えばお稲荷さんにお参りするのを忘れてました。
今度行った時にきちんとご挨拶を・・・<(_ _)>



4.同 豊後森~恵良
ゆふいんの森は背景の緑に溶け込んであまり目立ち
ませんでしたが、この黄色いDCはよく目立ちます。
その分、失敗もよく目立ってますね(^_^;



5.同上
三脚に据えたサブカメラに望遠を取り付け、前回記事
4枚目のななつ星の位置にピントを置いてリモコンで
スイッチを入れっぱなしにして連写で撮りました。
当然この位置ではピントが少々?ずれているんですが
邪魔だった電柱が目立たなくなって機関車らしい好い
姿でしたのでアップしてみました(^_^;



6.同 豊後森~北山田
豊後森駅にななつ星が停車している間に追い越して、
駅の先の土手上で待ち構えます。陽射しの向きの加減
でしょうか、ななつ星が黒くつぶれてしまいました。
皆さんが仰るとおり、この車体は光線を選びますね。



7.日田彦山線 宝珠山~大鶴
前記事7枚目の田んぼの横を流れる大肥川に架かる
鉄橋を撮ろうと川向こうに移動すると、夕陽を浴びて
川面がギラギラ光ってます。大好きな逆光状態!(^_^;
雲が懸かってきましたが何とか列車が来るまで待って、
と祈っていると宝珠山方向から走行音が・・・。ギリギリ
セーフ!(*^_^*)


プロフィール

kamisan

Author:kamisan
MyPhotoブログへようこそ!
私(kamisan)とかみさんの
二人で鉄道風景をメインに
あれこれ写真を撮ってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR