FC2ブログ

の海の中で・・・芸備線~木次線③

中断していたトロッコ列車「奥出雲おろち号」を追い
かけた5月の連休撮り鉄編の最終章です(^_^;
種田山頭火に「分け入っても分け入っても青い山」と
いう句がありますが、この時の木次線沿線はまさに
そんな光景でした。
そう言えば、この新緑は秋になればみんな赤や黄色に
色付くんですね。これまで夏、冬、春と来ましたから
今度は秋ですね。今から眼に浮かぶよう・・・と言うのは
もったいないので秋まで思い浮かべないように・・・と
これまた無理そう・・・(*^_^*)

1.比婆山~備後落合
この日唯一と言っていい静謐な水鏡。風の無いとっても
冷え込んだ朝でした。



2.木次線 備後落合~油木
の海の中で・・・INDEX編で見て頂いた画とほとんど
同じですが、実はあちらは夕方近く。この画は朝の陽射し
に輝いている梨の花です。



3.同 三井野原~油木
朝、出雲坂根のスイッチバックの俯瞰撮影地に向かう途中、
バックミラーに写ったこの景色に「ここで撮りたい!」。
そんな場所が多くて困りました(^_^;



4.同 三井野原~出雲坂根
おろちループの道の駅からカシャ!。なんてことのない
眺めだと思って撮ったのですが、こんな切り取り方をして
みると意外と好きな画になっていました。



5.同 出雲坂根~三井野原
木次線の出雲横田から備後落合まで一度乗ってみたく
なりました。特にこの辺りはまさに「分け入っても分け
入っても青い山」。
山頭火の足跡を辿ると句に書かれた青い山はアルプスの
ような険しく高い山ではなく、里山に続くこんな山だった
んだろうなぁ・・・と思わせてくれます。



6.同 油木~備後落合
トロッコ列車を追った時に撮り損なったポイントを再度
撮り直してみました。電柱に電線に道路標識etc・・・。
写真を撮るには邪魔なものがいっぱいです。でもたった
1本の桜と新緑でまるで違った景色になったんですから
何とか工夫して来年も・・・(*^_^*)


スポンサーサイト



山口線へ凸に逢いに行きました Vol.2

久しぶりの山口線、と言ってもせいぜい1ヶ月半しか
開いてないのですが・・・(^_^;
目一杯楽しもうにも列車の運行が途中までしかありま
せんので、初心に返ってキハも追いかけてきました(*^_^*)

1.山口線 地福~名草
下りの凸列車を撮った後、地福へ向かいましたが途中、
名草のS字が気になって仕方がありません。踏切に陣
取ってらっしゃる先客の斜め横から流し撮り。



2.同 名草~三谷
SLを追っている時に毎度引っ掛かる県道の踏切の横
で返しの凸を待ち受けます。アザミが刈り取られずに
残っていましたので農道脇にお邪魔しました。



3.同上
こちらは私から50mくらい離れた県道脇からカミさん
が撮影。この時、花嫁さんが乗っているのが判っていたら
乗客の方の様子も撮っていたと思うのですが・・・残念!



4.同上
久しぶりに正面方向から望遠でズーム流し。やっぱり
疾走感が今イチ・・・。ブロ友、木村さんの技をなんとか
盗まなくっちゃ!(^_^;



5.同 名草~地福



6.同上



7.同上


山口線へ凸に逢いに行きました Vol.1

都電15番さんから「24日、山口線に行きますか?」と
と連絡を頂いて初めて知った凸牽引の臨時列車。他の
ブロ友さんの記事を拝見すると、どうやら花嫁さんが
乗っておられたようです。
そう言えば山口線の地福駅で一昨年の秋にも花嫁さん
にお会いしてました。地福駅に行けば良かったなぁ・・・(^_^;

1.山口線 仁保~篠目(2~6同じ)
今回の臨時列車はSL牽引に比べて仁保~篠目間が早い
ので追っかけは止めて、下りを篠目近辺に絞って待つ
ことにしました。



2.



3.
田代踏切近くの鉄橋で流し撮り。久しぶりに良い木流し
が出来ました(*^_^*)



4.



5.



6.



7.同 篠目~長門峡
カミさんは別行動。桜の時期にやって来た場所でもう一度。
もう少し早い時季だったら良い水鏡が見られたと思うの
ですが、稲がちょっと育ちすぎ?(^_^;


夜想(走)鉄道です(^_^;

撮り貯めていた流し撮りから、夜限定版です。

1.平成筑豊鉄道 崎山~源じいの森



2.山陽本線 八本松駅



3.同上



4.同上



5.山口線 地福~名草



6.山陽本線 埴生~厚狹



7.芸備線 上三田~志和口



8.山陰本線 人丸~長門古市



9.若松線 若松~藤ノ木



10.筑豊本線 東水巻~中間


マヤ検、初見参!(^_^)v

久しぶりの新ネタです。マヤ検とはいったいなんぞや?。
これまで出会ったことがないとブロ友の都電15番さんに
書き込みをしたところ、昨夜(21日)北九州を夕暮れ時
に走るのを教えて頂きましたので、夕暮れ時に八幡西区に
用事を作り、それが終わるのを待ってマヤ検を追いかけて
きました(^_^;
ただ牽引しているDE10が真っ黒で、しかも夜ですから
何とも撮りにくかったです。

1.筑豊本線 垣生~中間
マヤ検通過予想時刻の30分前に到着。まだ日が高くやって
来た普通電車を撮ると真っ黒け。シルエットにするかどうか
迷った挙げ句に今回は敢えてシルエットではない画を狙って
みることにしました。



2.同上
水鏡も考えていたのですが、風が強く川面も波立っていた
ので早々に諦めて土手からの構図に絞ります。それに最近
流し撮り不調のため、SS1/60で安全策(^_^;



3.同上



4.同上
来ました。しかも丁度夕日と同じ高さ。車両の窓から光が
抜けるのを期待していたのですが、検測車の窓はカーテン
が張られていて駄目でした(^_^;



5.同上



6.若松線 藤木~若松
かなり難しいとは思いつつ、敢えて暗がりで流し撮り。
やっぱり難しすぎました。灯りのあるところは障害物が
多く、見通しの良いところは真っ暗闇・・・。それに工場
夜景を背景にしたかったのですがちょっと?遠すぎ・・・(^_^;



7.若松駅
慣れないことはするもんじゃ・・・の言葉通り、全然様に
なってません。駅撮りって難しいですねぇ・・・と言い訳(^_^;


の海の中で・・・芸備線~木次線②

トロッコ列車「奥出雲おろち号」を備後落合まで追った
後、返しの便は追いかけながらの撮影になりました。
と言ってもおろち号のスピードが遅いので楽に追いつけ
ますし、列車の方が遠回りしてきますので山口線に比べ
とっても楽ちんです(*^_^*)

1.木次線 備後落合~油木
この左手で国道を横切っている線路。途中でおろち号を
追い越して踏切待ちしているとトロッコ列車がのんびり
やってきました。すかさず車中からパチリ!(^_^;



2.同 三井野原~出雲坂根
国道に架かるおろちループ橋の脇からガード壁を乗り
越えたポイントで、新緑のトンネルを潜り抜けてくる
おろち号を待ち構えます。山には萌え始めた新緑とまだ
残っていた山桜。目に優しい癒される光景でした(✿◡‿◡ฺ)



3.同 出雲坂根~八川
出雲坂根から一気にここまで先行。やってくるのを
じっくり待ちます。と、トロッコ列車に乗っていた
子供たちがここにポツンと一人で立っている物好き
な?おじさんに向かって手を振ってくれました(^_^;
でも手を振り返すと撮れません・・・。一瞬の躊躇の後、
この画を撮った直後に手を振りました。ちょいと恥ず
かしかったけど、結構気持ちが良いもんですねぇ(*^_^*)



4.同 出雲横田~亀嵩
昨夏もここで撮りました。その時はこの緑のトンネル
はもっと暗い印象でしたが、新緑のお陰でしょうか、
今回は明るくて撮りやすかったぁ(*^_^*)



5.同上
ここは跨線橋の真横。緑のトンネルを抜けて足下まで
列車がやってきます。この時やっとHMを見ることが
出来ました。



6.同 下久野~日登
出雲三成近くの鉄橋で撮り損ねて、少々ガッカリした
まま木次を目指しました。ところが途中で道に迷って
走っていると、この日相前後しながら追いかけていた
撮り鉄さんの車を発見。そのまま付いていくと今度は
ここで師匠の車を発見。おろち号の通過まで時間が
あまり無いようなのでそのまま田んぼ脇から水鏡狙い。
風で水鏡は今イチでしたが、黄色いウマノアシガタが
良いアクセントになってくれました(*^_^*)


の海の中で・・・芸備線~木次線・番外編

前回の続編を掲載予定でしたが、いざ並べてみると
タイトル通りの緑の海の中ばかりの画になってしま
いました。そこでちょっと目先を変えて番外編を間
に挟むことにしました。
新ネタがありませんので、芸備線~木次線の記事を
引っ張るための苦肉の策です<(_ _)>(^_^;

1.木次線 備後落合~油木



2.同上 2013年12月31日
上の写真と同じ場所ですが、列車は大雪で運休中。
熟した柿の実が鈴なりで、雪景色の中でひときわ
鮮やかでしたが・・・誰も採る人がいないんですね。
何となく切なくなりました。



3.
備後落合駅近くで師匠が指さした方向を見ると虹が!
ところが「もっと上!」。何と太陽の廻りをグルッと
囲んだ虹色の線が・・・。でかかったですね。広角レンズ
を付けていましたので画角に収まりましたが、標準
レンズだったらはみ出していたかも・・・。
因みに遠い過去の記憶、それも記憶にないくらい遠い昔、
一度見たことがあるような・・・。
日暈と下に見えるのは環水平アークと呼ぶんだそうです。



4.木次線 備後落合~油木
備後落合駅を出発した直後の姿を桜と絡めて撮ろうと
思っていたところに上記の日暈の騒動?。撮ろうと
思っていたところに間に合わずご覧の画になりました(^_^;



5.同 三井野原~出雲坂根
おろちループの途中にある道の駅からの眺めです。



6.同上 2013年12月31日
上の画と同じ場所から採ろうと除雪してある駐車場から
この積雪に一歩踏み出したところ、ご覧の通りの穴。
なんと40cmの長靴がズボっと膝上まではまってしま
いました。推定積雪60cmか!(^_^;



7.同 出雲坂根~八川
出雲坂根のちょっと下手で木流し(失敗)に挑戦した後、
おろち号を追って直ぐ追い越しました。その瞬間、ドア
ミラーに写ったおろち号をパチリ!。
因みに前後左右の安全を確認してから撮っています。



8.芸備線 備後西城~平子
昨冬にここで夕暮れの霧の中、幻想的な画を撮ったことを
思い出し、西城駅を出発してくるキハを待ちました。下の
画と見比べていただくとよく判ると思いますが、霧や暗がり
が無いとまるで違う風景のようです。



9.同上  2013年12月31日



10.同 上川立~甲立
せっかく三次経由の遠回りで八本松に帰ることにしたのに、
ちょうど便がありません。30分待って駅から出てくる
列車を待ち伏せ(^_^;


の海の中で・・・芸備線~木次線①

5月4日早朝、あまりの寒さに布団からなかなか
抜け出せません。実は寝坊対策の為、布団と毛布
をカミさんの実家で借りて前夜11時に八本松を
出発。深夜1時頃に着いたのですが寒さでなかなか
熟睡出来ません。
寝たのか寝てないのかよく判らない状態でウトウト
していると携帯の目覚ましが「スターウォーズ」の
テーマを鳴り響かせて6時を告げます。やっと布団
から抜け出して外に一歩出た途端、「ウ~、ブルブル」(^_^;

1.芸備線 比婆山~備後落合
師匠から電話を貰って道後山駅から比婆山の駅近く
へ移動。簡単な打合せの後、移動の際に目を付けて
いたこの鉄橋にやってきました。
実はその時、藤の花には気が付いてなくて・・・ラッキー
でした(*^_^*)



2.木次線 油木~備後落合
師匠に教えて貰ったポイントです。実は私も別の角度
から撮ろうと目を付けていたんですが、この水鏡を見た
途端、いとも簡単に豹変してしまいました(^_^;
因みに、このあとのおろち号もここで撮ろうと思って
いたのですが、途中で追い越したことに気付かず、もう
行ってしまっただろうとここで撮るのを途中断念したら、
なんとその目の前をおろち号が通過・・・。取りあえずここ
まで来れば良かった・・・と後悔しても後の祭り(^_^;



3.同 八川~出雲坂根
今回は壊れた三脚の修理を断念して、風変わりな三脚を
新調。風景はその三脚に広角レンズを着けたカメラに
任せて私は手持ちで望遠の流し撮り。出来はよくあり
ませんがせっかく撮りましたので・・・(^_^;



4.同上
スイッチバックの上駅?に滑り込むおろち号。機関車
が向こうを向いているのがちょっと残念。



5.同上
師匠に連れて行って頂いたここはお手軽に立てる場所
でしたが、機関車が上下便共に後ろ向きにしか撮れま
せん。左に見える山からなら撮れるそうですが、山登り
がきつそうなので諦めました。ご覧になりたい方は、
その内掲載されるであろう師匠の画をご覧下さい。
まぁ当分先のことになるんだろうと思いますが・・・(^_^;



6.同 油木~備後落合
備後落合から出雲坂根に向かう途中に気になっていた
場所に引き返しました。手前の田んぼの電気柵を脚立
に立つなどして何とかクリアして再挑戦してみようと
思います。


緑の海の中で・・・芸備線~木次線 INDEX

5月2日の夜から5日夜まで広島のカミさんの実家に
行ったついでに芸備線~木次線を廻ってきました。

1.芸備線 備後落合~道後山
深夜、東広島の市街地を抜けて一路芸備線を目指し、
早朝の道後山駅に到着しました。ここは昨年の大晦日
に間違って迷い込んだ場所ですが、何となく惹かれた
のに汽車が運休だったので自分の眼を確かめにやって
きました。結果は・・・う~ん、5分5分と言ったところ
でしょうか(^_^;
出来ればまた雪の季節にやって来たいと思います。



2.木次線 八川~出雲坂根
師匠と備後落合の近くで待ち合わせ。先ずは廃屋?横
(5枚目の地点・この時失敗したので夕刻に再挑戦)
に連れて行っていただき、その後このスイッチバック
を見下ろす俯瞰撮影地に連れて行っていただきました。
見渡す限りの緑の海。さすがに素晴らしい眺めです。
師匠と現地でお会いした撮り鉄さんとご一緒した時に
出た話は「ここに蒸気機関車を走らせてみたいなぁ・・・」



3.同 油木~三井野原
俯瞰撮影地を下りてからは師匠と別行動。でもおろち号
を追いかけていますからあっちこっちで遭遇(^_^;
でも撮りたいポイントが違っていますからお互いに横を
通り過ぎる時に「頑張ってぇ!」(*^_^*)
因みにこの画は、備後落合駅からの折り返しの便です。
おろち号を牽いている凸は返しの便しか先頭に立てま
せんから、どうしても返しの便が撮影本番になりますね。



4.同 八川~出雲横田
追いかけている途中、水を張った田んぼの横に師匠の車。
振り向くと鯉のぼりが泳いでいます。追いかけて来た他の
撮り鉄さんも続々と集合。私は真横から撮れる場所に構え
ましたが、風で水鏡が・・・。
残念だったのはトロッコに乗っていた子供さんたちが手を
振ってくれたのに通り過ぎてからしかお返しの手を振れ
なかったことです。カミさんが同行してない時、カメラを
手持ちで撮っているとこれが出来ません。だからと言って
三脚を使うのは性に合いませんし・・・と言いながら実は無精
しているだけなんですが・・・(^_^;



5.同 油木~備後落合
おろち号を木次の町の手前まで追った後、師匠に未知の
ポイントを教えて頂き、その際出会った備後落合行きの
キハにもう一度会えました。
途中おやつを買ってから師匠と別れ、頭痛がするので途中
の薬局で薬を買ってから追ったのですが、スイッチバック
で追い越してループ脇で撮影し、更にここでも撮影。
木次線は他の路線と違い線路の方が遠回りして来る感じ
ですし、その上走行スピードが遅いので、いろんな所で
撮影出来て楽しいです(*^_^*)



6.芸備線 比婆山~備後西城
木次線を離れて芸備線沿いに八本松へ向かいます。芸備線
も山間部では徐行区間がありますので、途中で追い越して
しまいました(^_^;



7.同 志和口~上三田
三次から八本松に帰るはずだったのですが・・・やっぱり?三次
を通り越して志和口まで走ってしまい、結局夜汽車まで・・・(^_^;



この後暫くまた遠出が出来なくなりました。まぁやまぐち号も
暫くお休みのようですから、運行再開までに仕事を片付けたい
のですが・・。
尚、今回撮った枚数がなんと1900枚!。連写の使いすぎ
です。現地で話した時に師匠には、たぶん1000枚くらい
でしょう、と申し上げていたんですが・・・(^_^;
と言うことで、暫く芸備線~木次線の写真が続きそうです<(_ _)>

春の鉄風景あれこれ

ゴールデンウィーク前半、仕事の合間にちょっと撮って
きました。今夜からの後半は広島のカミさんの実家に
行ってきます。1日だけ師匠と木次線に行く予定です。
新緑の景色に逢えるだろうとワクワクしているんですが
・・・結果はお天気次第ですね(*^_^*)

1.美祢線 於福~重安



2.同 渋木~於福



3.山陰本線 人丸~長門古市



4.同 黒井村~梅ヶ峠



5.東後畑の棚田



6.平成筑豊鉄道 市場~ふれあい生力



7.同上



8.同上



9.同 中泉~市場



10.同 市場~ふれあい生力


プロフィール

kamisan

Author:kamisan
MyPhotoブログへようこそ!
私(kamisan)とかみさんの
二人で鉄道風景をメインに
あれこれ写真を撮ってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR