FC2ブログ

春のSL人吉~再訪 Vol.1・・・桜舞う

花吹雪、落下盛ん。この言葉に惹かれて、またまた人吉にやってきました。
先週の桜の満開時と比べるともうかなり花は散ってしまい、龍生園前の道路
や土手には花びらがいっぱい。
下りのSL人吉は結局混雑を避けて逃げ出しましたが、上りは多少なりと
人が少なくなるかも、という目論見と、風が吹いて花が舞ってくれたら・・・
と言う期待とで結局86を待ってとうとう念願が叶いました。

1.全て、西人吉~渡
人道踏切にカミさんを置いて車を移動している間に、人が増えてきました。
撮影者は線路向こう側と桜並木渡寄りの土手に集中。私は前回と同じく人道
踏切龍生園側の通路に・・・。JRの職員さんが踏切の見張りに来られて緊張が
高まります。隣に陣取った私が話しかけたら、気さくに話に応じて貰えて、
話の最後は「今度はSL人吉に乗りに来ます」「ありがとうございます」。
何時か約束を果たさなくっちゃ(*^_^*)

さて、いよいよ86の姿が見えてきました。でも風が・・・。普段なら風を嫌う
SLの撮影ですが、この時ばかりは「風よ吹け!嵐は・・・要らない!」(^_^;



2.
この辺りぐらいから風が少し吹いてきました。でも花びらはまだ舞いません。
と思っていたら・・・(^_^;



3.
風が吹き始めて数十秒後、待望の花びらが舞い落ちてきました。花びらに
ピントを合わせて汽車をぼかすことを目論んでいましたが、ボケ方が全然
足りませんでした。まだまだ勉強不足です(^_^;



4.
花吹雪と呼ぶには少々不足の感じですが、埋め尽くすほど舞ったら撮影が
パァーですから・・・(^_^;



5.
腕の未熟はさて置いておいて、これだけ舞ってくれたら大満足。上りの
撮影から逃げ出さなくて大正解でした。来年こそ、狙いを外さないよう
に修行?しなくっちゃ・・・(*^_^*)



6.
看板が写り込みましたので、下の部分をカット。尚、本日の乗務員の
みなさんは踏切に来られた職員さんのお知り合いだそうで機関助士さん?
が手を振ってくれました。カメラを持っているとなかなか手を振れません
ので、ブログ上からですが「ありがとうございました」<(_ _)>(*^_^*)



7.
さぁ、今回のSL撮影はこれでお終い・・・な筈はないですね。この後、
途中まで並走撮りをしながら、鎌瀬の俯瞰撮影地へ向かいます。


スポンサーサイト



春のSL人吉 Vol,3~番外編~

ブログを訪問頂いてありがとうございます。コメントもたくさん
頂いているのに、返礼が滞って申し訳ありません。

番外編として後々まで取っておく予定だった写真をアップしました。
今から車中泊でもう一度人吉へ行きますので・・・。前回撮り損なった
俯瞰撮影のリベンジと、西人吉の桜吹雪が目標ですが、もうひとつ、
吉尾駅の対岸からの画が加わりました。
前回同様、西人吉はSL回避ですが、返しは空いてないでしょうか
ねぇ、なんて・・・。また返り討ちになりませんように・・・(^_^;

1.
86からピントが桜に勝手に移動。カメラも桜に引き寄せられました
かねぇ・・・(^_^;



2.
葉木から那良口への移動中にパチリ。水鏡が良いですねぇ。



3.
あの超有名ポイントを下流側からパチリ。工事中でなければ車を停めて
じっくり見たかった。



4.
電線ばかりで流し撮り失敗写真でしたが、乗客の親子連れさんの様子が
何とも素敵でした。



5.
午後からの俯瞰撮影ポイントへ向かう道中に垣間見えた球磨川第一橋梁。
明日、行ってみようかどうしようか・・・。



6.
見逃さなければ、ここを86が通る場面を撮るはずでした。



7.
同行者3人。何とも長閑な良い姿でした。明日はあまりバタバタしない
撮影を心掛けたいですねぇ。なぁ~んて、たぶん無理でしょうけど・・・(^_^;



8.
吉尾駅の対岸から・・・。何ともこの光景に惹かれました。第一目標です(*^_^*)



9.
西人吉でもこんな事やってましたが、明日は花吹雪が舞っていたら
勿論しません(^_^;



10.
桜のライトアップが欲しいですねぇ。


春のSL人吉 Vol.2

待望の春のSL人吉撮影、後編です。これまで散々?師匠やたーくんの
俯瞰写真に指を咥えて眺めていたのを返上する機会が遂にやってきました。
しかもこれまで師匠も行ったことがないのに車で直ぐ近くまで行けるとの
こと。宮崎からお越しの木村さんと4人でコーヒーの前祝いをした後、
いざ撮影ポイントへ(*^_^*)。

1.瀬戸石~鎌瀬
ワクワク、ドキドキ、落ち着かないのでポジション決めさえも後回しに
付近をウロウロ。やっと決めたポジションは敢えて木の枝が構図に入る
位置。今回撮った画を見ると、ほぼ同じパターンでした。よっぽど花吹雪
が欲しかったみたいですね・・・なぁ~んて、他人事みたいに言ってる(^_^;
ただ線路際の背景が黒っぽくて、広角気味にSLを撮るにはちょっと?
不向きで、やって来たSLを見落としてしまいました(◡ ◡ฺ)
汽車の位置、お判りになりますか(^_^;
でもロケーションは大好きですから、今度は汽車を選んでリベンジしよう
と思います。



2.同上
実を言うと、リモートレリーズを車に置き忘れてきて、三脚のカメラと
手持ちカメラのシャッターを交互に押しましたので、一番美味しい桜との
コラボを撮り損ねました(^_^;
それにしても、煙が皆無ですね・・・。



3.渡~西人吉(3~7同じ)
俯瞰撮影地でツァーは解散。それぞれ次の撮影地に向かう中、私はもう
一度喧騒から静かさが戻ったはずの龍生園前の桜並木へ向かいます。
この夜、人吉で宿泊する師匠と一緒に7&11の駐車場に駐め、買い物
をしてから徒歩で人道踏切へ向かいました。さすがに誰もいません。
通りがかりのおばさん(私よりちょっと年上(^_^;)から「ジョイフル近く
の空き地は地主がいないから駐めて良いわよ」。大丈夫かな?(^_^;



4.
福岡からお見えのご夫婦が加わってちょっと撮影談義。それにしても
この構図、同じパターンですねぇ。まぁ出来上がりに納得がいかない
ので、とにかく撮り続けることにしました。



5.
この時、師匠と二人で「風よ吹けぇ~」(^_^;



6.
この光景に桜吹雪があったら・・・、八つ墓村かぁ・・・(^_^;
それでもやっぱり欲しい・・・。
(八ツ墓村、イメージは渥美清が金田一耕助を演じる映画で、頭に
 蝋燭刺して刀を手に狂気の親爺が走り回るシーンがCMでよく
 流れてました。今の若い人はご存じないかも・・・(^_^;)



7.
この青い世界に染まった桜並木の怪しげな雰囲気。その中に菜の花の
黄色と列車の灯りの何とも暖かな感じ。夕暮れならではの何とも言え
ない雰囲気です(*^_^*)


平成筑豊鉄道であのお方を・・・(*^_^*)

本来なら肥薩線の続編の予定でしたが、ちょっと旬なネタを仕入れ
ましたので・・・(^_^;

昨日(25日)、豊前での仕事の帰りに以前見つけていた平筑田川線の
鉄橋に桜と菜の花を求めて寄ってきました。元々事務所を出る際に
「今日こそは寄り道しないで帰ろう」とカメラを置いてきたのですが、
現場用に使っているD40xを載せたままにしていたことに途中で
気が付いてしまい・・・(^_^;

1.犀川~崎山(1~4同じ)
前回は菜の花だけでしたが、今日は桜が咲いています。さて列車の
時間は・・・と時刻表を見ると崎山から犀川へ向かう列車がもうじき
来るようです。
その撮影に見事?に失敗して次の列車を待っていると、踏切近くに
カメラを抱えた数人の人影。その中に特徴のある人影が・・・。
と言うことで、写真右端にいつの間にか写っていました(^_^;



2.
ちょっと分かり難いのでオリジナルを切り抜きました。もうお判り
ですよね。中井精也さんですね。
ブログ「1日1鉄」を見ると、どうやら雑誌の連載の取材で全国の
ローカル線を廻る旅の第1回目が平成筑豊鉄道だったようです。
打ち合わせ中の雰囲気でしたので頭を下げて挨拶だけしたのですが、
もっとミーハーして握手して貰えば良かった・・・(^_^;



3.
最初の流し撮りに失敗していますので、ちょっと緊張気味。水鏡の
ことをすっかり忘れてしまってました(◡ ◡ฺ)



4.
ここで立ち話をしていましたから、ひょっとしたらここから?
デジタルカメラマガジンの記事が楽しみです(*^_^*)



5.採銅所駅(5~8同じ)
新ダイヤになって、採銅所駅での交換が増えてますね。以前のダイヤに
戻った感じでしょうか。何れにしても、嬉しい(*^_^*)



6.



7.



8.


春のSL人吉 Vol.1

待望の春のSL人吉撮影。2009年春に、本格的?に撮り鉄を始めて
からほぼ4年。その始めの頃から憧れていた肥薩線西人吉の切り通しの
桜並木での撮影でしたが、撮影者の多さに恐れをなして、なかなか行く
機会を作れずにいました。
今春はSLやまぐち号のシーズン開幕が遅れたこともあって、23日に
初めての春のSL人吉です。

最初にお断りしておくと、実は23日の早朝に西人吉に行き、2枚目の
ポジションに3時間近くいたんですが、何れ撮影者で溢れかえるであろう
ことを敬遠してここを離れました。
と言うことで西人吉のSL撮影は行っていません。でも師匠と連れの木村
さん、そしてたーくんと合流してのミニ撮影ツァー、楽しかったです(*^_^*)

1.西人吉~渡
跨線橋のフェンスにカメラのレンズを押しつけて、西人吉駅方向を撮りま
した。メイン?の龍生園前方向も撮りましたが、フェンスは無い代わりに
手すりが邪魔で上手く撮れませんでした(^_^;



2.同上
これを撮った頃はまだ7~8人おられただけでしたが、SLが来る頃には
凄まじいことになっていそうな予感。早朝から陣取っていたポジションで
したが、後から来られた方に場所を譲って早々に退散しました。
ただ、SLでなくて良いので何時の日か桜吹雪が舞うシーンを撮りたい・・・。



3.葉木~鎌瀬
散々考えて陣取ったポイントでしたが、「何だか今イチかなぁ・・・」。
でもPCでみると「まぁまぁかな・・・」。汽車が何処にいるか判らないのと
カミさんにも褒められたので、ちょっと大きめのサイズで・・・(*^_^*)



4.同上



5.球泉洞~一勝地
西人吉から葉木に向かう途中に目を付けていた場所で、山桜が対岸の山の
斜面に咲いてとても印象深かったので、葉木の次のポイントとして寄った
のですが、2mほどポジションを間違えてしまいました。海路付近の水鏡
のことと言い、もう一度肥薩線に行きたい・・・(^_^;



6.同上
ここ、障害物に関しては全くの見込み違い。この後の流し撮りはもっと
酷かった・・・。電線が多すぎます・・・が、近々アップいたします(^_^;


カミさんフォト

今年になってカミさんの撮った写真の中で掲載してなかったものを集めてみました。
私とはちょっと違う視点で撮ったものや私が気が付かない内に撮ったものが多いです。
毎度同じ場所で撮ってますが、やっぱり人それぞれですね。

1.
渡り鳥の群れでしょうか。1羽ポツンと遅れてますね。これを見て期せずして
二人とも「私みたい・・・」(^_^;



2.
師匠と美祢線で俯瞰撮影した帰り、小月の鉄橋で師匠とカミさんが這いつくばって
この一輪だけポツンと咲いたタンポポを一生懸命に俯瞰と真逆の「煽り撮影」。
その格好を撮っておけば良かった(^_^;



3.
流し撮りじゃない方が良かったかな・・・と思わず後悔した一枚。



4.
雨上がりの水溜まり・・・しまった!川面じゃなくてもこの手があった(^_^;



5.
伐株山頂で急激に天候が下り坂に向かった時の空模様。雲の壁が凄い勢いで
迫ってきます。その遙か上空には彩雲?でしょうか。しかも飛行機雲まで・・・(*^_^*)




ここからは前の記事でご紹介した、崎山駅近くの今川河畔の桜と菜の花です。
撮影したのは2011年の4月10日。ブログ友の森のクマさんと初遭遇した
日だと思うんですが、今年も行かれるそうですから、写真が楽しみです。

そう言えば今年は何とそれより2週間以上早く桜が満開になりそうです。この
桜色と菜の花色に染まった春の土手を散歩したかったのですが、天気模様が
怪しくなりそうなので人吉行きを24日から23日に変更しましたので、これ
から寝袋を車に積んで出発します(^_^;

6.
この沈下橋まがいの橋は丸太と板だけで出来ています。しょっちゅう流されて
いますが、毎年のように復旧されているようです。因みに私が若い頃に見た時
はそれこそ沈下橋よりもっと低かったような気がするんですが・・・。
因みにここは浅瀬になっていて、前回は姪の子供達を連れて水ぬるむ川で水遊び
をしました。雨後の増水がなければ、橋が無くても子どもでも渉れます。



7.



8.


帰り道、寄り道、回り道

仕事帰りにわざわざ遠回りして寄り道。毎度のことですが、お陰で遠くの
仕事がちょっと?楽しくなりました。仕事もこれくらい熱心にやれば、もう
少しカミさんに楽させてあげられるかもしれないのですが・・・(^_^;

1.日豊本線 豊前松江~宇島(1~3共に同じ)
1月の末、豊前での打合せを終え、以前から目を付けていた高台の住宅地へ。
土手に桜が植わっていて桜の季節は良いだろうなぁ・・・と言うことで撮って
帰りました。先日(3月18日)も仕事の帰りに寄ってきましたが、この
上の方に咲いていたカワヅザクラの満開とは違いまだまだでした。
カワヅザクラのところから線路が見えれば言うこと無しなんですが、残念!



2.



3.



4.同 椎田~豊前松江(4~7共に同じ)
3月18日、築城での仕事を終え豊前のお役所へ。その道中に線路とは反対
側に菜の花畑を見つけましたが、国道を挟んでいるので汽車と一緒に撮すのは
ちょっと無理そう。豊前での用を終えてどこか菜の花畑を入れられる場所は
ないかとウロウロしながら辿り着いた先は、以前にも立ったことのあるため池
の築堤の上でした。



5.



6.
SS1/8で流し撮り。列車を3本撮りましたが、何とか使えそうなのは
この1枚こっきり。やっぱり1/10以下になると無茶苦茶難しいです。



7.



8.平成筑豊鉄道田川線 犀川~崎山(8~10共に同じ)
3月20日、小倉南区での仕事を終え、森のクマさんの記事を見て、桜と
列車を撮れそうな平成筑豊鉄道を間近に臨める今川河畔へ向かいました。
週末の人吉での桜列車撮影の予行演習ですが、桜の開花はまだ1~2分
咲きくらいでしょうか。でも菜の花は満開でした。
でも列車が来るまで約40分の待ち。かなり暗くなってしまいました。



9.



10.
桜はまだ1~2分咲きくらいでしたが、週末には恐らく満開になりそうな
気配ですね。この今川沿いの土手の桜と菜の花はそれは見事です。
是非一度ご笑覧あれ!、ですね、クマさん(*^_^*)



11.日田彦山線 採銅所駅
崎山での撮影を終えた頃からポツリポツリと雨が降りだし、採銅所駅をパス
して帰ろうとすると、その少し手前で雨が上がりました。どうせついでと駅に
寄ってみると、下りの列車がホームに入ってきました。大慌てでトンネル上に
向かい前回と同じ交換風景をパチリ。


さくら咲く

3月17日、山陽本線の埴生~厚狭間の沿線に一足早く彼岸桜が咲いていま
した。この桜を植えられたご主人の墓前に奥さんが供える為に桜の枝を伐ら
れていたところにお邪魔して、2時間半ほど撮影させて戴きました。

1.
ここでお弁当を食べていたら、帰ってこられた奥さんが「枝を伐るから持って
帰りませんか」。恐縮して断ろうと思っていたら「桜伐るバカ、梅伐らぬバカ、
と言うでしょう。でも枝が伸びて通りがかりの車に当たったらいけんので伐る
んですよ。だから遠慮せんで・・・」。と言うことでありがたく頂いて帰りました。
花瓶に挿していたら蕾も開いて、我が家のコタツの上は「春満開」です(*^_^*)



2.



3.



4.



5.



6.



7.
この時間帯、下りの貨物列車が立て続けに3便。貨物も春のダイヤ改正で
変わったんでしょうか。



8.



9.



10.
この凸を撮る為に2時間半待ったのに、直前になって設定をいじろうとして
下を向いている間にもう目の前まで来てました。何で毎度、こんなロクでも
ない失敗をするんでしょうか(◡ ◡ฺ)


初めて?の山口線

9日の土曜日、用事で山口市内へ。昼過ぎに用事が済んで当然のように
山口線へ向かいます。目的はいつもの撮り鉄ではなくて初めての山口線
での乗り鉄です。

汽車の時間を見るとかなり間が開きそうです。仁保に車を置いて津和野
若しくは徳佐まで往復するつもりでしたが、結局長門峡に車を置いて
「長門峡→仁保→津和野→長門峡」のコースになりました。

車内ではカメラを手に停車中はあっちにウロウロこっちをウロウロ、走行
中は最後尾に貼り付いて・・・。乗客の方が少なくてそれほどご迷惑は掛けて
ないとは思いますが、まずは「お騒がせしました。ありがとうございました」(^_^;

1.篠目~仁保
篠目から仁保への山中、当初は運転席の後に陣取る予定でしたが、バック
ミラーがドドンと出っ張っていて視界が遮られていることに初めて気が付き
ました(^_^;
やむを得ず座席に座って外に目をやると、仁保の田園風景が目に入りました。
藪の間からでもここでこれだけ見えるのなら、下からもやまぐち号の上半身が
見られそう・・・と言うことで、下から一度撮ってみようと思います。



2.仁保駅
時刻表を見るとこの先の宮野で列車の交換があるようなので、いっそのこと
宮野まで乗ってそこで素早く乗り換え、なぁ~んてことも考えましたが、
昨秋に山陰本線で同じようなことをしようとして反対方向に向かう列車の
出発を遅らせたことがありましたので、この仁保で一旦降りて、この列車
に乗り換えです。



3.仁保~篠目
今度は列車の最後尾に張り付きました。一番の狙いはトンネルの出入り口。
でもよく揺れます。シャッター優先モードを得意?の1/13で設定して
撮ったものをチェックするとほぼ全滅。Pモードと使い分けないと全滅し
そうでしたので、Pモード優先?で行くことに・・・(^_^;



4.同上
篠直です。列車からはこんな風に見えてるんですね・・・と言いたいところ
ですが、SLの機関室からだと横から顔出さないと見えないんでしょうから、
機関士さん達は大変ですね。道理で見張り役が別に要るはずです。



5.長門峡~渡川
今回の乗り鉄で見たかった私の「山口線三大車窓」のひとつ、渡川の国道
跨線橋。当然ですが「やっぱりあそこから見ている方が良い・・・」。
と言うことで、三大車窓から外します(^_^;



6.三谷駅
毎度駅前の抜け道ばかり走っているからでしょうか、駅の裏手にこんな
春の光景があることに初めて気が付きました。やっぱり季節毎にたまには
乗ってみるもんですね。



7.三谷~名草
この三谷駅のホームを夾んだY字の線路。毎度その横の踏切を渡る度に
気になっていた光景ですが、やっと列車から眺めることが出来ました。
この感じ、好いですねぇ。今度は採銅所駅で眺めてみようと思います。



8.徳佐~船平山
徳佐S字を撮ろうと運転席横にやってきましたが、そもそも貫通扉の窓は
小さく、しかもバックミラーがデ~ンと構えてますのですこぶる撮影用の
視界は不良です。それに長い間ここに立っていると運転士さんがバック
ミラーで車内の様子を見られないだろうから、と言うことで十種ヶ峰が
見えてから2,3枚撮って後部に移動です。

ところが走ってる列車の車内で後部に移動すると、ゆっくり歩こうとする
自分の意志とは関係なく駆け足のようになってしまいました。この感覚、
子どもの頃によくありましたね。大人になってから車内をそうそうウロ
ウロすることなんてありませんでしたが、子どもの頃は・・・(*^_^*)



9.同上
マイ定番、徳佐の田園風景です。今度は田植え後の青々とした光景と、
光り輝く秋の実りの頃に乗ってみたいですね。
この後、乗っている列車が津和野に着くと交換で直ぐ反対方向への列車
が津和野を出発します。仁保の時のように船平山で降りて待つことも
考えましたが、せっかくなので白井のトンネルをどうしても通りたくて
駅に停車した際に運転士さんに聞くと「大丈夫」。思わず(*^_^*)



10.船平山~津和野
さていよいよ白井のトンネルです。2月に白井の里からキハが通過する
のを眺めていましたが、その時感じていた「思ったより長いんだなぁ」。
さて実感は・・・。



11.同上
やはり思っていた以上にトンネル通過を長く感じました。さすがに
1.5kmは長いです。
今度はやまぐち号をこの方向からトンネルに入る直前の姿を撮って
みたいですね。でも300mmじゃやっぱり役不足です。



12.同上
牧ヶ野の直線路。正面はかの有名な牧ヶ野Zのお立ち台ですね。
撮って見たかったけど、手振れと逆光で叶わず・・・(^_^;



13.同上
津和野の街並みが見えてきたところであちらこちらのお宅の庭先に
梅の花が・・・。これを画にしようと梅に合わせてカメラを振ったら
こんな画が撮れました。何だか面白そうなので、何れまた・・・。



14.津和野駅
ホーム反対側に停まっている列車にそそくさと駆け込みます。実は
この様子を見るまでは、跨線橋を走らないといけないかも・・・なんて
思ってました。運転士さんの話をちゃんと聞いてないと行けませんね。
カミさんはちゃんと聞いていたようで・・・(^_^;



15.津和野~船平山
鷲原付近からの眺め。やはり私の「山口線三大車窓」のひとつです。
座席に座ればもっと広く見えるものを、最後部で無精をして撮り続けて
いたのでこの程度しか撮せませんでした。でも、この狭い狭い隙間から
かろうじて街並みが写っているのがこれまた何とも好いんです(^_^;




16.同上
仁保から津和野までの1両編成と違って、津和野からの列車は2両編成。
白井のトンネルに入ってからトンネルの入り口が小さくなるまで撮って
いたので先頭に移動するには時間が足りません。無精をして最後部から
撮って気が付きました。「あ~っ、ミラーが邪魔してるのを忘れてた・・・」(^_^;



17.船平山~徳佐
期待していた徳佐S字の全容は、キハの後部の窓に近づけないので視界が
狭く、結局撮れませんでした。座席に戻るとちょうど窓の外に十種ヶ峰が
見えてきました。



18.鍋倉~地福
毎度機会ある毎にここで並走撮りしていますが、今回は逆方向から国道を
走る車をカシャっと・・・。それにしてもこの車、見事にキハとスピードが
シンクロしてます。お陰でスピ-ド感のある画が撮れました。



19.地福~名草
この木なんの木、気になる・・・たぶん鎮守様の祠じゃないかと思いますが、
撮り鉄の時にも気になってました。今度はやっぱり撮り鉄で・・・(*^_^*)



20.長門峡駅
2時間半弱の鉄道のミニ旅が終わりました。今回は撮ってばかりで車窓を
楽しむ余裕も、そして駅弁を楽しむことも出来ませんでしたが、これから
ボチボチと非電化ローカル線の旅を増やしていきたいですね・・・なんて言い
ながら「やっぱり乗るより撮りたい!」となってしまいそうですが・・・(^_^;


遠賀川~土手沿いの春

3月10日、午前中の岡垣町での仕事を終え、夕刻の築城での打合せに
向かいます。その道すがら菜の花を探そうと遠賀川の土手を走ると、河川
敷には至るところに菜の花が咲いていますが田んぼや畑には意外と咲いて
いません。それでも昨年走った時に目を付けていた場所では、随分黄色く
色付いてきてました。
これから益々、景色が黄色く染まっていき、そうこうしている内に桜も
咲いて・・・。春ですねぇ(*^_^*)

1.筑豊電鉄 感田~筑豊直方
昨年4月初旬に来た時に比べるとまだまだ。それに前日と比べるとグッと
気温が下がって、まだちょっと寒々しい感じ。下見のつもりでしたから、
早々に次へ移動です。



2.平成筑豊鉄道 南直方御殿口~あかぢ
昨春、直方のブログ友さんに教えて貰った嘉麻川橋梁の菜の花。上流側の
河川敷内は盛期になると壮観だろうなぁ、と言う雰囲気でした。
今回は田川方面への列車ですから下流側土手上に陣取り、まだまばらな
菜の花を何とか撮し込もうと腰を落としてアングルファインダーで狙い
ますが、ピントが花に行ったり列車に行ったり・・・。
途中でいったいどっちが狙いだったか忘れてしまいました(^_^;



3.同上
そう言えばこの橋が架かっている川は遠賀川本流の筈ですが、何故か
名前は嘉麻川橋梁です。



4.同 ふれあい生力~市場
ちょっと菜の花のボリュームが足りないので接近して撮ってみました
が・・・。何かちょっと物足りないですね(^_^;



5.同 人見~金田
列車が通る時間を目がけて親子三人で見物に来られました。ちょっと
お断りして後ろ姿をパチリ。私たちが引き揚げる時にはまだ車の中で
次の列車を待っていたようで、私たちにも手を振ってくれました。
やっぱり良いですねぇ。初孫が4月に生まれる予定ですが連れ出すまで
まだ当分掛かるでしょうから、姪の子供達を連れ出してまた撮りに行き
たくなりました(*^_^*)



6.同上
↑の写真と同じ橋ですが、名前を見忘れました。因みにここは中元寺川の
河川敷で、この直ぐ下流で彦山川と合流しています。



7.同 犀川~崎山
築城での打合せが終わり、今度は今川沿いに川を遡りこの鉄橋へ。夕日が
沈んでしまった上に菜の花と橋を・・・絡められない!。でもよくよく見ると
橋の向こう側の土手に黄色いものが・・・(*^_^*)



8.同上
橋の反対側に回り込んでみるとどうやら河川の改修工事が始まっています。
菜の花の上には桜の木が並んでいますので、桜の開花までこの土手の菜の花
がどうか残っていてくれますように・・・。その頃にまた来てみようと思います。
願わくば、土手をコンクリートで固めないように祈ってます・・・。



東日本大震災からもう2年。あの日私は大分で仕事をしていて、帰りには
別府湾沿いの国道を走って帰るつもりでした。そこへカミさんから「東北で
大地震が起きて、津波警報が九州にも出ているから気を付けて・・・」との
知らせ。こちらでは大事に至らずにすみましたが、帰ってから見たニュース
の映像は本当にショックでした。
それにしても遅々として進まない復旧。しかも今度は高さ30mを越すような
水門を作るんだとか。地元市町村や住民を無視して、いったいなんでやの?
第一、海の様子が益々見られなくなると思うんですが・・・。
どうか1日も早い復旧を祈ると共に、国や県はもっと住民に寄り添った施策を
行って欲しい。
プロフィール

kamisan

Author:kamisan
MyPhotoブログへようこそ!
私(kamisan)とかみさんの
二人で鉄道風景をメインに
あれこれ写真を撮ってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR