FC2ブログ

楽して俯瞰・・・あっちこっち(^_^;

先日、サロンカー「なにわ」を追った際に、山陰本線の長門古市と人丸の間の
田んぼから見上げた背後の山の景色の中にガードレールが見えていました。
当日はそこを探す時間がありません・・・実際は列車が遅れて充分時間が有ったん
ですが・・・でしたので、昨日の日曜日、仕事を終えて午後から再度探しに行って
きました。車で楽に行ける俯瞰撮影ポイントを求めて・・・(^_^;

1.人丸~長門古市
長門古市から津黄に向かう途中の峠道からちょっと山道に逸れたところに立って
俯瞰した光景です。



2.長門古市~人丸
この光景を見ると、やっぱりここからもなにわを撮ってみたかった。



3.伊上~人丸
今度は人丸から棚田で有名な東後畑へ抜ける道中から・・・。本当はもっと広々と
見えるんですが、折角の色付いたハゼの木を入れないわけにはいきません・・・とは
カミさんの弁。
そう言えばハゼの実が成っていましたが、どうやら二人ともハゼ負けは無さそう
です。でもカミさんは小麦に負けてしまいます。うどんやラーメンを食べられ
なくなってちと可哀想(◡ ◡ฺ)



4.人丸~伊上
更に峠を上って行った先でこの光景を見つけました。夕陽は雲に遮られ、辺りは
もうかなり暗くなっていましたが、デジ一の高感度のお陰で何とか撮れました。



ここからは、以前撮影していて掲載していなかった分を・・・(^_^;

5.埴生~小月(2月19日撮影)
ご存知、石山からの俯瞰ですが、こちらは定番ではない山上からです。関門海峡に
架かる橋が遠くに見え、周防灘に浮かぶ満珠干珠の島が見えます。山陽本線を走る
列車は只今ドライブインみちしおの近くを通過中。
と言うことで、こちらも結構良い眺めなんですけどねぇ・・・。



6.埴生~厚狭(2月19日撮影)



7.黒井村~川棚温泉(9月22日撮影)
下関市の内日から川棚へ抜ける峠道にある展望台からです。実を言うとここから
なにわを狙おうかと下見した際の画です。山口線を欲張らなければ、ここから
追いかける術があったようなんですが・・・(^_^;



8.同上


スポンサーサイト



名島~多々良川の夕暮れ

名島・・・福岡に行くたびに気になりながら通り過ぎていた場所ですが、
21日(日)仕事で右岸の遊歩道近くに行くことになりそわそわ(^_^;
用事が終わって、ちょっとだけ撮って帰るつもりでしたが・・・。

1.箱崎~名島(以下、全部同じです)
いい環境ですねぇ。多々良川の土手と河川敷を整備して遊歩道が出来て
いました。ここからなら、鉄道を横から撮るのが大好きな私は1日居ても
飽きずに過ごせそう(*^_^*)
今回は待っている間に貨物列車が来なくて残念でしたが、仕事が本決まり
になればまたチャンスがありそう、とこの後の騒動を知ることもなく引き
揚げました。



2.
名島から博多の次男のところに寄り「さぁ帰ろうか」と言うと、カミさんが
「眼鏡が・・・」。どうやら名島の土手に腰を降ろしていた時にスカートの
上から滑り落ちたらしくて、いつもの帰り道から外れてまたここへ。
「仕方がないなぁ・・・」と口では言いつつ、こぼれる笑みは押さえられま
せん(^_^;



3.
板付の飛行場に降りてくる飛行機がひっきりなしに着陸態勢で降りてきます。
この街の真ん中にある飛行場だけにやっぱり画になりますねぇ。でもやっぱり
見ていて「怖い!」



4.
やっと貨物列車の登場です。客車と違って非常に判りにくいのですが・・・。



5.
それにしても私向きの良い場所でした。もっと近くだったら毎晩のように
出かけて流し撮りをやっていることでしょうね。と言うことは、近くじゃ
なくて良かったのかも・・・(^_^;



6.
この時間でこの環境。もっと大勢の散歩をする方がいるのかな、と思って
いましたが意外に少ない。私たち夫婦も久しぶりにアベック?で歩きました
が、話している内容が・・・ロマンチックじゃない!(^_^;



7.
貨物列車の再来を待っていましたがやって来ないので諦めてトボトボと帰り
かけると、まるでそれを見越していたかのようにやっと来ました。
でも暗くてファインダーの中では機関車の機種も位置もよく判りません。
カミさんは「銀釜だったんじゃない?」。「と言うことにしておこう」(^_^;


やまぐち号重連~徳佐秋景色動画編


徳佐秋色
↑ここをクリックするとYoutubeの画面が立ち上がります。
どうぞ大きな画面でご覧下さい。
 
一言お詫びを・・・<(_ _)>
記事の記載やコメ返では「風がないので・・・」という言い訳を書いておりましたが、
こうやって動画を見ると「なぁ~んだ!結構良い風が吹いてる」。
撮っていた時に感じていた記憶と実際の映像にこんなにずれがあるなんて・・・(^_^;
どうも失礼いたしました<(_ _)>

徳佐秋景色~煙とススキと・・・

やまぐち号重連撮影、10月20日の私のラストランで一番拘って撮った画です
が、どうやら入れ込みすぎて思っていたような画が撮れませんでした。
前回のスーパーおきや今回の重連直前に撮ったキハの方は自分なりに納得して
いたんですが・・・。本番に弱い?・・・やっぱり修行が足りません(^_^;

1.船平山~徳佐
徳佐でやまぐち号と交換する上りのキハがやってきました。試し撮りには絶好。



2.同上
ほぼ狙っている通りのショットが撮れて、重連撮影への期待が高まります(*^_^*)



3.同上
全く同じポイントからキハを追いながら、カメラをちょっと下に振って今度は
ススキに焦点を合わせます。果たして重連にもそれで通用するのか・・・。



4.徳佐~船平山
やまぐち号が迫ってくる中、予想外の事態が・・・。間に一人撮影者が入っていました。
試し撮りの時にはいなかったはずなのに・・・と思ってキハの写真を後で見るとどうやら
置き三脚されていたのを見落としていたようです(^_^;
「こりゃ失敗かぁ・・・」と思っていましたが、パソコンの画面で見ると何とも言えず
良い雰囲気です。第一番にこの麦藁帽子が効いてます。とんだ失敗をした思ったのに
お陰で好きなショットが撮れました(*^_^*)
※お顔が見えないので掲載させて戴きました<(_ _)>



5.同上
写真の編集をしていて気が付きました。ススキが今いち・・・風がない・・・ススキが
揺らめいてない・・・背景のボケが綺麗じゃない・・・う~ん、キハの時と全然違う。
と思っていたら、動画を見ると風は結構ありました。丁度ススキの穂が風向きが
変わる瞬間にまっすぐ立ってしまったタイミングの写真のようです(^_^;
(^_^;



6.同上
失敗を気にしてばかりいてズームを引くのを忘れてました。手前のススキがほとんど
写ってない!(>_<




7.同上
上と同じです。失敗をくよくよと何時までも引きずってしまってます。でもまぁ取り
あえずススキと重連を撮れたんですから・・・。贅沢を言ったらきりがありません(^_^;



8.同上
取りあえず私にとっての今年のやまぐち号重連の写真撮影はこれで終わりです。
バイバ~イ、また来年!(*^_^*)


やまぐち号重連~私のラストラン

今年の私の重連ラストランは10月20日(土)、okam5311さんとのビデオ並走撮り。
只今カミさんの左手怪我で並走撮りを諦めざるを得ない状況で「渡りに船!」のラスト
ランです。これまで静止画ばかりでしたが、念願のロードムービー?の実現です(*^_^*)

尚、okam5311さんがネットでムービー変換中ですので、掲載され次第またお知らせ
します。

1.山陽本線 戸田~富海
明朝は晴れ確実! そう確信して現地近くのパーキングで満天の星空を眺めながら
車中泊。朝目覚めると、東の空はもう白々と夜明けを迎えています。列車と朝焼け、
これがテーマでしたが、事前にネットの地図で調べたとおり、現地でもちょっと
方向がずれていました。もっと日の長い時期に来ないと駄目のようですね。



2.同 富海~戸田
思ったような画が撮れないまま、山口線に移動する時間が迫ります。引き揚げる
途中の峠でまたまた振り返ると、朝の斜光線を受けて前回とはまた違った雰囲気の
景色が「もう少し撮って行きなよ」と私を誘惑?します(^_^;



3.山口線 宮野~仁保
どうも私は篠目以南西方向が鬼門で、未だに撮影ポイントを殆ど知りません。今回も
okam5311さんに案内して戴いて宮野方面へ。



4.同 篠目~長門峡
「長門峡へ真っ直ぐ行こうかどうしようか・・・。そうだ、篠目の学校跡に行ってみよう。」
ところがその道中で黄金色に輝く田んぼに遭遇。あっさり撮影ポイントを変更して
しまいました。気紛れにお付き合い戴いて「okamさん、すみませんでした」(^_^;



5.同 徳佐~船平山
今回の重連の私にとってのハイライトがここです。殆ど無風でススキはピンと立って
ますし、そのせいかススキのキラキラ感もありません。でも風が吹くと今度は煙が・・・。
と言うことで、思っていたような画は撮れませんでしたが、ここの眺めはやっぱり良い
ですねぇ。機会があれば重連でない時にもう一度挑戦してみようと思います。



6.同 津和野~船平山
なごみの里の第2駐車場?で姿の見えないやまぐち号の煙が家々の屋根の上を這って
くるのを眺めながら並走準備。唯一姿を現すこの土手でパチリと撮ってさぁ出発です。



7.同 大歳~仁保津
okamさんと別れてから一人でここへ。8月1日に岡見貨物を真っ暗な中で撮った
ポイントです。
やまぐち号のラストランが11月17日。日没の時間がPM5:10、この辺の
通過予想時刻を5:00~5:05だとすると、夕日が山陰に沈んでさえいれば
ひょっとすと夜汽車を撮れるかも・・・。捕らぬ狸の・・・です(^_^;



山陽本線四郎谷と山口線重連の写真を取りあえずアップしました。と言っても、
続編も大して代わり映えしないんですが・・・(^_^;
そう言えば今回の撮影ではwingoodさんにすれ違いを含めて3度、ajiさんに至っては
4度もお逢いしました。それだけたくさん行かれてるなんて羨ましい・・。
そうそう、gurix2(グリグリさんと呼んでます)ともようやくお逢い出来ました。
声を掛けて戴いてありがとうございました。混雑する徳佐S字でよくお判りになった
もんだと感心しきりですが、大きな声じゃ言えませんがたぶん高速道路を飛ばしていた
ところを見られてしまってたんでしょうね(^_^;

力強く、そして疾駆~やまぐち号重連

重連の力強さとスピード感、流し撮りと並走撮りでお届けします。腕が未熟で
ちょっと?物足りない部分はありますが・・・(^_^;

1.9月29日、渡川~三谷
C56もそれなりの煙を出してます。



2.同 津和野~船平山
この角度から見ると、C57の煙が白くなっている途中からC56の煙が混ざって
そこからまた煙が私の頭のような?ごま塩煙になっているのがよく判ります。
この牧ヶ野辺りではC56も結構頑張ってますね。



3.同 同上



4.同 同上
白井の里のお立ち台から皆さんが撮っている辺りの重連の姿を横から撮っています。
やはりここでもC56、頑張ってます。煙もしっかり出してますね。ATSの故障
が無ければC56が先頭に立つ場面もあったんでしょうけど、ちょっと可哀想・・・。



5.同 渡川~長門峡
長門峡手前の直線コース。私の体感ですが、徳佐の直線と合わせてやまぐち号が
最も気持ち良さそうに飛ばしているように見えます(*^_^*)




6.9月30日 船平山~徳佐
ズーム流しをするとき、SSを1/15で流したらご覧の通り先頭にピントが合っても
後部が完全に流れてしまって、これじゃ重連にはとても見えないですね(^_^;



7.10月6日 名草~三谷
このところ70-300mmの望遠レンズで流し撮りをすると、何故かピントがボワァ~
っとした感じでしたが、久しぶりに良い感じになってました。次もこれで行きたいもん
ですが・・・。



8.同 同上



9.10月13日 長門峡~渡川
ブレの微妙なこの画を掲載するかどうか迷いましたが、6枚目との対比のために掲載して
みました。このインカーブからの感じを徳佐で撮れれば・・・。


ススキ~秋ですねぇ

秋の風物詩、ススキが随分目立つようになってきました。先日の美祢線~山口線~
山陰本線での撮影でもススキに拘って撮ってみた画をご覧頂こうと思います。

1.山口線 名草~三谷
10月6日、仕事を終えて午後から駆けつけましたが、木戸山峠を抜けた時には
もうやまぐち号は徳佐を出る頃。やむを得ず三谷~名草間の国道脇でススキを
絡めて撮ろうとした結果がこれ・・・(>_<

と言うことで、この画がススキに拘るようになったきっかけです。何が何でも
ものにしてやろうと・・・(^_^;



2.同 徳佐~船平山
10月13日、やまぐち号の重連をこんな風に撮りたくて、敢えて正明市号を
追わずに徳佐S字にやって来ましたが、汽車は煙の残り香と後ろ姿を残して
走り去っていきました。要するに遅刻しました(^_^;
リベンジの為の試し撮りを兼ねて、昼過ぎに山陰本線に転進するまでここで
粘ります。問題は撮影当日、ここと汽車の間に人が立っているかどうかです。



3.同上
このポイントなら踏切ですから当然人は居ないはずですが、正面なので重連で
なくてもいいかも。問題はススキのこの状態がいったい何時まで持つのかです。



4.同上



5.同上
何方かが「ススキは逆光は画になるけど順光はただの雑草だ!」と仰ってました
が、この画を見るとそうでもないような・・・。勿論、逆光に輝くススキには敵い
ませんが・・・(^_^;



6.同 船平山~徳佐



7.山陰本線 人丸~長門古市
山陰本線のここにやってきて最初に目に付いたのがここのススキ。ああでもない、
こうでもない、と言いながら散々試し撮りした中の一枚です。



8.同 長門古市~人丸
この写真の中で、手前のススキの向こう側がやけにすっきりしていますが、私が
立っていた時にはまだススキとセイタカアワダチソウが咲いていました。
そのススキを、後からやってきてちょん切ったのがいます。私はその場を離れて
いたので現認していませんが、少なくとも先に来てカメラを構えている人間に一言
断って了解を得てからにして欲しいもんです。
カミさん「ちょっと悲しかった・・・」。(◡ ◡ฺ)
このせいじゃないけど、今熱を出して寝込んでます。そう言えばこの夕暮れは急に
寒くなりました。ここにカミさん一人置いて離れたのが間違いでしたかねぇ。普段、
並走撮りばかりやって不慣れですから・・・。でも私より良い画を撮ってる・・・(^_^;



9.同 人丸~長門古市
前回の残り物をちょっとここに滑り込ませました(^_^;


正明市號~サロンカー「なにわ」です

10月13日、DE10の牽くサロンカー「なにわ」が正明市號として美祢線
~山陽本線~山陰本線を走りましたので撮りに行ってきました。

厚保での撮影の後、途中?徳佐で新米を仕入れてから長門市方面へ転進。
一番の狙いだった夕焼けは・・・。

1.四郎ヶ原~厚保
カミさんの左手首の怪我の回復が遅れて・・・と言うより先日のやまぐち号並走
撮りの時に無理をして悪化してしまいましたので、今回は並走撮りは止めて、
まだカミさんが行ったことのない厚保駅の俯瞰ポイントへ。



2.厚保
厚保駅にはブログ友さん方が何人もいらっしゃってたようです。でもさすがに
ここからじゃ判りません(^_^;



3.厚保~湯ノ峠
ここは俯瞰場所が上下三段に分かれていて、中段と上段は擁壁に取り付けられた
梯子を登ります。私は中段に陣取りカミさんは下段のフェンス際に陣取って撮り
ました。因みにこの画はカミさん撮影です。
そう言えばここで京都から来られていた撮り鉄さんご一緒して、とても和やかに
撮影出来ました。良い画が撮れていると良いですねぇ(*^_^*)



4.人丸~長門古市
海辺に行って夕陽と一緒に撮りたいところですが、下関~長門間は意外にそんな
場所が少なく、そんな場所に行けばたぶん混雑しているであろうと予測して以前
から気になっていたこのセブンイレブン横の踏切にやってきました。
雲が多くて夕陽は・・・と思っていたら陽が射してきました。これなら、と思って
待ちますが、正明市号なかなか現れず、結局夕陽はまた雲の中。そして遅れること
20数分、踏切が鳴り始めてやっとカーブの向こうから姿を現しました。ホッ!(^_^;



5.同上
よそんちの庭先に咲くコスモスを無理矢理絡めて・・・(^_^;



6.同上



7.同上
こちらはカミさんが踏切の横から撮りました。直前に車がやってきて間に入られそう
になり心配したそうですが、線路際からちょっと離れたところに邪魔にならないよう
車を停めてどうやら気を遣ってくれたようです。
その後親子で撮影の様子。「ちょっと良い感じの点景」になってくれましたね(*^_^*)



8.同上



9.
撮影後7分ほど経って雲の下から夕日が顔を出しました。もうちょっと早く顔を出して
くれればいいのに・・・とも思いましたが、そうなると完全逆光で真っ黒けのサロンカー
になっていたかも・・・(^_^;


四郎谷憧憬

9月29日のやまぐち号重連運転の初日。普段よりちょっと早起きして、
山陽本線の戸田~富海間にある棚田で有名な四郎谷地区へ寄り道してきま
した。以前、富海でトワイライトEXPを撮影した時から気になっていた場所
ですが、やっと今回実現できました。

1.四郎谷(しろだに)
国道からもっと苦労して辿り着くのかと思っていましたが、案に相違して
あっけなくこの眺めに出会うことが出来ました。先人は隣の富海駅や戸田駅
から苦労して辿り着かれたようですが、現在は車で来ると真にあっけなく・・・(^_^;



2.戸田~富海
到着早々貨物列車の登場。幸先良いと思ったのですが・・・。
因みに、右側にトンネルが見えています。昼なお暗く、夜は出来れば通りたく
ないような・・・(^_^;



3.同上
線路際から突き出た岬の方向へ歩くと「関係者以外立ち入り禁止」の立て札が・・・。
そこから波打ち際に降りて列車の通過を待ちます。



4.同上
ムムッ、何だか見慣れない列車が・・・と思ったらとんでもない勘違い(^_^;
キハがこの電化区間を走るはずがない・・・と言う先入観が生んだ間違いですが、
それでも何だか嬉しい(*^_^*)



5.同上
入江を隔てた対岸を列車が走ります。今度は此処からトワイライトEXPを撮って
みたいですねぇ。



6.同上
ここは線路の護岸と船溜まりの波止の中間地点。汽車は来ていませんが、山口線に
向かわないと下りのやまぐち号に間に合わなくなりますので取りあえずの一枚です。
今度は夕暮れ時に波止の先端から、海面に映る夜汽車を撮ってみたいですね。



7.同上
海岸から国道へ向かう四郎谷の坂道の途中で振り返ってしまいました。思わず
「此処から撮りたい!」。時刻表を見ると10~15分ほどで上下線共に電車が
来るようです。「エ~イッ、こうなったら高速を飛ばして山口線入りだぁ」(^_^;



8.富海~戸田
6枚目を撮った船溜まりが見えます。こんな寄り道をするくらいなら、波止の
先端からも撮っておけば良かった・・・と言っても後の祭り(^_^;



9.同上
山陽自動車道下り線の富海PAから富海の集落を見下ろして俯瞰撮影。ここでも
「あと3分で電車が・・・」。山口線に向かうのがどんどん遅くなってます(^_^;
それにしてもここの景色、一度夜景で列車を撮ってみたくなりました。



この四郎谷、出来れば稲刈りが済む前のお天気の良い日に来てみたかったですねぇ。

採銅所の秋

実はこれ、9月25日と10月1日に撮った分です。少々・・・いえ、かなり
遅くなってしまいました(^_^;
仕事帰り、もう陽が当たらなくなった採銅所の夕刻に立ち寄りました。

1.採銅所駅(以下全て同じです)
毎夕5時半に列車の交換があります。このタイミングを狙って9月25日に
駆けつけましたが、無情にも夕陽は牛斬山の山陰に隠れてしまいました。



2.



3.



4.



5.



6.
10月1日、「今度こそ!」とひとつ前の便を狙いましたが、余計な回り道をして
5分ほど遅刻。あれよあれよという間に陽は翳り、結局5時半に・・・(^_^;



7.


プロフィール

kamisan

Author:kamisan
MyPhotoブログへようこそ!
私(kamisan)とかみさんの
二人で鉄道風景をメインに
あれこれ写真を撮ってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR