FC2ブログ

彦山駅は雪国?

雪道未体験の次男が瑞穂ハイランドスキー場へ行くことになって、予行演習?の為に
29日午後から英彦山方面に向かいました。当然のように日田彦山線での撮影を目論み
ましたが、夕暮れ時に降り出した激しい雪からカメラを守るのに必死豆炭でした(^_^;

深倉の踏切奥からです。昨春に撮った頃とは随分印象が違って見えましたが、これだけ雪が
積もっていれば別の景色ですね。春とは又違った雰囲気があってとても良かったです(*^_^*)
今度は桜の季節に訪れてみたいと思いました。この辺りに桜・・・咲いているといいのですが・・・(^_^;






彦山駅です。雪道走行訓練?の後、当初は豊前桝田駅近くまで下って鉄橋横で待っていたの
ですが、雪が激しくなって辺りが一気に暗くなったところで、思い立って彦山駅に戻って
キハの到着出発を狙いました。
ところで、何故か「駅~ステーション」という言葉が脳裡に浮かびました。映画を見たことは
無いのですが・・・(^_^;






サッカー日本代表、優勝しましたね。(^_^)v  遅くまで起きて、眠い目をこすって応援した
甲斐がありました。おめでとうございます(*^_^*)
スポンサーサイト



2011年 津和野稲荷号④

ネタが無くなってしまいました。と言うことで、かなり時間が経ってしまいましたが、
1月3日の夕陽を浴びるC56の写真をほじくり出してきました(^_^;

煙が無いのがやけに目立ちます。この角度から撮ると、やっぱり煙が欲しくなるもんですね。




お母さんと子どもさんが連れ立ってやって来ました。私たちの直ぐ真横にも赤ちゃんを連れた
お母さんがいます。山口の街には日常の風景として馴染んでいるんですね。いいなぁ・・・(✿◡‿◡ฺ)


大好きな夕陽を浴びる後追いの姿です。これでしばらくのご無沙汰です。寂しい・・・(^_^;






日田彦山線~久大本線②

筑前岩屋を後に、一気に日田を通り越して豊後森方面に向かいます。途中たくさんある
撮影ポイントに目移りしながら、お気に入りの雪景色を探したのですが、ゆふいんの森号
に出会った途端、追ってしまいました。習性というのは恐ろしい・・・(^_^;
でもさすがに特急列車。あっと言う間に逃げられ?ました。当然と言えば当然ですが・・・(◎‿◎)


豊後森駅で上記のゆふいんの森号と交換でやって来た博多行きのゆふいんの森号。
雪景色にも映えますね。もっと早い時期に来れば、ゆふDxにも逢えたんですね。








豊後森の扇形機関庫は何時ももの悲しい雰囲気を感じてしまいます。往時の最盛期の写真を
見たりすると、そのギャップに尚更・・・。線路と転車台が残っていてくれたらなぁ。




豊後高田を目指して、玖珠から院内に山越えしました。ここも凄い積雪。車の往来がほとんど
無い故か、国道でスノボーをやってるのがいました。


宇佐駅近くの真っ暗な田んぼの中、夜汽車を待ち受けました。街の灯りが欲しい・・・(^_^;
ところでこれは883系?885系? 暗くてサッパリでした。


青白い光りが・・・。これってスパークの瞬間でしょうか。だとしたら、まさにビギナーズラック!(^_^)v


日田彦山線~久大本線①

16日の日曜日、午後から時間がとれて急遽日田彦山線・・・と言うより筑前岩屋、そしてあわよくば
久大本線での雪景色の俯瞰・・・。雪道を何とか通り抜けて筑前岩屋に到着しましたが、残り時間を
睨みつついつものように欲張って駆け足で撮影地を廻ってしまって、トホホな結果に・・・(^_^;

出発時、八幡には積雪は皆無。チェーン規制の出ていた採銅所にもほとんど積雪はなく、添田町に
入った途端にあっと言う間に雪景色に変わりました。


東峰村の小石原を通過。たぶん積雪30cmは優に超えていたと思います。


案に相違して筑前岩屋付近は意外に積雪が少なかったです。でも嬉しいことに青空が覗きました。
「どうか、キハが来るまで青空が持ってくれますように・・・」


何時も気になる農家の雪景色。この蔵が何とも好きなんです。


キハが栗木野橋梁を通過するまで、何とか青空が持ってくれました。


大行司駅で先ほどのキハと交換で上ってきた黄色のキハ。宝珠山橋梁を通過していきます。
カミさんは余裕で撮っていますね。


私はウロウロしていて気が付くのが遅れました。黄色い車両に気が付いた時には、もう渡り終え
そうなタイミングでした。トホホホ・・・・(◡ ◡ฺ)


2011年 津和野稲荷号③ 後半

津和野稲荷号の第3弾です。元日から随分経って、とっくに旬は外れてしまいましたが、
まだまだ寒い日が続いていますので・・・。言い訳になっていませんね(^_^;

寒い中、ご苦労様です。次男がこの前(ファン限定)に掲載した分に『鉄道員〔ぽっぽや〕』と
題を付けて帰りましたが、さて私は・・・。写真に題を付けるのって、結構難しいですね(^_^;


牧ヶ野で待っている間、雪が小やみになってきました。やったね、とニンマリしたのですが・・・。


津和野稲荷号がやってくる少し前から吹雪いてきてしまいました。白井の里や牧ヶ野沿線で
待っておられた撮り鉄の皆さんには、何ともお気の毒な降り方でした。








機関士さん達は機関室でずっと吹きっさらしの状態ですね。いくら罐の火があるとは言え、
凄いなぁ、と思います。でも一度経験してみたいような、やっぱりしたくないような・・・(^_^;


機関士さん?に手を挙げて貰っていました。白井の里のひな壇で撮っておられた皆さんへの
挨拶もあったのでしょうね。当方は気が付かずで、大変失礼しました。気が付いていたら
手を振っていた? いえいえ、前方をしっかり見ないといけないので・・・(^_^;
でも、嬉しいですねぇ。写真をアップしながら、目尻が下がって口元が緩んでしまいました(^_^)v


建物の横にお一人?


2011年 津和野稲荷号② 前半

津和野稲荷号のやっと第2弾です。正月の留守中にたくさんのコメントを戴いて、その
返事と年始の挨拶回り・・・あっ、勿論ブログの・・・で、ついつい遅くなってしまいました。
と言い訳はこれくらいで、早速写真をアップしたいと思います(^_^;

山口インターから国道9号線をひた走ってくると、篠目駅方向からピッタンコのタイミングで
キハがやってきて並走になりました(^_^)v 少し遅らせて後追い状態で、線路際で巻き上がる
雪煙を狙ってみようとしますが、撮影助手?の次男の意図はどうも背後に見えてきた雪を被った
お山とのコラボレーションだったようです(*^_^*)


国道の下を潜って渡川駅に向かっています。走行中の車中からですが、フェンスを上手く躱した
ようですね。


障害物に隠れてしまう直前のショットです。私はこの方が好きですが、撮った本人は縦撮り風に
カットしたかったようですので、希望を入れて縦長にトリミングしたものを次に掲載しています。




地福駅発車直後。この雪では、接近戦で撮らないとやっぱり駄目みたいですが・・・。






鍋倉駅の発車直後。この時点で徳佐の田んぼでの雪景色の望みは、雪にかき消されてしまいました。




ご挨拶を忘れているブログさんがあるかもしれません。もしそうであれば大変申し訳ありません。
ぼちぼちとお伺いしたいと思っていますので、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

2011年 津和野稲荷号①INDEX

あけましておめでとうございます


今年もよろしくお願いいたします m(_ _)m  と言うことで、少々遅いご挨拶になりました。
今年は当初元日に山口線に行くつもりでしたが、12月31日に急遽広島に行くことになって、
撮影日を1月2日に延長。ところが天気予報は1月2日は雨の予想。迷った挙げ句に、雨よりは
雪の方がましだと元日に又変更。結果、徳佐の雪景色の中を走る汽車のの背景に十種ヶ峰が見え
たのは、撮影を取りやめた1月2日のことでした。あ~あっ・・・(◡ ◡ฺ)

この写真は元日の午前11時12分頃の様子です。どうぞこのまま~♪、昼過ぎまで保ってくれ
ればここに汽車が写っているはず。そうなれば言うこと無し!だったのですが・・・


三谷~名草駅間の以前パトカーが陣取っていた踏切横です。雪が酷くなって、徳佐の田んぼから
移動してきましたが、ここも似たり寄ったりの降り方でした。


津和野の転車台でもかなりの降り方でした。この後3時過ぎ頃に小康状態の時間がありましたが
津和野稲荷号出発時には又激しく降り出してしまいました。


牧ヶ野です。ここでも通過直前から激しい雪降りになってしまいました。凄かったですねぇ。


津和野稲荷号のヘッドマークの「賀正」を借りてご挨拶を申し上げます。
1月3日の広島からの帰途、滑り込みセーフで何とか間に合いました。しかも夕陽のおまけ付き
です。ラストランでは諦めざるを得なかった画ですから、何とも嬉しいお年玉を戴いた気分です(*^_^*)


以前から初詣稲荷号と呼んでいましたが、正式には津和野稲荷号だったんですね。よく調べないと
いけません。失礼いたしました。
プロフィール

kamisan

Author:kamisan
MyPhotoブログへようこそ!
私(kamisan)とかみさんの
二人で鉄道風景をメインに
あれこれ写真を撮ってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR