FC2ブログ

キス釣り~木与の浜にて

私の本来の、と言うか若い頃からの趣味は釣りでした。高校生の頃に小遣いを貯めて当時
流行のグラスロッドを手に入れて、喜び勇んで若松の釣り場に飛んでいったものでした。
当時から鉄ちゃんだったら、きっと親父のカメラを借りて若松の機関区に蒸気を撮りに
行ったでしょうね。
そう言えば親父の薫陶を受けて、フィルムの現像から印画紙の焼き付けまでしていましたが
とうとうこの数年前まで、カメラに興味はなかったのに何で今更・・・という感じです(^_^;

その後、高校を卒業して家業を手伝い始めてからも釣り一筋。結婚して子供が生まれた時、
両親から危険な磯釣り禁止令が出て、以来釣りはキスの投げ釣りと豊田湖のワカサギ釣り、
そして時々の山登りをやってきました。ここ数年は随分釣行山行とも回数が減りましたが、
代わりに随分と撮影行が増えてきました。

6月に宇田郷を訪れた帰り、カミさんと新婚!の頃に良く通った木与の浜を見て1年ぶりに
「釣りた~い」症候群が出ていましたが、とうとうこらえきれずに次男と行ってきました。
今回は体調が戻ってないカミさんは留守番でしたが、実はカミさんも投げ釣りをするんです。
しかも、あの虫餌を素手で平気で付けられるようになりました(^_^;


次男の出足好調、一荷で釣れました。


どうにも冴えない、どこかの親爺。ピンぼけを幸いにブログ初登場です(^_^;  納竿するための
片付け中ですが、暑さでもうヨレヨレになっています。
因みにこの浜の秋ギスは、浜とこのテトラの間にチョイ投げして釣れます。波があると潮がこの
内側に回り込んで釣りづらいですが、この日は穏やかで、コンスタントに当たりがありました。
疲れましたが、やっぱり来て良かったぁ(^_^)v


釣りを止めた後、ヨレヨレになのに宇田郷の惣郷川橋梁へ向かいます。何としつこい!(^_^;
次男の撮った写真の遙か先のほうに、トンネルから出てくるキハのヘッドライトが見えます。
撮った当人は、手前の釣り人のシルエットに気を取られて全然気が付いていませんでした。


ここにお一人、若い鉄ちゃんがおられて、ちょこちょこっとお話ししました。ブログのことも
話そうかな、と思いましたが、まだ恥ずかしさが先に立っちゃいました(^_^;




何時かここで、夕陽と輝く海と橋とキハを撮りま~す(*^_^*)




本日の釣果です。大きくて17~18cmクラスですが、ピンギスが釣れなくてホッとしました。
総数は2人で69匹。途中からテトラの内側を攻めた私の方が成績が良かったですから、経験の
差が出たようです。もちろん、カミさんの手料理で美味しく頂きました。


スポンサーサイト



夕景~宇賀本郷

未だ調子上がらずですが、温泉に行くのだけは別で、仕事が一段落した昼過ぎから山陰の
大河内温泉に行ってきました。その道すがら、いつもの宇賀本郷の夕景に逢ってきました。

実は今回、1~6枚目と7~10枚目を分けてアップしました。私とカミさんの撮影分ですが、
こうして並べてみると同じ場所で撮っても結構嗜好が異なっているのが分かりますねぇ。

Ⅰ.結構ドラマチックに撮ってます。




1,2枚目の感じで撮ろうとしたのですが・・・(^_^;


数日前にBS朝日の「鉄道、絶景の旅・山陰本線後編」の中で、みすゞ潮彩号が一時停車する
絶景ポイントとして紹介された場所です。宇賀本郷の踏切で撮ったあと追っていると、駅でも
ないところで停車しましたので「何事?」と思いましたが、よくよく考えてみるとテレビで
見たばかりだったのに・・・(^_^;  停車している間に、結局追い越してしまいました。


結構大胆に車両先頭部を流し撮り。


夕陽がある内に、3枚目をこんな風に撮りたかったのですが・・・(^_^;



Ⅱ.情緒的な感じですねぇ。


目論見に近いのですが、もう少し雲間からこぼれる夕陽を何とかしたかった・・・。


長門二見まで追ったみすゞ潮彩号が、滝部駅から折り返してきました。明るい塗色の車両は、
この時間帯にはとてもありがたい存在です。僅かな残照を受けて、明るく写ってくれました。


引き上げようとした途端、今度は上り方向への踏切が鳴り出しました。大好きな1両編成の
キハ広島色です。でも、夕暮れ時は寂しそう・・・。


最近、写真を掲載する時にコメントが湧いてこなくなりました。もう涸れてしまったので
しょうか、って「それほどのもんか」と叱られそうですが・・・(^_^;
今回もまた後からコメントを追加しましたので、先にコメントをお寄せいただいた皆さん、
どうもすみません m(_ _)m

涼を探して~阿蘇

BSデジタル号を追うことを諦めて4日午後から阿蘇へ向かいました。高原の爽やかな風と
清冽な湧水を求めて、早めの移動です。こんな気分になったのも、既にバテ気味だったのかも
しれません。
はやる気持ちに体が付いてこん!・・・言いたかないけど、歳ですねぇ(^_^;

御船ICから南阿蘇へ抜ける途中、西原村で昨年出会った景色を思い出して又寄ってみました。
この不定型な田圃の形が何とも言えませんね。ただし、まだ時期尚早でした。この写真は昨年の
9月21日のものです。そう言えば、今年ももう彼岸花の時期になりましたね。
撮影場所のURL  http://link.maps.goo.ne.jp/map.php?MAP=E130.53.55.480N32.49.1.767&ZM=10
ここから東側方向を撮っています。(*^_^*)


南阿蘇、竹崎水源です。今回、水汲み用のコンクリートの足場が出来ていました。
ちょっとガッカリ。ここにそれは不釣り合いかと・・・。


窮屈な体勢になるのでD5000のバリアングル液晶の出番・・・と思いましたが、どうにもAFが
うまく合焦しません。取りあえず撮ったらピンぼけ。MFで撮ろうとした途端、トンボに逃げられ
てしまいました(^_^;  MFを上手く使いこなさないと、ライブビューは難しい・・・。


昨年の帰りの道中、気になっていた喫茶店「りんどう花房」へ。木陰のベンチからのいい眺めと
爽やかな風、美味しいコーヒー、そして美味しい?景色に「又来ます」(*^_^*)


ベンチから見えた南阿蘇鉄道の踏切。残念ながら次の汽車まで30分以上待たないといけませんで
したので、諦めました。何せ、もう小一時間ここに座っていましたから・・・(^_^;


内牧への道中、豊肥本線沿いを通ります。牧野の中を通る道で、好いポイントを見つけました(*^_^*)
今度は豊肥本線を探検して・・・、あっ、また立野に寄り損なった・・・(>_<



内牧から大観峰への途中、振り返れば阿蘇五岳が残照を浴びています。


これも昨年9月21日のものです。城山展望所からカルデラ内の夜景を俯瞰しました。


只今、猛烈にキスの投げ釣りに行きたいです。キス釣りが出来て、ついでに?汽車も・・・
なんて都合の良い場所は山陰しかありません。二兎を追うもの一兎も得ず・・・な~んて(^_^;
あとは仕事次第ですが・・・。

BSデジタル号~番外編

BSデジタル号を追って人吉まで走りましたが、その後、これまでなら当然のように
BSデジタル号を追うか上りSL人吉号を追ったはずのところを、何故か南阿蘇へ
一直線。もうこの頃から、夏風邪の影響があったのかもしれません。
ここ数日はさすがに夜は少し涼しくなってきましたが、こんな時こそ夏の疲れが
出やすいのかもしれませんので、皆さんもどうか体調に気を付けてお過ごし下さいm(_ _)m

この写真、実は列車無しで試走した時の分と2度目の試走の際に撮った普通電車を
合成してます。景色に電車だけを貼り付けたのですが、本番(BSデジタル号)も
こんな風に撮る予定でした。こんな風に・・・。結局、予定だけで終わりました・・・(^_^;


ここの2題はプライベート写真のような・・・。BSデジタル号に乗るという幸運を射止めて運を
使い果たした・・・じゃなくて強運の持ち主のたろうさん向けです。たろうさん、写ってますか?(^_^;




最近、大きな川の急流地点に行くとラフティングをよく見かけますね。悪くはあり
ませんが、私にはこちらの昔ながらの川下りの方が画になるように思います。
「五月雨をあつめて早し最上川」 五月雨の季節でも最上川でもありませんが・・・。
それと、出来れば船頭さんには菅笠を被って欲しい・・・(*^_^*)






夏風邪で都合4日間も仕事を休んでしまいましたので、只今必死豆炭?で働いています(^_^;
訪問して戴いた皆さんには、更新もコメントもお留守になっていて申し訳ありませんm(_ _)m

BSデジタル号③

数珠繋ぎの車列が白石駅辺りからバラツキ始めました。先行する一部の車は有名撮影地で
停まり、又一部はもっと先行したり脇道に逸れたりで、そこからは比較的?順調に渡駅の先の
コンビニに辿り着きました。

鎌瀬から先は線路が球磨川の左岸、国道は右岸に入れ替わりましたので、光線はほぼ順光
なのですが、如何せん撮影者は助手席にいますから、運転手即ち私は邪魔者になります。
車もあっちこっちに駐まっていて撮りにくいので先行しようにも、渋滞で身動き取れず。
だらだらと付いていった時に撮った分です。




ようやく白石駅先辺りでばらけた車列の中の先行組に付いていき、コンビニ駐車場に駐めて
まずはご挨拶代わりにお買い物。横の踏切先から見るとこの状況です。あの中にはよう入り
きりません(^_^;


それにしても良い煙を吐いています。最近のやまぐち号となら、案外いい勝負かも・・・(^_^;
何時もこうなら良いですよねぇ(^_^)v




ズーム流しのつもりでしたが、ズームリングがスムーズに動きません。結局ズーム幅の
2/3位しか使っていない、らしくないズーム流し撮りになりました(^_^;




この場所を教えて戴いたご家族連れ。小さいお子さんが一生懸命手を振っていました。
いいなぁ。あと20年早ければ私も・・・(^_^;  どうも、ありがとうございました(*^_^*)
それにしても写真撮りに夢中で、生眼で「はやぶさ」のテールマークを見損ないました(>_<



今回はこの後、川線沿いの道路を一部探検?。途中事故で通行不能箇所があって、そこから
国道に引き返し、午後のDE10BSデジタル号もSL人吉号も撮影を中止して、急遽
南阿蘇に向かいました。その模様は又・・・m(_ _)m

BSデジタル号②

86ブルトレを追って、と言うか八代で停車中に追い越して肥薩線川線の葉木駅対岸の
国道で待機。下見をしていれば何処かで俯瞰撮影をしたかったのですが、それは又次の
機会に取っておくことにしました(*^_^*)

前回アップの氷川町宮原の田圃での並走と同様、半逆光で苦しい光線の状況でしたが、
300mm望遠レンズでの撮影は標準レンズと違って逆光にはかなり効果有りのようです。
もう少しお勉強・・・より、実践有るのみ。なんて言って、何時も失敗ばかりですが・・・(^_^;










あと30秒遅ければ、真正面にBSデジタル号が球磨川第一橋梁を渡る姿が撮れた・・・筈?
ここで時速を10km/hに落とせばちょうどいい具合に・・・なんて不届きなことを考えて
しまうくらい、惜しい?タイミングでした(^_^;


BSデジタル号①

86が牽くブルートレイン。この言葉を聞いただけで「何が何でも行くぞ」と万難を排して
4日に氷川~八代~人吉を巡ってきました。言い訳がましいですが、レンズが変わったこと
もあって?考えていた・・・いえ、願っていた結果と違ってしまいましたが、よろしかったら
ご覧下さい(^_^;

小川駅~有佐駅間。今か今かとBSデジタル号を待ちました。現れた瞬間、それ迄考えていた
設定も構図も全てが吹っ飛んで、まるで逆光のシルエット写真のようになっていました。
待ち位置からしてこうなることはほぼ分かっていましたが・・・(^_^;












この前の貨物列車や電車(さすがに特急は問題外のスピードでした)で、姿を見たら走り始めて
連写で撮りながら横に並んだ瞬間にベストショット!・・・というシュチュエーションで練習して
いたのですが、並走直前に次々ギャラリーが現れて、大人しく安全運転で走りました。
お陰で後追い写真ばかりになりましたが、次の楽しみが増えました。今度はSL人吉号で・・・(*^_^*)
プロフィール

kamisan

Author:kamisan
MyPhotoブログへようこそ!
私(kamisan)とかみさんの
二人で鉄道風景をメインに
あれこれ写真を撮ってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR