FC2ブログ

汽車に魅せられて~エトセトラ

今回のやまぐち号ラストランを追って移動中に撮ったものの内、印象に残っていたものを
ピックアップしてみました。

徳佐での撮影を終えて牧ヶ野へ向かう途中の、路上から見た景色。ここにやまぐち号が
坂の向こうから現れてくれたら・・・と思わずつぶやいてしまいました。


白井の里を通過する、津和野から山口に向かうキハの後ろ姿。ぶれぶれですが(^_^;
来年、ここを津和野に向かって走るやまぐち号を撮ってみようと思います。
下りなので、当然煙はないでしょうけど・・・何となく気になります。
来シーズンまで忘れてなければいいんですが・・・(^_^;


牧ヶ野で並走した後、山口市内を目指して生雲を通って三谷の踏切へ差し掛かると、キンコン
キンコンと遮断機が下りてきました。何故か右側には隠れるようにパトカーが・・・。
駐車違反をしないで、合法的?に踏切前で堂々と車内から撮影出来ます(^_^; そして踏切を
渡る瞬間、カミさんが運転席越しに走り去るやまぐち号の後ろ姿を助手席から捉えました。


これは別に解説不要のようですね。助手席でカメラを構えてくれていると、いろんな情景が
おまけのよう・・・イヤそれ以上かも・・・に、写ってくれます。うれしい一枚になりました(*^_^*)


山口市内を目指して木戸山の峠を下ります。今日は少し余裕を持って山口市内を目指していま
したから、夕陽に輝く紅葉に気づきました。


すずめが電線に・・・というより、まるで五線譜のようなので思わず撮ってしまったそうです。
鳥はさっぱり分かりませんので、すずめかどうかも不明です(^_^;


吉敷川の鉄橋。桜の頃、写真によく出てくる場所だと初めて知りました。
汽車がいなくても、何か切ない光景に見えます。


スポンサーサイト



汽車に魅せられて~煙

牧ヶ野の「つわぶき街道」駐車場で、やまぐち号がトンネルから抜け出してくるところを
待ち構えていました。津和野駅を発車する際の汽笛に始まり、二度三度と汽笛を繰り返して
次第に近づいてくるのが手に取るように分かります。
そしてトンネル内で響きながら聞こえてくるドラフト音が、トンネルから飛び出してきた
瞬間に車に飛び乗って、一足遅れのカミさんをせかしながら並走に向かいます(*^_^*)

この辺りでは白煙をたなびかせています。ちょっと勾配が緩くなるのか、この後の急勾配に
向けてか、スピードが少し上がっているようです。煙のたなびきが、何とも言えません(*^_^*)


カミさんが望遠系に持ち替えました。谷間に響く汽笛の音。何とも言えない好い響きです。




またもカメラを持ち替えた! 最近、私が言うより先に行動してしまって、口を挟めません(^_^;
それに、こんなところにも撮り鉄さんが・・・。好きですねぇ~・・・当方も同類だけど。


ドラフト音も力強くなってきたような。私は前だけ見て運転していますから、この音と
カミさんの指示が頼りです。この音と一緒に移動していくのは、本当に気持ちが良い!(*^_^*)




汽車に魅せられて~旅愁2

旅愁にふさわしいラストシーンとは・・・。当の本人が感じたものでしかありませんが、
夕陽と走り去る後ろ姿に「やまぐち号」の今シーズン最後の走りを重ねてみました。

盛大にフレアーやゴーストが発生しています。レンズの特性と関わるらしいので仕方ない
のでしょうけど、もちょっとどうにか・・・(^_^;








横から縦へ。急遽カメラの構えを切り替えた結果、こんな中途半端になりましたが取りあえず
そのままで。たまには斜めのままでも良いかなぁ・・・と(^_^;


民家の間をすり抜けるように走るやまぐち号。乗客の人たちも「こんなところまで、追っかけて
きてるよ」といったところでしょうか(^_^;


汽車に魅せられて~旅愁

旅愁のタイトルにふさわしいラストシーンを、何処に求めようか。汽車「やまぐち号」に魅せ
られて、2009年の運行を4月5日から実に14日間追いました。当初は1,2ヶ月に
一度位行ければと思っていましたから、思わぬハイペースでした。

今回のラストランを追う前に考えていたのは「シルエットを撮りたい」。南側が開けていて
障害物のない遠景。若しくは西からの夕陽を受けて、シルエットに撮れそうなところ。
徳佐と船平山の駅との間にある平野部が一番の候補地なのですが、北側から撮るとズラ~ッと
電柱が邪魔してくれます(^_^;
あれこれ考えた末に、山口市内であれば夕陽若しくは夜行列車風の写真のチャンスがあるかも、
と言うことで空中写真で見た吉敷川か一ノ坂川の鉄橋に狙いを定めました。しかし一度も現地を
訪れたことがありません。午前中に下調べする時間もなかったので、結局ぶっつけ本番です(^_^;

まさに千載一遇のラストチャンス。この時期で、そして晴天でないと巡り会えない光景ですね。
私は踏切横で、神経痛がちょっと良くなったカミさん(左端に)は道路橋の歩道の上でやまぐち号を
待ちます。










カミさん、設定を間違え、修正しようとしてまた間違えて、ズームアップしてぶれぶれ(^_^;


カミさんの神経痛は小康状態の感じですが、あまり無理をして連れ回すのは良くないと
分かってはいるのですが、相棒がいないとどうも調子が上がりません(^_^;
シーズン終了で、これからしばらくは大人しく遠出を控えてカミさんの回復に努めよう
と思います。ただし正月だけは別で~す(^_^)v

やまぐち号~秋の盛りにⅡ

地福駅の発車に間に合うように移動してきました。踏切の方向に向かうか、横からの
撮りにするか迷いましたが、結局人のいない方向へ又行ってしまいました(^_^;

風が強かったので、煙があらららら!の方向に流されていきます。


ここからはいつもの・・・・(^_^;


無精をしてしゃがんだまま撮ってしまって、ススキが目障りな絡み方をしてしまいました(^_^;


煙が一気に白くなってしまいました。スピードに乗り出すとこうなるんでしょうか?


さすがにお山が色付いています。撮っている最中は、これほどとは気が付きませんでした。
やはり、秋ですね(*^_^*)


踏切通過と同時に、走ってる!と、いう方がおられました。一定年齢以上?の方は余裕で
機材の片付け。私もその内の一人でしたが、いつもの手持ち撮影ですから、即!撤収完了(^_^;


やまぐち号~秋の盛りにⅠ

久しぶり・・・と言っても3週間の間合いですからそれほどでもないのですが、シーズンの
残りが少ないこともあってえらく長く感じてしまいました(^_^;
体調不良のカミさんは、大事をとって居残りです。徳佐の平野での夜明けと早朝の靄を狙って、
前夜から車に寝袋を積んで出かけましたが、曇りでその上風が強くて、朝方目覚めた途端に
あっさり諦めざるを得ませんでした。

当初、背景の山に紅葉をいれたくて、2時間近くあっちこっちと走り回って、名草駅と
地福駅の間にあるこの地点で本日最初の撮影を行おうとカメラを構えました。


結局背景の山が遠く感じて、またまた移動。渡川駅と名草駅の間に移動しました。
ふだんこの地を通るときは、何時も線路方向ばかり見ていてここにこんないい感じの
紅葉があることに初めて気が付きました(^_^;
この頃から雲間に時々陽が射すようになり、やまぐち号の到着時に陽が射してくれる
よう願いましたが・・・叶いませんでした(>_<



ところがどっこい、まだら陽差しの一筋が微笑んでくれて、逆光の中の半シルエット?を
演出してくれました(*^_^*)






煙がずっと後方までたなびいてくれたら最高(私好みの(^_^;)だったんですが、残念!


今まで此処は、津和野からの返しのやまぐち号を追って並走撮りをした後、ただ踏み切りで
待つだけの場所でした。津和野に向かうときにこんなに煙を吐いてくれるとは、今回初めて
知りました(^_^;

大寧寺の紅葉2007①

今年のやまぐち号のシーズンも後2週で終わりですね。出来れば明日15日に行き
たいと思っていますが、カミさんに無理はさせられないので一人旅になりそうです。
もしお会いした際には、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

一昨年の、長門の国は大寧寺の紅葉です。この年まで4年ほど続けて通いました。
昨年はとうとう行けませんでしたが、今年は・・・たぶん行けるようなら、山口線に
行ってしまっていたでしょうね(^_^;












私の鉄道写真の原点

いよいよ本当にネタがなくなってきました。特に鉄道ネタは、写真を撮り始めて日が浅い
こともあってほぼ完全なネタ切れ状態です(^_^;
そこで、昨年の秋(10月26日と11月2日)初めてやまぐち号にカメラを向けたときの
写真を、再度引っ張り出してきました。ブログ開設当初に何枚か使用していますが、被ら
ないよう選別しました。今回の1枚目が、ブレの少ない?内での記念すべき最初の1枚です。

丸久横の橋の上からです。最初の1枚は、20年位前に家族でやまぐち号を見送った此処と
決めていました。昨秋のにわか鉄ちゃん成りたて当初は、此処しか知らなかったものですから(^_^;


私の車が邪魔で、ちょいと目障りになっています(>_<



インターネットで調べて、やっと突き止めた?鷲原で待ちます。当時から煙にはこだわっては
いませんでしたが、このスッキリさにはさすがにちょっと物足りなさを感じました。


地福駅と名草駅の間の道路沿いのカーブ地点で待ちます。この時は初めて結構間近で
走り抜けるやまぐち号を体感して、思わず追っかけてしまいました。
これで完全に、にわか鉄ちゃんの「ハイッ!一丁出来上がり」(*^_^*)




渡駅の手前辺りです。これもまた無煙です。この頃はまだ、2週連続で通う程夢中になるとは、
正直思っていませんでした。


困ったときの「夕陽」(^_^;

11月3日 撮影
変てこなタイトルを付けてしまいました(^_^; そのものズバリ、何の創意も無いのですが
秋らしい新ネタがなくて、先日カミさんを山陰の温泉まで連れて行ったときの長門二見浦の
夕陽です。実は、山陰線を走るキハを狙っていたのですが、山中で車のトラブルに見舞われ、
海岸線に到着したときにはもうお日様が水平線近くまで・・・。

夕陽に見とれていると、後ろを汽車が通過していきました(>_<
 カミさん、痛い腰をひねって
咄嗟にこれを撮ります。最近、この反応には敵いませんです(^_^;


着水?目前。下からもお日様が・・・


今回もダルマ夕日さんは拝めませんでしたが、気持ちの良い夕景でした。




お日さまが沈むと同時に、空が一段明るく輝きました。沖を通る漁船が見えます。


ズームアップして船を引き寄せます。


上と同じ写真ですが、トリミングしました。船に乗っている人はこんな風には見られない
のでしょうけど、こんな景色を切り取れるレンズの威力は素晴らしいですね(*^_^*)


ズーム流し撮り

先日(10月25日)津和野の転車台でやまぐち号の入線を待っている間、津和野を発って
益田方面に向かうキハを踏み切り横で待ちかまえて、本番の練習を兼ねてズーム流し撮りに
挑戦してみました。
相変わらず汽車の速度にズームのスピードがかみ合わせられず、成功ではありませんが、
まぁまぁかな?と甘く考えてアップしました(^_^;

正面近くから撮りましたので、ピントはまぁまぁ追ってくれています。ただ、エントリー機と
いうことでAF追従性が弱いと言われていますから、あとは腕と度胸・・・も無いので、ワンランク
上が欲しい今日この頃です(^_^;















カミさんが先週末に座骨神経痛でダウン、そして今日、本日アップした写真を撮ったシグマの
レンズが不調で入院。弱り目に祟り目で、当分写真は禁欲と自制と一人旅になりそうです(^_^;
古い写真のアップが増えると思いますが、よろしくお願いいたしますm(_ _)m
プロフィール

kamisan

Author:kamisan
MyPhotoブログへようこそ!
私(kamisan)とかみさんの
二人で鉄道風景をメインに
あれこれ写真を撮ってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR