FC2ブログ

徳佐駅界隈

考えてみると、ここんとこ3週続けて山口線に行っています。当初ブログを始めた頃は、
2ヶ月に一度か良くても月に一度の皮算用だったのですが、とんでもなかったですね(^_^;
特に美祢線の赤ホキ廃止で、予定外の撮影に行ったことが3連チャンに効いてますが、
そのお陰の延長で俯瞰撮影にも同行させて貰って行くことが出来ました(*^_^*)
これって一種の麻薬のようなものかも。まぁタバコを止めましたからこれくらいは・・・・
隣で「ガソリン代が・・・」と、圧力がかかります(^_^;

初めてここに来ました。徳佐駅の出発を捉えますが、そもそもの目的は空をバックに走る
姿をシルエットで撮りたくてここに陣取ったのですが、こちらの駅出発の方がいつの間にか
メインになってしまいました。






これが当初目的の青空(予定は・・・現実は雲でした)バックの画です。シルエットにするためには
どこがよいか、撮影ポイントを探してウロウロしたお陰?で時間が迫り、あれこれと設定を試行
錯誤する暇もなく、やまぐち号がやってきました。
結局、シルエットどころか中途半端な画になってしまいました。しかも煙まで中途半端に・・・(^_^;
返しなら逆光になるのでは、と考えていましたが、でもそれだと後ろ向きの画になるなぁ・・・(∋_∈)


絞りを絞ったままカメラを振り回し、結果、中途半端に流し撮り状態になってしまいました。


25日にも同じ場所に立ってみましたが、この日はどん曇りで、「全然イメージが違う」などと
えらそうに考えながら、もっと中途半端な結果になってしまいました。


スポンサーサイト



うれしい!たのしい!だいすき!

念願のやまぐち号、ついにカミさんが乗ってきました。最初、二人で乗ることも考えましたが
以前から蒸気機関車のことを話していた友人夫婦に声を掛けて、女同士で乗って貰って、男は
サポート役に(聞こえはいいのですが、早い話が私が撮り鉄したいだけ(^_^;)
向こうの旦那は、私なんかよりず~っと鉄道に詳しい、というか中学の頃から東京を根城に
列車を追いかけていたそうです。今回は乗る方ではなく追いかける?方に回ってくれました。

津和野駅出発。これ以前、転車台の見学やら津和野の町の散策をのんびりしすぎて、出発の
10分前に駆け込み乗車。柵の外から1号車の横で待つ我々に見向きもせず、女二人車内の
下見とやまぐち号機関室へ一目散。しかし時間がぎりぎりすぎて、機関士さんと話すことも
写真を撮ることも出来なかったそうです(^_^;)


男二人は待ちぼうけ。汽笛が鳴って出発することに気が付いて、大あわてで車に戻りましたが
「これで鷲原の撮影は間に合わずや!」


1号車の車内から徳佐駅手前の宇津根踏切付近をパチリ。さすがに身を乗り出すわけには
いきませんね。それでも、よくぞ撮ってくれました(*^_^*)


徳佐駅でやまぐち号が停車中に、先回りして待ち受けます。カミさんが手を振っていますが
その手で自分の顔を半分ふさいでしまってます(^_^;


名草駅付近で並走中を車内からパチリ。いつもと逆パターンですが、後でカミさん曰く
「助手席に座っている人があんなにハッキリ見えていたなんて・・・。恥ずかしい!」
これからは並走しようとすると「いやだ!」と言われるかも。「まずい!」(^_^;


長門峡駅の先の、最近よくズーム流し撮りの練習?をしている国道沿い地点。実はこの写真は
友人の方が撮ってくれたもので、スイスアルプスを走る列車からもこんな感じで撮ってきて
いました。こんな写真を撮って欲しかったのに頼むのを忘れていましたが、↑の徳佐の写真と
いい、これでバッチリm(_ _)m(*^_^*)


篠目の駅を出発後、男の子とそのお母さんが最後尾に立って「線路が長いわねぇ」「うん」
なんて会話を交わしていたそうです。カミさんがお願いして写真を撮らせて貰えることに
なって「よろしくね」と言ったら振り向いたそうで、すかさずお母さんが「後ろを向いてて
いいのよ」 よく分かっていらっしゃるお母さんでした(*^_^*) ありがとうございましたm(_ _)m




仁保のトンネルからやまぐち号が飛び出してきました。ズーム流し撮りのつもりでしたが、
この数コマ前の段階でズームはいっぱいいっぱいになっていました。


仁保駅を通過して去っていくやまぐち号の後ろ姿。最後尾にはお二人さんがまだいますね。
前と後ろを行ったり来たり。ご苦労さんでした(^_^;
真ん中にいるお兄ちゃん。津和野駅からず~っとここでカメラを廻してたそうです。

ここ仁保駅には小さな子どもさん連れの家族が何組かいらっしゃいましたが、横を通るときに
聞こえた会話からすると、仁保駅で止まってくれると思って待っていたようでした。今度は
停まる駅を確認して、小さな鉄ちゃんに間近で見て欲しいですね。


私たちの終着駅は「湯田温泉駅」。ここのホームからやまぐち号をお見送りです。ご近所さん
でしょうか、たくさん見送りに出てこられてますね。


カミさんの話では、やまぐち号の汽笛が聞こえると、沿線の家から子どものみならず家族連れで
出てきて手を振ってくれたり見送ってくれたそうです。テレビで報道していた通りだった・・・。
それも田舎の方だけでなく市街地に入ってもあっちこっちから出てこられたそうで、思わず
嬉しくなって二人して手を振っていたそうです。
30年もの間運行出来たのも、これだけ地元の方に親しまれているからでしょうね。改めて
地元の方に迷惑を懸けないよう、心して撮り鉄しようと思います(*^_^*)

牧ヶ野俯瞰(*^_^*)

以前から他のブログさんの写真を見て、行きたくて行きたくてたまりませんでしたが、
機会のないまま秋になりました。一番良い季節に機会を得て、舞い上がった気持ちで
写真をアップしましたが、一度引っ込めてファン限定という形で再度アップしました。
この写真だと撮影地の場所が分かる、ということに不安を抱いておられる方がいるよう
ですから・・・。

急斜面を息せき切ってやっと上がってきて、振り返るとこの景色が目の前に・・・
写真でお目に掛かっていた景色でしたが、この目で見て本当にため息が出ました(*^_^*)


スーパーおきがやって来ました。


キハが白井の里を通過して船平山トンネルに向かいます。


キハが津和野へ向かいます。この汽車が津和野駅に着いたら、交換でやまぐち号がやって
くるはずです。


いよいよやまぐち号の登場です。


こちらに向かってきているはずなのに、ちっとも近づいていないような錯覚にとらわれます。
レールにヘッドライトの光が反射していることを、写真にして初めて気が付きました(^_^;


この2枚はトリミングしてアップしていたもののオリジナルです。




帰り際、入り口の農家の方にご挨拶をしているときに、ヤマラッキョウが足下に一輪だけ
咲いていることに気が付きました。けなげな心持ちにさせてくれましたよ(*^_^*)


俯瞰地には私たち二人の他に、たまたまSさんの知り合いの小学校6年生の鉄っちゃん少年と
そのお父さん、連れの女性の方が後から見えられ、ゆったりした気分で撮影できました。
彼(少年鉄っちゃん)の写真を一度拝見したいものです。あっ、それからみかんありがとう
ございました。美味しかったです(*^_^*)

念願の・・・俯瞰です (その2)

こんな景色を見たら、誰でもため息が出るのでは・・・私はその前に青息吐息でしたが(^_^;
少し色づいた樹々と夕刻迫ってきたことを告げる斜光線、トンネルをくぐってくれば
その陽が正面近くから当たるようです。

トンネルからやまぐち号がちょこっと顔を出しました。ねぐらから出てきた、モグラみたい・・・
あっ、違った!貴婦人でした(^_^;


トンネル内に残してきた?煙が、トンネル後方からたなびいています。
紫煙ですね。煙草を思い出し・・・もう2年半経ちました。もう大丈夫・・・たぶん・・・(^_^;


正面から見る爆煙も良いですが、この横から見るたなびく煙が何とも好きです(*^_^*)


白井の里の、お立ち台なる撮影ポイントが見えました。まだここには立ち入ったことがありません。
人の多いところはどうも苦手ですが、この日は上から見た限りでは10人程のようでした。


正月に雪が積もっていたら一番に行きたい場所ですが、雪があったらたどり着けないでしょうね(^_^;

ここにクレームを寄せられた方へ

今回の俯瞰撮影地は私有地(入会地のようです)内です。同行させていただいたSさんと一緒に入り口
傍の農家のお宅にご挨拶してから山には入らせていただきました。いろんな所で私有地内の無断立ち
入りや伐採、畑を踏みつけるなどの行為があって、問題が起きていることを知りましたが、こちらの
地では訪れる人がきちんとルールを守っておられるようで、帰りにお会いした別の農家の方も挨拶を
返していただけました(*^_^*)
肩身の狭い思いをしなくて済むよう、せめて感謝の気持ちを持って挨拶を心懸けたいと思います。

ここにクレームを書き込まれたお方、もしまた見に来られたなら、文句ばかり言っていないでご自分で
ブログを開設して、山口線周辺で起きているという問題を教えていただいて、啓発活動をされたら如何
ですか。仰っていることが真っ当なら、心ある人たちはきっと賛同してくれると思いますが・・・。
何れにせよ言い放しでこそこそ隠れていやがらせまがいの書き込みをするのは、あなたの言っている
ことと矛盾していると思いませんか。

別に言い合いをしたいわけではありません。仰っていることの大半は理解したつもりです。
ブログなりホームページなり、開設されたらお知らせ下さい。お伺いします。

これだけだとちょっと悲しくて淋しいので、ちょっとだけ・・・と言いながら5枚ほど(^_^;
(10月12日撮影)
お題は「笑顔」です。表情の分かりにくいものが多いのですが、縮小前のオリジナル画像を
見ると、みなさん「笑顔」のようです。たぶん・・・そうじゃないかな・・・と(^_^;








機関士さん?機関助士さん?どなたもこっちを見て間違いなく笑っています。
「あのおばさん(カミさんの事)又来てるよ」みたいな事を言われているような・・・。
ここではいつもサンルーフから身を乗り出して撮っていますから、見覚えられたかも。
頼んだ私はちょっと恥ずかしいので、少し離れて他人のふり(^_^;


念願の・・・俯瞰です (その1)

念願の山口線の俯瞰撮影。やっとやっと、ついに叶いました(*^_^*)

遠くで鳴った汽笛からしばらくして、何度か汽笛を繰り返していよいよ近づいてきました。
三脚を忘れるというアホなことをしてしまい、同行の方から一脚をお借りして待ちます。
トンネルから飛び出してきたやまぐち号を狙ってシャッターを切りますが、設定がよく分からず
後で写真を見てガッカリ(^_^;
でも写真はガッカリでしたが、この俯瞰はやみつきになりそうです(*^_^*)

少し前まで線路上に当たっていた陽も翳り、ちょっと光量不足。高感度なカメラと明るいレンズ
が益々欲しくなります。でも今はまだ、我慢我慢(^_^;


左側の黒いボォーッとした影は木の枝で、前ボケのつもりで配したのですが、とんでもない
勘違いでした(^_^;




当初アップした内容を修正しました。クレームがあり、その方が言われる通りなのかどうか
まだ判断出来るほど事情が分かりませんので、取りあえず掲示の仕方を変更しました。
出来ればその辺の事情が分かると良いのですが・・・。調べてみようと思います。

初見で、お別れです!

前々から山口線の帰りに美祢線にちょくちょく寄り道していたのですが、赤ホキの貨物には
とうとう出会わず仕舞い。未練が残ってしまいそうでしたので、用事のあるカミさんを置いて
一人で出かけました。
以前から気になっていた四郎ヶ原駅と厚保駅の中間にある鉄橋に狙いを定めていましたが、
早めに到着(と言いながら、実は単機の運行に間に合わなかっただけ(^_^;)したので、他の
撮影地候補の見学に廻りました。
四郎ヶ原駅の先でお一人お見かけしたので、後で見学させていただこうかと思い美祢まで行った
帰りに見ると、人影と撮影機材が増えているようです。美祢で時間を食ってあまり時間もなく
なっていたので、結局当初目的の鉄橋に戻りました。
後で、何時もお邪魔しているブログの皆さんだったらしいと知って後悔しても、後の祭り・・・(^_^;

藪の向こうからエンジン音とレールを走る音が聞こえてきました。初のお目見えです(*^_^*)


元々横から狙う予定でしたが、追っかけの方でしょうか直前に一人来られて、当方がウロウロ
しては迷惑かな、と考えて停めていた我が車の際でカメラを構え続けます。


肉眼で見ていても気が付かなかった枝の張り出しで、先頭機関車のHMが隠れてしまいました。
やむを得ずそのままカメラを振って、流し撮り状態になってしまいました。




最初で最後の赤ホキとの対面。あっけなく終わってしまい、この後追いかけようにもこれから
先のルートは未知の土地。思案投げ首のところへ、厚保駅横の高速道路斜面地から俯瞰で狙って
おられたブログで知り合いになったsirainosatoさんから連絡を貰って、厚保駅で待ち合わせ。
山口線に同行させていただくことになって、嬉しい誤算。しかも念願の俯瞰撮影地。(*^_^*)
いざ山口線へ・・・・・

流し撮り~5連

長門峡駅発車後間もなしの、国道からのズーム流し撮りです。本来ならここの1枚目の
前10数枚分から始めているので、そのコマから始めるべきなのでしょうが、ちょっと
画角が小さすぎましたので割愛しました(^_^;










尚1、3、4枚目は若干トリミング、2、5枚目は大胆?(^_^;にトリミングしています。
また1~3枚目はズームアップ、4、5枚目はズームダウンしながらの流し撮りです。
完成度はよくありませんが、ちょっとだけ進化しているような気が・・・(自画自賛(^_^;)

お久しぶり!(1ヶ月ですが)

久しぶりの(と言っても、9月初旬に行ってますが・・・(^_^;)山口線。カミさんの親父さんの
見舞に行った帰りに、急遽?山口線に寄り道しました(^_^;
体調が悪くてもこれは別物・・・なんて勝手な屁理屈を付けて早引き?したものの、結局津和野
到着は午後1時過ぎでした。

先ずは転車台に収まったやまぐち号にご挨拶。ここで小さなお友達とご両親に再会。
嬉しい誤算に、二人揃って顔がほころびます(*^_^*) 相変わらず元気一杯、確かに
お父さんもたじたじでしたね。
この写真の子どもさんは女の子ですが、一生懸命写真を撮っていたようです。


津和野を後にして、どこぞでお腹を満たそうと道の駅へ。人が溢れていましたので諦めて
白井の里を見学してから「さて、どこで食べようか・・・」 そこで思い出したのが、ある
お方お勧めの食事処。篠目まで一気に山越え・・・あまり早くなかったですが(^_^;
徳佐まで戻るつもりでしたから、やまぐち号の発車時間を気にしながら昼飯としては
ちょっと贅沢なお昼を注文。カメラを見て「あら、SL撮影ですか」と訊かれて「ええ」と
カミさんが返事してから間もなしに「はい、お待たせ」 ほとんど待ち時間なし。
お陰で徳佐到着も、余裕で間に合いました。味も美味しかったです(*^_^*)


徳佐の宇津根踏切付近。津和野で教えていただいたS字イン側に陣取って待っていると、
小さな子どもさんを抱えた女性が汽笛を聞いて出てこられたようです。一生懸命手を
振っていましたよ。(カミさん撮)


普段ならやまぐち号の足下が隠れているので撮さないところですが、ススキが印象的で
ここに付いたときから狙っていました。(カミさん撮)


徳佐駅発車後間もなしの、スーパー丸久横から。SSモードに戻すのを忘れていました(^_^;


スーパー丸久横の道路陸橋の上から、子供たちが覗き込んでいます。車内からも窓を開けて
子供たちが見上げていました。何だか声を掛け合ってるようですね。肉眼では分からなかった
のですが、望遠レンズの威力はすごい! (カミさん撮)




やっとの鉄分と煙分補給で少し元気が出てきましたが、何時眩暈が出るかという不安が
あって、肩こりの原因になりそうな長時間パソコンの前に座っていることを控えないと
いけないようです。今まで以上に「ときどき更新」になるかも知れませんが、これまで
同様のお付き合いを願えれば幸いですm(_ _)m

鉄分不足!

ちょっと当ブログ管理人もブログの記事も、鉄分が不足しています。元気までなくなって
きましたので、ちょいと遡って残り物を漁ってきました(^_^;

6月27日 徳佐・宇津根踏切横から
撮影する際、左端のカメラマンさんを外していたと思ったら、しっかり写っておられました(^_^;
ファインダーの視野率の関係からですね。ただ写っておられたお陰?で、何となくアップしたく
なりました。


7月19日 日田彦山線の筑前岩屋駅から


9月6日 十種ヶ峰山頂からの俯瞰
霞んでいた写真をかなり補正しています。


9月6日 渡川駅付近


9月6日 仁保のトンネル出口
渡川での撮影の後、間に合うかもしれないと仁保の駅に直行しました。駅到着直後、トンネルに
入るよとの合図でしょうか、遠くから汽笛が聞こえ、やまぐち号のトンネルからの飛び出しを
じっと待ちます。ところが目前に突如!観光客出現。ちょっとトリミングしています(^_^;


9月6日 仁保駅通過
走り去るやまぐち号を見送っていると、最後尾に乗っていた乗客の方が手を振ってくれました。
条件反射?で思わずカメラを手にとって「パシャ」。「手を振ればよかった」後悔、先に立たず・・・
条件反射を変えないといけません(^_^;
それと、駅には少年鉄ちゃんもいました(*^_^*)


9月21日 肥薩線 海路~瀬戸石駅間
並走撮りでほとんど使わなかった、望遠レンズで撮ったもの。このレンズで撮ったものは
全滅だと思っていたら、結構まとも?に写っていたものを見落としていました(^_^;


9月21日 肥薩線
八代駅まであとわずかの地点でなぜか徐行運転。追いつくつもりはなかった?のですが
追いついてしまいましたので、これ又条件反射で「カシャ」(^_^;


25日にカミさんがやまぐち号に乗るので「やまぐち号でもこの位置あたりに立って・・・」
「ダメ!一番前の車輌の席だからたどり着けないと思うわ」 あららぁ~(∋_∈)
プロフィール

kamisan

Author:kamisan
MyPhotoブログへようこそ!
私(kamisan)とかみさんの
二人で鉄道風景をメインに
あれこれ写真を撮ってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR