FC2ブログ

里~憧憬

故郷の余韻を胸に、道路に変わってしまった旧上山田線を伝って嘉穂を通り抜け、小石原経由で
筑前岩屋へ。 途中河川プールがあり、そこだけは山里の風景にそぐわぬ大賑わい。駐車場整理
の人の声と子供たちの歓声が谷間に響きます。それを通り越してしばらくすると、また静かな
山里に戻りました。

棚田百選に選ばれたという、竹地区の棚田。「手入れが大変だろうなぁ」 その美しさに感心する
前に感じた、正直な感想です。


前回も撮った栗木野橋梁。今回は弟が撮りました。私が言うのも何ですが「まあまあかな」
「えらそうに!」と言う声が聞こえてきそう(^_^;


前回、雨模様の中で切れ切れの雲に邪魔された景色を、もう一度撮ってきました。


ちょうど汽車がやってきました。などと言うのは嘘で、時間を見計らってここで待っていた
のですが、出来を見ると「何か今一だなぁ」。人のことは言えないですね(^_^;
それと、レンズの周辺光量も不足気味でしょうか。


筑前岩屋から一山半?くらい越えたところにある、小鹿田焼で有名な皿山の窯元。
私だけ!湯飲みを買って帰りました。職場用が割れて・・・しまったからです(^_^;


土を細かく砕くために、唐臼を使って陶土を挽いている。見ているとなかなか飽きが
こなくて、みんな何時までもそこに佇んでいました。


筑前岩屋へ戻る途中にちょうど汽車と遭遇。今回はやらせ無しです(^_^;
帰ってパソコンで見ると「うん?どこかで見たような」  撮っている最中は全く気が
付かなかったのですが、春のツツジが咲いている頃に、あのお方とあのお方のブログを
飾っておられた写真がありましたね(*^_^*)


ここんところ、雨が続いたかと思うとたまに晴れてジメジメとして暑苦しいという、体調が
可笑しくなりそうな日が続いています。
コメントを頂いた返事だとか、訪ねたブログに書き込みをしようと思っても、なんとなく
文言が頭に浮かんできません。「そうだ!撮りに行けない日が続いて、おまけに禁煙中(注.
誰も禁煙しろとは言ってないんですが(^_^;)だからだ」と思い当たってもどうしようも
ありません。
あとは、きっと8月1日になれば解決しているはず、と思っているのです、が・・・・。
てるてる坊主でもぶら下げましょうか(^_^;
※注.この場合の禁煙はやまぐち号の煙
スポンサーサイト



里~故郷へ

7月19日、カミさんの両親と東京へ単身赴任の弟夫婦と一緒に、また筑前岩屋に行ってきました。
前回の好印象で是非あの風景を味わって貰いたいとの思いと、親父さんの故郷でもあり、カミさんの
生まれ故郷、飯塚の炭住跡を訪ねるのと併せて行ってきました。

飯塚の市街地から見えるボタ山。隣り合わせにあったらしい忠隈のボタ山なのか飯塚鉱のボタ山なのか、
結局親父さんも判らずじまいでした。そう言えば、このときはまだ遠賀川も水位が低かったですね。
この2日後には土砂降りの雨の中、今にも溢れんばかりに流れる川の様子がテレビで流れていました。


三菱飯塚鉱の巻き上げ機の建屋らしき煉瓦造りの構造物が見えています。あっちこっち走ってはみた
ものの、何せ50年も前のことですからかなり様子が変わっていて、この巻き上げ機を見つけた時には
夫婦揃って嬉しそうに見上げていたのが印象的でした。
尚、右手前の赤い車が走っている道路が、昔の上山田線とのことで、SLが石炭を積んで往き来して
いたそうです。


多分昔からの炭住であろう地区に入ってきましたが、どうも様子が違っているらしい。さらにウロウロ
していると昔遊んだ神社を見つけ、その位置から推定した結果、昔住んでいた地区は今は造成されて
工業団地に生まれ変わっていました。


多少でも面影の残る現在の様子を見ながら「連れてきてくれてありがとう」と言われた時には、正直
ちょいとホロッ!としましたね。話を聞くと、まるで「青春の門」そのもののような話まで出てきて、
なぜか私まで郷愁に誘われた一時でした。

写真の追加です。
現在の飯塚駅。最初見た時は、駅舎とは思えませんでした。
「この辺りも随分寂れたなぁ・・・」親父さんの述懐です。


巻き上げ機近景。2枚目の写真に写っているものの右手の方にあります。


巻き上げ機から繋がった炭車を引き上げる際の、軌道の基礎らしいです。


巻き上げ機の下を通っている、旧上山田線を改修した道路。左上に巻き上げ機が見えます。


付近地図。1枚目の写真は地図上方にある福岡地方検察庁前の路上から撮影したもので、
ボタ山と赤字で書いてある方向を撮しています。


涼~花

なかなか梅雨が明けてくれません。しかも、豪雨による被害があちらこちらに出ています。
いったい、いつまで続くんでしょうか。 被害に遭われた皆様に、お見舞い申し上げます。
落ち込んだ気持ちを少し和らげたくて、これまでに撮りためた野の花の写真をアップしてみました。

ヒメジョオンとタテハ蝶(名前不明)


花の名前は・・・分かりませんでしたm(_ _)m 園芸種の花が野生化したものかも?


ホトトギス


ツユクサ


シロツユクサ


イモカタバミ?あるいはムラサキカタバミ (カタバミは黄花でしたm(_ _)m)
ところで子どもの頃に、この花の葉っぱの付け根のところから茎の部分を裂いて細い糸状にして、
これをそれぞれが手に持って絡めて引っ張り合って、切れた方が負け!なんて遊びをしたことあり
ませんか。今度見かけたら記憶が間違いないか確かめてみようと思っています(*^_^*)


こんな気分の時には、花がブルーな気持ちを癒やしてくれそうです(*^_^*)

夕焼け

7月15日の夕方、福岡からの帰り道、あまりに赤い夕焼けを見て思わず宗像の勝浦浜に回り道
しました。この日の夕焼けはみなさんの撮影心を刺激されたようで、たくさんの写真がブログに
アップされていました。遅まきながら私も、と時機遅れのアップです(^_^;

日の入り直前です。海に落ちる夕日は格別です。




カミさんの声で振り返ると、東の空には虹も出ていました。それも2本も。ちょっと短かかったなぁ
・・・なんて言うと「教えてあげなければ良かった」とお叱りの声が飛んできましたm(_ _)m


海から何やら・・・「まさか海坊主?」(^_^; ドキッとしてよく見ると・・・


サーファーがいたのです。「ちょっと画になりそう」


最後に引き上げるときに北東側の空を見ると、本物に真っ赤な空でした。
寄り道したおかげで、久しぶりに夕焼けを堪能しました(*^_^*)


フォトショップで補正

photoshopで補正した画像をアップしてみました。それほど詳しいわけではありませんので、
普段やっているのはこの程度です。ただし、ブログにアップする際には、色味はなるべく変えない
ようにしています。

元画像(ただし縮小しています。1000×664)


自動カラー補正


自動コントラスト補正


自動レベル補正


手動レベル補正(色味を調整後、色彩濃度を加算)


手動レベル補正(赤味を強調)


いろいろ出来ます。でも、あまりやり過ぎると違和感が出てくるようです。

やまぐち号~6月27日分はこれでお終いです

やまぐち号のネタがこれで底をつきました(^_^; たいしたネタも残っていませんでしたが、重箱の
底をつついてほじくり出し、さらに前ネタを焼き直したりして無理矢理!お届けします(*^_^*)
※2,3,4枚目はkamisan、1,5,6枚目はカミさん

徳佐の宇津根踏切横
小さな友達に気付いて笑顔の機関士さんです。


踏切通過直前
なぜでしょうか、踏切と汽車の組み合わせが大好きです。


ヒーロー登場
船平山の駅を通過後、この田園地帯にヒーロー(ヒロイン?)が現れます。


十種ヶ峰を後ろに従えて
煙はなくとも、貴婦人はやっぱり画になります。ちなみに、前回のアップの分より貴婦人は若干前に
進んでおられます(^_^;
本音を言えば、8月1日にはこれに煙を少し・・・、たくさんは要りませんからm(_ _)m


追っかけ中の車中から
こんな写真までアップしてしまいました(^_^; でもこれが、最近のドライブ中のいつもの光景です。
ちなみに、フロントガラスの上の方からぶら下がっているのは、何だかお分かりになりますか(^_^)v



我が家のベランダに咲く一輪の花、の残骸ではなく(^_^;実、のはずです。ゴーヤです(^_^)v
ようやく・・・


平尾台~梅雨の晴れ間?

3ヶ月ぶりの平尾台です。3年ほど前までは月に2回、NPO法人の活動のお手伝いをしていました
ので、季節の移り変わりを体感していたのですが、ここ最近はあまり行っていませんでした。そう
言えば、ここで歩くことが減ってから急激に体重が・・・(^_^; 話がそれましたm(_ _)m
あるお方のブログ(最近このパターンが多すぎますね(^_^;)に合歓の木の花のことが、しかも秋吉台
でのことが載っていましたので、平尾台の合歓の木の花を、所用が終わってから撮ってきました。

知人のNPO法人代表者の方が管理している牡鹿鍾乳洞。もう10年来の付き合いですが、つい最近
彼が若い頃、コテコテの鉄ちゃんだったことを知りました。
キハのキは気動車のキで、ハは旅客列車のこと、50番未満は動力が1機で50番以上は2機ある、
だったかな?(^_^; EF66はEF65を貨物専用から旅客用に改造した車輌で・・、クモは・・、
瀬野八は・・と出てくる出てくる。その内じっくり、鉄道のことをいろいろと教えて貰おうと思って
います(*^_^*)


牡鹿鍾乳洞の駐車場脇に咲いていたネジバナ。


肉眼ではよく分からない小さな花も、デジカメで見ると可愛いですね。


これも駐車場脇で咲いていたソバの花です。この花も小さな花で、ソバ畑の白い風景はこの小さな花が
集まって出来ているんですね。ちょっと?よれよれですが(^_^;


平尾台の真ん中付近、見晴台と呼ばれる場所の近くにこの合歓の木があります。毎年のようにこの木の花を撮っていますが、今年は花の盛りの時期からちょっと遅れたようです。


こちらは同じ樹の去年の様子。実は今回行ったときは風が強くて枝も花も揺れまくっていて、帰って
チェックしたところ使えそうな写真がなかったものですから(^_^;


結局、接写に近い写真ばかりになりました。元々この撮り方が好きで、すぐこの傾向に走ってしまい
ます(^_^;


花が強風で全て同一方向になびいてしまっています。望遠レンズで撮った写真はほぼ全滅でした(^_^;
ところで、この花の白く輝いている部分を見て不届きにも「美味しそう」なんて思ってしまいました。
カイワレみたいだなと・・・(^_^; あのしゃきしゃき感が大好きなんです。
しょうもない話を追加して、申し訳ありませんm(_ _)m


風の無かった、去年の花です(^_^; フワッとした、やさしい感じに撮れていました。


やまぐち号~連続写真

やまぐち号の撮影から早?2週間、ネタの再発掘を試みましたが、同じようなものばかり有ります。
そこで開き直って(^_^;先のアップの際に褒めていただいたのを幸いに、というか調子に乗って、連写で
撮ったものを連続で並べてみると面白いかもと、流し撮りの分を一部再利用してみました(^_^;
※画像サイズを大きくしました(1600×1071)ので、開くときは重いかも知れませんm(_ _)m

連写を始めたのは、この最初の1枚の34秒前、渡川の最初の踏切の向こう側辺りから始め、民家の
陰に入るまでの約50秒間を撮っています。
この内、今回アップしたのは正面近くにやってきてからの約4秒間弱、10枚の連写分です。
1.


2.


3.


4.


5.


6.


7.


8.


9.


10.


実はこの10枚だけをアップしたのは、この前後の写真があまりにひどいからですが、もちろん
ブログにアップするファイルサイズのこともありますm(_ _)m
この前後の写真は、斜め前方や斜め後方になる関係でしょうか、手振れがひどく、これからズーム
流し撮り(露光間ズーム?)にも挑戦したいと思っていますが、一筋縄で行かないことを改めて認識
しました。
尚、この写真はしばらくアップしてから、ファイルサイズの小さなものと入れ替えようと思って
いますが、その間苦情が寄せられないことを祈っています(^_^;

記憶を辿って~遠賀

昔、福岡で勤務されておられた方のブログに乗っていた景色を見て、ひょっとしたらと福岡方面での
仕事の帰りに、寄り道してみました。

此処は遠賀郡岡垣町の戸切というところでした。多分同じところだと思うのですが・・・


この線は鹿児島本線。車で移動しながら探している内、何度も列車が通り過ぎます。当然、にわか鉄
ちゃんとしては見逃せません。かといって、じっくり撮っている暇もないので、いつもの通り行き当たり
ばったりで車中からの撮り鉄です。列車の名前は・・・すみませんm(_ _)m




踏切を渡ろうとすると、というよりもうじき列車が来るだろうとゆっくり車を走らせていると、案の定
踏切の警報が鳴り出し遮断機がおりました。カミさんがカメラを構えます。快速電車が通過し、さぁ
帰ろうとしますが、反対側からも列車が来ているようで遮断機が上がりません。やがて上りの列車が
見えてきました。貨物のようですが、コンテナが5,6個しか見えなくて「えらい短い貨物やな」。
ところがどっこい、コンテナを載せてない空の貨車が数両続いた後、コンテナやら何やらの貨車が延々
と続きます。久しぶりにこんなに長い貨物列車に出会い、カミさん共々ニヤニヤしました。以前なら
間違いなく「いったい何時になったら踏切通過できるんや!」と、ぶつぶつ言ったであろうに、この
変わりよう(^_^;


踏切間近からでしたから、この上の写真との間がものすごく切れています。


場所は1枚目 http://link.maps.goo.ne.jp/map.php?MAP=E130.39.4.625N33.50.36.447&ZM=10
   4枚目 http://link.maps.goo.ne.jp/map.php?MAP=E130.39.45.173N33.50.23.690&ZM=10
です。2,3枚目はこの間です。

筑前岩屋~日田彦山線を南下して

ある方々のブログにアップしてあった風景に惹かれて、日田彦山線に沿って南下してきました。

日曜日の午後2時過ぎ。山口に行くには時間がないので、行きたかった筑前岩屋に向かいます。
道中の山中にあじさいが咲いていました。下界?ではもうかなり終盤の感じですが、此処では
今が盛り。時間に余裕がない割には寄り道が多すぎです(^_^; 車を停めたのは私ですが・・・


何だかこの花びらを食べてみたくなりました(^_^;「おいしそう!」


峠のトンネルを越えてしばらく下ると、視界が開け棚田が筑前岩屋駅まで続いています。
「これを維持するのは大変だろうなぁ」 秋には必ず・・・(*^_^*)
そして筑前岩屋駅です。日田彦山線にはこの次の大行司駅や宝珠山駅、前にご案内した
採銅所駅などローカル線ならではの雰囲気のある駅がたくさんあるようです。




5時過ぎにやってきた上り列車。10分ほど前まで降っていなかったのに・・・(>_<

でも、雨降りの中、背景の緑に黄色い車体がひときわ栄えます。が、設定ミスで見事?失敗!(^_^;


6時の便。雲が動いて薄日が射してきましたが、またまた列車通過5分前から雨。下見中のおまけ
だから仕方ないと妙に納得(^_^;




ついでに林道をウロウロ。ところが、いたる所で落石の痕が(>_<
 大急ぎで下ろうとしますが、
いつまで経っても道が下っていきません。雲がちょっと途切れたところで雲の合間から向こうに、
筑前岩屋駅付近の線路と集落が見えます。天気が良ければ棚田が遠望できそうな場所もあった
ような・・・オッと、それどころじゃない!早く引き上げなくっちゃ(^_^;


カミさんが撮っていた分に写っていた線路の際には、「筑前岩屋駅」らしき姿が見えています。


プロフィール

kamisan

Author:kamisan
MyPhotoブログへようこそ!
私(kamisan)とかみさんの
二人で鉄道風景をメインに
あれこれ写真を撮ってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR