FC2ブログ

木次線の紅葉から宍道湖の夕日へ・・・②

表題2回目はkamisan(私)遍です。全くの二番煎じに
なってしまいましたが・・・<(_ _)>(^_^;

1.木次線 備後落合~油木
かみさんに唐松林のポイントの撮影を頼んだ後、私が向か
った先は3を撮った場所ですが、油木駅の向こう側でも
もう1カ所撮れそうだと欲張って向かった先がこちら。



2.同上
この後、3の場所へ大急ぎで転進(^_^;


3.同 油木~三井野原
この斜面地の途中を線路が走っているのは知っていました
が、何の変哲もない国道沿いのポイント。でもこんな場所
はカメラマンもギャラリーもいないので木流し(紅葉流し?)
にはピッタリかも・・・(^_^;


4.同 三井野原~出雲坂根
スイッチバックの上段へ下っていく列車。いつかその
スイッチバックまで行ってみたいけど・・・。


5.同 出雲坂根駅


6.一畑電車 秋鹿駅
宍道湖北岸を一畑電車の線路沿いに行ったり来たり。
たまたま駅に停車中の電車とバッタリ出会ってパチリ!
ブロ友のまつむしそうさんの話ではこの辺りは日の出
が良いそうです。
北風の無い冬の早朝、湖面を朝靄が覆い、そこに朝日
が・・・なぁ~んてことを想像している内に見たくなって
きました(*^_^*)


7.山陰本線 安木~米子
お蕎麦屋さんを見つけられないまま、平田の市街地まで
来たところで讃岐うどんのお店発見。腹ぺこで「もうここ
でいいや」と店に入ると出雲蕎麦もあるようなので、かみ
さんはざる蕎麦、私は掛け蕎麦。出雲蕎麦本場の味かどう
かは不明ですが「美味しかったからまぁいいかぁ」(^_^;
そこから米子のスタジアムへ早く戻ろうと山陰道を走り、
カーナビの指示で安木で降りて国道へ出ようとした途端、
大渋滞!。遠回りでも北側の湖岸を走れば良かった・・・。
因みに、渋滞中に撮った特急やくもです。



8.一畑電車 
  松江しんじ湖温泉~松江イングリッシュガーデン前
ここは高台にある団地への進入路。私はここで結局電車を
撮り損ないましたので、かみさんの画を借りました(^_^;


9.同上
電車が遠ざかってから何とか・・・(^_^;


10.同 長江駅
前回の記事9の踏切がホームの向こうに見えています。
ここに電車が来てくれたらねぇ。まだあと20分。
諦めて帰ります。
そう言えば、真冬になればもう少し左の方に夕日が沈む
筈ですから、また違った夕景を見られそうですね(*^_^*)


スポンサーサイト



木次線の紅葉から宍道湖の夕日へ・・・①

2日の夜から広島~出雲坂根~ちゅうぶyajinスタジアムを
回ってきました。そもそもは、長男がサポーターをしている
サッカーJ3ギラヴァンツ北九州の応援に米子へ送り届ける
為だったのですが、それに便乗してちょっとだけ?撮り鉄を
やってしまおうという魂胆からなのですが・・・(^_^;
※今回もかみさんの撮った画から先にお届けします。

1.木次線 油木~三井野原
木次線の超有名ポイントのひとつですが、トロッコの前の
便とあってまだそれほど人が多くないので、ここはかみさん
に任せて・・・いや、押しつけて私は別のポイントへ・・・(^_^;
当初は東広島から松江自動車道を走って早めに米子入りの
予定だったのですが、とあるブロ友さんの記事を拝見して
無性に木次線に立ち寄りたくなってしまい一般道を走って
やって来ました。そしてそこは期待に違わぬ紅葉との出会
いが待っていました(*^_^*)


2.同上
上のポイントを振り返ればこの眺め。ここは一カ所で
二度美味しいのです(=^・^=)


3.同 三井野原~出雲坂根
スイッチバック上段に向けて下ってきました。


4.同上
そしてスイッチバック下段の出雲坂根駅へ。この後も
追いかけたかったのですが、そうも言ってられなくなり
急いで米子へ向かいます。


5.一畑電車 松江フォーゲルパーク駅横
スタジアムで長男を降ろした後、先ずは宍道湖を目指し
ます。湖岸に入ってから時刻表をチェックしてみると、
当分電車は来ないと踏んでいたのに・・・何故か駅横の踏切
の遮断機が下りてきて何やら見たことのない電車が・・・。
取り敢えず、一畑電車初遭遇の記念の一枚(*^_^*)


6.
移動中、遠く伯耆大山の優美な姿が・・・。それにしてもこの
湾岸の道路にはカフェはあっても出雲そばを食べさせてくれ
る店がさっぱりありませんでした。探している間にお陰で
列車を何本撮り損なったことか・・・(^_^;


7.同 松江しんじ湖温泉~松江イングリッシュガーデン前
試合の終わった長男をスタジアムへ迎えに行った後、再度
宍道湖へ。今度はちゃんと時刻表を調べて・・・と思ってスマホ
を手にした途端、踏切が鳴り出して「まだ準備出来てない!」。
それでもかみさんは何とか(^_^;


8.同上


9.同 長江駅横
昼間走っていて気になっていたのが長江駅。傾いて行く
夕日がホームからよく見えます。かみさんはその駅の
すぐ脇にある踏切がお気に入りのようです(*^_^*)
生憎、列車の到着まではまだかなり時間があったので
列車の撮影は諦めましたが、それにしても良い眺めです。
何故ここの夕日は評判にならないんでしょうね。いつか
ここで、夕日と列車と素敵な乗客さんを撮ってみたい
もんです(=^・^=)


10.
宍道湖の夕景、とっても素敵な眺めでした。水面に映る
黄金色の夕焼けが何とも言えない夕暮れの切なくなる
ような雰囲気を醸し出してます。この後、北九州まで
350kmの道程を運転して帰るのでなければ、もっと
ゆっくり眺めていたかったのですが・・・。


迂回貨物ラストラン~黄昏の惜別・・・の筈が(^_^;

災害ゆえ、と言う事情が事情ですから、この貨物列車に
あまり思い入れはしたくなかったのですが、結局無理で
した。あの岡見貨物に本格的に取り組もうとしていた
矢先に廃止でしたから、そのトラウマなのでしょうか(^_^;
それはさておき、偶然にも正真正銘のラストランを追う
ことになった夕暮れ、やっぱりもの悲しい雰囲気の別れ
になりました。(と、思っていたんですけどねぇ(^_^;)

1.山陰本線 周布~折居
迂回貨物の上り便通過を小田で撮っていたので、当然下り
貨物は浜田から西でしか撮れません。ではどうするのか。
以前から折居で撮りたかったこともあって駅に向かったの
ですが、当然のように駅の東側は既に鈴なりの人だかり。
そこで駅の西側から遠望。狙いは・・・実は駅通過時の流し
撮りです。


2.折居駅
頃合いを見計らって駅を通過する姿を捉えに線路際へ
一目散。しかし、NDフィルターを車に置き忘れて・・・
白飛び!(^_^;


3.山口線 青原~日原
前回、匹見川の鉄橋で撮った為にこの日原の鉄橋に間に
合いませんでしたから、今度は真っ直ぐ此処へ直行。
実は以前、下の道路橋から背後を見上げて「あそこから
夕陽を絡めて撮れないかなぁ」と考えていた高台の空き
地へ直行。無断立ち入りにならないようお隣のお宅へ声
をお掛けしたら「あら、うちから撮られたら」と仰って
頂き、お邪魔させて頂きました(^_^)


4.同上
完全なるド逆光。ですが、何故かこれが大好きという
へそ曲がりな性格(^_^;
望遠はまぁまぁ狙い通りでしたが、↑は完全に・・・(^_^;


5.同 日原~津和野
ひょっとしたら、夕暮れの十種ヶ峰の麓を走る貨物列車
を撮れるかも・・・と思いましたが、やっぱり此処を走り
去って行く列車の後ろ姿を撮りたくて今日も枕瀬山に
やって来ました。念のためにキャンプ場へ電話を入れる
と、転送で天文台の方へ繋がって「今日は管理人さんが
お休みなので、明朝了解を取って貰ったらいいですよ」。
と言うことは、バンガローには泊まれないのかぁ・・・」(^_^;
空が赤く焼け始めて。青野山が赤く染まり始めてます。


6.同上
明日はもう下りの貨物は来ないと判ってましたから、
この下り貨物とはこれが正真正銘のお別れ。何だか
センチメンタルな気分で見送ります。
(まさかまた迂回貨物が再開されることになるなんて、
 思いもしませんでした。これを機に、山陰の貨物
 列車が定期便にならないですかねぇ・・・)


7.同上
キャンプ場の管理人さんがいないので、此処で車中泊を
するかどうか散々悩んだのですが・・・(^_^;


8.同上
日暮れと共に近くでガサゴソと動物が動く気配。ちょっと
した物音でもビクッとなります。一応、スズメバチ除けの
強力スプレーは持っていましたが・・・やっぱり止めとこ(^_^;


この後、何も知らずに長門峡の道の駅で車中泊。早朝、
激しい雨音で目が覚めたのが六時前。寝ぼけ眼のまま
貨物列車の通過を待ちますが、予定時間を2時間過ぎ
ても現れません。当初はSLの通過時刻まで待つつもり
だったのですが、雨の激しさにやる気が失せて・・・帰り
ました(^_^;

迂回貨物ラストラン~山陰の青い空と海

9月28日、仕事のサイクルを少々?変更して山陰まで
迂回貨物を撮りに行ってきました。当初、最終運行日は
29日だと思いこんでましたから28日の夜に出発する
予定だったのですが、29日はどうやら雨模様。そこで
みんなに無理を言って28日に休みを取らせて貰ったの
ですが、なんと最終運行日が実は28日だと知ったのは
29日のお昼に帰ってから・・・。職場のみんなに感謝(^_^;

1.山陰本線 小田~田儀
前回、米子まで走った帰り道で「意外と人が少なそう」と
思ったのがここ。事前にグーグルマップで調べた時になか
なか良い感じだったのを思い出しました。
早朝に辿り着いて取り敢えず仮眠した後、目を覚ますと
期待通りの青い空と青い海。白砂青松や断崖の磯とはいき
ませんが、ここなら上りも下りも撮れそうなのであれこれ
とアングルを探ります。


2.同 江南~小田
とは言え、下り貨物が来るまでまだ5時間近くあります。
そこでちょっと周辺を探索。


3.同 小田~田儀


4.同 江南~小田
ここで撮って上のポイントに間に合うか・・・と行ったり
来たりしてみましたが「もし間に合わなかったら・・・」
との不安が頭をもたげて、結局パス!(^_^;


5.同 小田~田儀
ポイント背後の小高い丘から下り便を撮影できないかと
上ってみると、近くのイチジク畑で収穫をされていた
奥さんが「ひとつ食べてみませんか?」。ありがたく
頂いてお話を伺うと、大分からお嫁に来られたそうで、
私が「北九州から来ました」と申し上げたので親近感を
持って頂いたようです。ありがたいですねぇ(*^_^*)
ところで下り貨物、正午前にようやくやってきました。


6.同上


7.同上
上り貨物です。下り貨物が通過して間もなしの頃から
この周辺にも一気に撮影者が増えてきました。ちょっと
苦手な雰囲気になってきましたが、もう仕方がない・・・(^_^;
ところで今度はリモートレリーズを紛失して、2台の
カメラをとっかえひっかえしながら使ったせいでちょっ
と中途半端な流し撮り・・・(^_^;


8.同上
これで念願だった山陰の青い空と青い海の下で貨物列車を
撮ることがようやく実現しました。が、よりによって下り
も上りも通過時だけ曇ってしまって・・・(^_^;



山陰迂回貨物は近くて遠い・・・

15日の昼から泊まりがけで、山陰を走る貨物列車を撮影に
行ってきました。が、・・・それからもう5日。最近、撮影後
になかなか記事にすることが出来ません(^_^;
ちょっと、いやもうとっくに賞味期限切れですが・・・<(_ _)>

1.
土田北浜・・・グーグルマップで見て「キス釣りしながら貨物を
撮れそうだなぁ」。とやって来ました。(15:46通過)


2.
この日、曇り空に時折青空が覗いてましたが・・・列車が
来る少し前に曇ってしまい「あ~、残念」
因みに、釣れるのはピンギスばかり(^_^;


3.
ちょっと窮屈ですが、軽自動車で初の車中泊です。「さて、
どこで泊まろうかな」。東に向けて走っている内に「あっ、
晩飯食ってなかった」(^_^;
結局、浜田の山陰道にある夕日パークで食べた時に「もう
少し走れば江津の鉄橋で撮れるなぁ」と思いついて直行。


4.
江津付近で車中泊の出来るところを探そうと地図を見ている
内に、日野川の鉄橋のことを思い出してしまい「え~い、
米子まで走っちゃえ」。しかしいざ走り出してみると、その
遠かったことと言ったら・・・(^_^;


5.
実はこの日野川を渡る貨物列車をネットの画像で見て
長く憧れていて、ようやくその機会を作って撮りに
行ったら・・・なんと貨物列車はこの鉄橋の向こうの伯耆
大山駅で折り返しになってしまい、鉄橋を渡らなくなっ
ていました。
ところが今回の迂回貨物でその姿を見られることが判り、
10月に行く計画を立てていたのですが、迂回貨物が
9月末で終了・・・。そこで「え~い、米子まで走っちゃえ」
となった訳であります(^_^;

6.
この画は2015年秋のトワイライトエクスプレスの
ラストランを追った時のものですが、ご覧のように
本来なら背景に大山の秀麗な姿がクッキリと見えて
いるはずだったのですが・・・


7.
もう二度とこんな機会はないかと思うと大山に会えな
かったのは真に残念ですが、まぁ仕方がないですね。
(7:26通過)


8.
さて、下り貨物は追わずに途中で遭遇するであろう上り
貨物に期待をかけたのですが、どこもかしこも人と車で
いっぱい。やむを得ず飛び込んだこの五十猛も最初は
そうでもなかったのですが、次第に人が増えてきて・・・
逃げ出した先はケーブルがぶら下がっていて誰も近寄っ
てきません(^_^;


9.


10.
(11:57通過)


明日の夜、枕瀬キャンプ場に泊まって翌朝、足下を通過する
貨物列車をキャンプ場から狙おうと思ってます。ここも岡見
貨物を撮ろうとして結局撮れなかった場所です。どうか晴れ
てくれますように・・・<(_ _)>(*^_^*)

プロフィール

kamisan

Author:kamisan
MyPhotoブログへようこそ!
私(kamisan)とかみさんの
二人で鉄道風景をメインに
あれこれ写真を撮ってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR