FC2ブログ

年の初めにあっちこっち(^_^;

年が明けて早2週間が経ちました。特に目新しい
ネタもありませんので、正月に山口線を早退した
後の記事をお届けします(^_^;

1月2日
1.
山口線での撮影をお昼に切りあげて広島へ戻る
途中、「ひょっとしたら木次線なら雪景色を見ら
れるかも・・・。ついでに舞茸も買って帰ろう」(^_^;
ところがその買い物に気を取られている隙に、
備後落合行きの列車は遙か彼方へ。追いついた
のは備後落合駅間近のこの鉄橋。でも雪はあり
ません(^_^;
20200102_165746_00.jpg

2.
1日3往復しかない木次線の最終列車を追ったの
ですが、既にどこも真っ暗。気になっていた芸備
線東線の鉄橋を撮りたくて深追いを止め、木次線
はこれにて終了。
20200102_175807_00.jpg

3.
以前から気になっていた芸備線備後落合と道後山
の間にある小鳥川第二橋梁。こちらも1日3往復
しか便がありませんのでこれが最後のチャンス。
満天の星空を期待していたのですが・・・雲が次から
次にやって来て駄目でした(>_<)
20200102_202323_00.jpg

1月4日
4.
広島へ行くと恒例になった芸備線沿線の茅葺き
屋根民家横での撮影。あわよくば、しぶんぎざ座
流星群と遭遇できるかも・・・との淡い期待は見事
に裏切られ曇り空。この数分の間だけ雲に隙間が
出来たのですが、さすがにそんなに都合良く流れ
てはくれません(^_^;
20200104_204305_00.jpg

5.
移動後にもう一度晴れ間が出たのですが、この後
あっという間に雲に覆われ雨まで降り出す始末・・・。
これが雪ならねぇ・・・。
20200104_210142_00.jpg

1月5日
6.
広島から北九州への帰り道。ここ大刈峠に寄り
たくなって中国山地を横切り須佐からここへやって
来ました。久しぶりの懐かしい眺めですが、やけに
電線が目立ってますねぇ。以前からこんなだったか
なぁ・・・。
20200105_140617_00.jpg

7.
正面に見える黒崎の断崖の向こうに惣郷川橋梁が
あります。この列車を撮るとあと2時間、次がやって
こないので、そちらへ行くかどうか、迷ったのです
が・・・。
20200105_142811_00.jpg

8.
長門二見で夕日に出会い、思わず足を・・・いや、
車を止めて列車の時刻表を見ると、10数分後に
列車通過予定。日が落ちてしまう前に関門海峡を
渡る予定だったんですけどねぇ・・・(^_^;
20200105_171309_01.jpg

9.
「あと20分待てば次の列車が・・・」。かみさんは
諦め顔で車の中へ・・・(^_^;
20200105_173607_00.jpg

10.
20200105_173713_00.jpg
スポンサーサイト



年の初めは船平山の「レンゲツツジの丘」へ

年明け早々から記事の掲載が遅くなりましたが、
1月2日に山口線へSL津和野稲成号を撮影に
行ってきましたので、その乏しい成果を・・・(^_^;

1. AM7:30
1月2日早朝に広島を発つ予定でしたが、早起き
に自信がないので結局布団を積んで1日深夜に
徳佐で車中泊。それでも寝坊して、上り始発と
2番列車を撮り損ね、何とか下り始発だけ(^_^;
因みに、ようやく目覚めた時は辺りは霧に包まれ
夜明けの様子なんてさっぱり見えません。
20200102_073051_00.jpg

2. AM7:35
駄目で元々と船平山の俯瞰ポイントに上ってみる
と徳佐の盆地を覆う雲海に出会いました。しかも
足下の船平山駅近辺は霧が少し晴れてきている
ので「ひょっとしたら列車が見えるかも!」。
それにしても雲が多いなぁ・・・。天気が心配。
ところでここを「レンゲツツジの丘」と呼ぼうと
師匠と話していたのをすっかり忘れていました。
まぁ春はそれで良いかと思いますが、季節が
進んでユウスゲの咲く頃には「ユウスゲの丘」と
呼んでいるかも・・・(^_^;
20200102_073544_00.jpg

3. AM7:56
空にジワジワと青空が広がって来ました。それと
共に足下だけ霧が晴れてきました。列車が来る
まで後5分。これなら列車を撮れそう、と思った
のですが・・・。
20200102_075621_00.jpg

4. AM8:04
ところが列車が来る2,3分前になってまた霧が
出て来て、更に撮影地点付近まで霧が上ってきて
しまい、列車の通過音はすれども姿は見えず。
写真には何となくそれらしい姿が写っているよう
な感じもするのですが・・・(^_^;
20200102_080335_00.jpg

5. AM8:30
ようやく山の端からお日様が顔を出しました。
列車が見えるかどうかは別にして、雲海が見事
です。(パノラマ合成です)
20200102_083033_01p.jpg

6. AM9:20
霧がかなり晴れてきました。でもスーパーおきの
車体はうっかり見落としてしまいそう(^_^;
20200102_092040_00.jpg

7.
徳佐の霧がすっかり晴れてきたところで、あちら
こちらを覗きながら篠直逆向きへ。道中の人出は
意外にそれ程でもなかったので迷ったのですが・・・。
20200102_115134_00.jpg

8.
いつもの流し撮り地点に先客が駐車しているので
やむを得ずサミット近くまで移動しましたが、
大して代わり映えしませんね(^_^;
20200102_115209_00.jpg

9.
移動中に「今日は大した人出じゃないなぁ」と
思っていたら、篠目から追いかけ始めてそれが
間違いだったとやっと気が付きました。下手する
と前回の二の舞になりそうなので、船平山へ向け
てまっしぐら。
20200102_124506_00.jpg

10.
この日は数名の方が先着されていて「あらぁ~、
ここもついに認知されたのかな」(=^・^=)
この眺めを実際に見て撮ってどう感じられたので
しょうか。気になるなら聞けばよいものを・・・駄目
ですねぇ(^_^;
20200102_124710_00.jpg

今回の撮影で、バッテリー上がりという失敗を
二度もやらかして意気が上がらず、体調もイマ
イチでしたのでこれで引き揚げました。
そう言いながら、途中で「そうだ!木次線なら
雪があるかも・・・」と、広島北ジャンクションで
ハンドルを庄原方面へ・・・(^_^;

謹賀新年

令和2年元旦 あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます m(_ _)m

nengaR1.jpg

昨年末に私もかみさんも体調不良で年賀状の
作成が思うように出来なくて、今年はちょっと?
手抜きしてしまいました<(_ _)>(^_^;
それでも山口線には、私だけですが2日に行く
予定です。雪、降ってくれないかなぁ・・・。

2019’地福ナイトフェスティバル号②~ツリーとおまけ?の夜汽車(^_^;

3年ぶりに走った地福ナイトフェスティバル号ですが
やっぱり夜汽車は手強いですね。結局ろくな画しか
撮れませんでしたので、ナイトフェスティバル会場で
の楽しかったひと時を中心にお届けします(^_^;

1.
師匠と船平山で撮った後、津和野に行こうかどうしよう
かと迷いましたが、地福のフェスティバル会場の混雑の
ことを考えて地福へ向かいました。結局駐める場所が
無くて、会場近くの穴場?駐車場所へ(^_^;
次男家族と合流してバザー会場で食事。ここで師匠が
焼き鳥を奢ってくれることになって、師匠が並んでいる
と上の孫娘が「私が買いたいからお金頂戴」。
おいおいおいおい、大胆なやっちゃなぁ。初対面のおじ
さんに向かって・・・。因みに「初めてのお遣いよ」、なん
だそうです(^_^;
師匠、ご馳走様でした<(_ _)>
20191221_173714_00.jpg

2.
5時半にイルミネーションの点灯式が始まると聞いていた
のですが、前置きが長くてなかなか点きません。17分
待ってようやく・・・(^_^;
20191221_174757_00.jpg

3.
20191221_181255_00.jpg

4.
地元アイドルの歌やダンスに酔いしれていたガキンチョと
違って、次男夫婦は飽きてるだろうな・・・と思ったら意外や
意外「結構楽しい」(=^・^=)
それでも寒さは応えてきたようで、ぼちぼち引き上げようか、
と言い始めた途端、シャボン玉を使ったパフォーマンスが
始まって子供たちがかぶりついてしまい・・・(^_^;
その子供たち、前列に並ぶ大人の間をスルスルと抜けて
最前列へ。私が子供の頃にはとてもそんな真似は出来ま
せんでした。何とも逞しいですねぇ(^_^;
20191221_181925_00.jpg

5.
20191221_182326_00.jpg

6.
20191221_182332_00.jpg

7.
フェスティバルはまだ続いていましたが、シャボン玉の
パフォーマンスが終わったのを期に次男家族と別れ、
師匠と鉄道沿線へ。
20191221_184144_00.jpg

8.
ヘッドライト対策を考えて師匠を案内して向かった先は、
4年前の夜汽車でも撮影した徳佐駅のホーム。SLの
見物に来た親子連れさんとお喋りしながら待っていたの
ですが、いざ列車が現れると対策をすっかり忘れて・・・(^_^;
20191221_193203_00.jpg

9.
地福で出発を待つ列車を撮りに行くと、D51の周りに
凄い人だかり。撮ってはみたものの「何だかなぁ・・・」
と言う出来で諦めて、駅の先の踏切横の田んぼへ。
やっぱり明かりがないと難しい・・・。
20191221_201800_00.jpg

10.
結局、この後追いの画が一番夜汽車らしい雰囲気を
感じました。また来年・・・走ってくれるよね?(^_^;
20191221_201902_00.jpg

2019’地福ナイトフェスティバル号①~徳佐の田んぼに漂う煙

3年ぶりに走った地福ナイトフェスティバル号。普段と
違う光線状況の中、漂う雲が重連運転の時のように
パァ~ッと晴れてくれることを願って山口線へ向かっ
たのですが・・・。

1.
静かに篠目駅へ入ってきたD51。あちらこちらで
爆煙をサービスしてきたと思いますが、さすがに
ここは無煙(^_^;
20191221_151827_00.jpg

2.
3のような光線の中に子供たちが立っている画を
撮りたくて次男一家にここに来て貰ったのですが、
線路横の狭い道路に追っ掛けの車がわんさかと
駐車していて通り抜けるだけで精一杯の状況。
以前はこんなこと、起きなかったのに、まるで徳佐
S字みたいになってました。だからと言う訳では
ないでしょうけど、煙は物足りないまま。
因みに孫娘。手を振ってくれるのかと思いきや、
手を耳に当ててしっかり汽笛対策。弟はそれを
不思議そうに見てました(^_^;
20191221_153222_00.jpg

3.
こちらは初めて地福ナイトフェスティバル号が運行
された2014年の画です。こんな斜光線を期待して
いたんですけどねぇ・・・・。
20141223_154247_00.jpg

4.
地福のフェスティバル会場まで次男たちを案内した
後、一目散に船平山を目指しましたが、到着したの
が徳佐発車予定時刻ピッタシ。早くからここで待って
おられた師匠が「もう来てるよ」。大慌てでカメラ2台
をひっさげて俯瞰ポイントに立った時には、既に徳佐
S字を通過中。
20191221_161132_00.jpg

5.
前回同様、陽射しはないけど煙はどっさり!(=^・^=)
20191221_161153_00.jpg

6.
20191221_161244_00.jpg

7.
この徳佐の直線に入ってからもご覧のように煙は
終始爆煙のまま。ただ、直線終盤に入ってからは
煙が白くなってきました。
20191221_161325_00g.jpg

8.
こちらも2014年の運行時の画です。正月、雪景色
にならないかなぁ・・・と願って過去画像から引っ張り
出してきました(^_^;
20141223_161533_00.jpg

9.
このカーブをド迫力のまま走り抜ける姿をズームアップ
して撮る予定だったのにすっかり忘れてしまって・・・(^_^;
20191221_161342_00.jpg

10.
駅を抜けている間に煙がパッタリ途切れてしまいました。
まぁ通い続けていれば、何時かその内、爆煙のまま走り
抜ける姿が見られるんじゃないかと・・・(^_^;
20191221_161353_00.jpg
プロフィール

kamisan

Author:kamisan
MyPhotoブログへようこそ!
私(kamisan)とかみさんの
二人で鉄道風景をメインに
あれこれ写真を撮ってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR